ネットショップの集客力の比較は実は無意味

ネットショップ集客力の比較

ネットショップを開業するにあたり、どのショッピングカートを選ぶべきか、どのモールに出店するべきか、お悩みの方も多いと思います。
その際、良く判断基準にされるのが集客力です。
もちろん、集客方法のひとつとしてSEO対策のために必要となる機能が備わっているかどうかに関しては、しっかりとチェックすべき事ではありますが、
各カートやモール自体が有する媒体としてのパワーを集客力の判断基準とする場合には、実は、あまり意味がありません。
このページでは、現役ネットショップの店長である私が自らの経験から、何故、集客力を比較する事が無意味なのかをご説明したいと思います。

このお話をするためには、まずモール出店のお店と独自ドメインを利用したショッピングカートを使ったお店とで分けて考える必要がありますので、それぞれ分けてご説明していきたいと思います。

モールに出店する場合

代表的なショッピングモールとしては、楽天市場、Yahooショッピング、Amazon等が該当します。
それらのショッピングモールは、知名度が高く、現在、数多くの顧客を持っていますので安心感もあります
そのため、ユーザーによってはわざわざ自身の気にいったショッピングモールの中で欲しい商品を探して購入する方もおられます。
出店しているモール自体に安心感があれば、開業したてのお店であっても売れやすいとも言えます。
そういう意味では、それらのモールに出店する事で、それなりのメリットももちろんあります。

しかし、そのようなメリットを指して一概に集客力が高いとは言えません。
その理由は、それらのモールに出店したからと言って、自分のお店にお客様が来てくれるのかと言えばそうではないからです。
モールの中にはあなたが取り扱う商品と同じジャンル、更には同じ商品を取り扱う数多くのライバル店が存在します。
その中で、あなたのお店にお客様を呼び込むには、やはりそれなりの集客対策が必要になってくるわけです。
例えば楽天市場であれば、楽天市場のTOPページで検索をした際に、その上位に自分のショップを表示させるための対策等が必要になってきます。
その対策を施すためには、商品名等のキーワードを意識してページを作ったり、楽天にお金を払って広告を掲載して自身のお店を周知していく必要があります。
これは簡単ではありませんし、仮に上手く上位表示できたとしても、あなたのお店で購入してくれる可能性は決して高くはありません。

その理由は、モールの中で検索するユーザーは、そもそも、商品を探すために検索しています。
これはどうい事かと言うと、
モール内で検索して商品を探すユーザーは、

  • もっと安くで販売しているお店はないか
  • 送料無料のお店はないか
  • 即日発送してくれる他店はないのか

等々を必ずと言って良いほどモール内で見て回ります。
つまり仮に上手く上位表示できたとしても、そこで即決するユーザーはほぼおらず、多くのユーザーが他店と比較をする事になりますので、仮にあなたのお店が商品力やサービス力で他店に劣っている場合、そのユーザーが自分のお店で購入してくれる確率はとても低いのです。モール内における競争はそれほど過酷です。

もちろん、あなたのお店の商品自体が他店の商品では代替できないほどの高いクオリティを有した商品であれば選ばれる可能性は高まりますが、そうでない場合、必ずと言って良いほど価格競争にさらされます。
どのお店でも取り扱っているような商品の場合、資金力の乏しい個人規模のお店の場合、価格では到底太刀打ちできません。

結局のところ、モールであっても商品力・サービス力・コンセプト等で他店との違いを明確に出していかない事にはなかなか成功できません
他店との価格競争において優位に立っているモール出店のお店の中には、売り上げばかりが高く実はほとんど利益が出ていないというショップがたくさんあるそうです。
これまで順調に運営されていた繁盛店が突如、つぶれてしまうのはそのような理由からであると考えられます。

このような理由から、モールは独自ドメインショップと比較して集客力が高いとは決して言えないという事がお分かり頂けると思います。
但し、たくさんのファンを持っているモールにはやはり魅力もあります。
モールの特長をしっかりと理解した上で、チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

ショッピングカートでネットショップを作る場合

モールではなく独自ドメインを取得しレンタルのショッピングカートを利用してネットショップを作る場合にも、やはりどのカートが集客力が高いのかといった比較がなされる場合があります。
しかしカート自体にファンが元々付いているわけではないため集客力の高いカートというのは、ありません。
比較する場合には、集客するための対策を施すことに役立つ機能や仕組みがどれ位備わっているのかの比較になります。

一般的に多くのカートでは集客のための機能として、

  • アフィリエイト機能
  • 独自のショッピングモール

等を装備している事が多いです。
もちろんこれらの機能はないよりはあった方が良いのですが、それだけで十分な集客ができるものではありません。
私自身、現在使っているレンタルカートにはどちらの機能も備わっていますが、現状、どちらも使っていませんし使う予定もありません。
結局のところ、自分自身で集客対策を施して見込み客を集めていくしかありませんので、そのような機能で比較するよりも、自分で集客対策を施していく上での機能が備わっているのかどうかで比較されることをおすすめ致します。
継続的に売れるネットショップを構築するためには、集客のための仕組みづくりが最も重要になってきます。
その仕組みづくりをするために必要な機能が備わっているのかどうかを確認すると共に、いかにストレスなくショップ運営ができるかどうかという所でカートの比較をすべきです。

独自ドメインショップの集客対策や仕組みを施すために、カート比較で私が最低限チェックすべきだと考えているのは、次の通りです。

  • 独自ドメインでショップを作成・運営できる事
  • ショップドメインのサブドディレクトリでワードプレスを導入可能な事(可能であれば)
  • フリーページ、商品ページの追加に制限がない事

また余計な作業時間を回避するために、是非ともチェック頂きたいのは次の点です。

  • レスポンシブ対応のテンプレートが備わっている事

 

独自ドメインでショップを作成・運営できる事

一見、集客とは無関係に感じられるかもしれませんが、ショップ開業後、ドメインが変わってしまうとそれまで施してきたSEO対策をほぼゼロからやり直す羽目になってしまいます。
レンタルカートの中には、独自ドメインで運営できないカートもあります。
またそのカートで取得し運用したドメインを、カートを乗り換える際に持っていけない場合もありますので、カート比較を行う際には、必ずチェックすべき項目であるという事ができます。

ショップドメインのサブドディレクトリでワードプレスを導入可能な事(可能であれば)

効率的に成約率・リピート率の高い見込み客を集客するためには、是非ともブログを活用したいものです。
(参考:ネットショップにおけるブログ集客≪実体験に基づく効果と具体的方法≫
その際に、ショップのサブディレクトリとしてワードプレスを導入する事ができれば、集客対策を施しながら、ついでにショップのドメイン自体も強化する事ができます

フリーページ、商品ページの追加に制限がない事

集客対策を施すにあたり、各商品ページに関してSEO対策を施す場合、検索需要によっては例えば色違い、サイズ違いのあるような同モデルであっても仕様が若干異なる商品に関して、1ページにまとめて表示するよりもわざわざ各商品ごとにそれぞれ1ページずつ作った方がSEO上、有利に働く事も多々あります。
また、ショップの内のフリーページを利用して、検索需要の高いキーワードでページを作り上位表示を狙うという事も多いです。
そのため、フリーページや商品ページを追加できないようなカートは使い勝手が悪いです。
最近では、商品ページだけでフリーページは作る事ができないという簡易的なショッピングカートもありますが、フリーページは集客対策を施す上でもとても重要ですので、複数のレンタルカートを比較して決める場合には、是非ともチェックするようにすべきです。

レスポンシブ対応のテンプレートが備わっている事

これは集客対策には直接的には関係してきませんが、継続的に見込み客を集客するための仕組みを構築するためには、当初、少しだけ時間をかける必要があります。
そのため、無駄な時間をできるだけかけずにショップの運営をする事が重要になってきます。
現在多くのレンタルカートでは、PC用のショップとスマートフォン用のショップとを両方作成できるような仕様になっています。
一見、便利な機能のように感じられるかもしれませんが、PC用とスマホ用の両方を作成する事ももちろんそうですが、両方を別々に更新していくにはかなりの手間がかかり、更新のたびに必ず大きなストレスを感じるようになってきます
そのため、両方のショップを別々に作成するのではなく、PCのショップのみを作成及び更新すれば、自動的にスマホ用に修正されるレスポンシブのテンプレートがあるカート、もしくはそのような機能があるカートを選ばれることを強くおすすめ致します。

 

最後に

ここまでご覧頂いてモール型ネットショップとレンタルカートを利用した独自ドメイン型ネットショップのそれぞれについて、モールやカートの集客力を比較する事自体、あまり意味がない事をご理解頂けたのではないかと思います。
結局のところ、集客に関しては自分自身で対策を施していく必要があります。
モールに出店するにしてもレンタルカートでネットショップを開業するにしても、別途集客対策を施すことが必須となりますので、そのためには具体的にどうすればよいのかを知り、その集客対策を効率的に行う事ができるようなレンタルカートを選ぶことが重要になってきます。

最後にネットショップの集客対策の種類や方法について、具体的にまとめたページをご紹介します。
是非、参考にして頂ければと思います。
→ 【実例】誰でもできるネットショップ集客方法 最も集客効果の高かった方法

またメルマガの方では、半自動で継続的にお店に見込み客を集客し続けるための「集客装置」の作り方もお伝えしていますので、ご興味があればご登録頂ければ幸いです。

ネットショップ集客のコツ~絶対に外せない2つのポイント~

ネットショップ集客のコツ

ネットショップの店長さんの中には、ショップを開業しても中々集客ができないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
私の経験上、ネットショップ集客のコツは、次の各ポイントを満たしているかどうかにかかっていると考えます。

1.誰のためのお店なのかが明確である事

2.ネット集客の方法と効果的な使い方を知り実践できている事

この2つのポイントをしっかりと理解して対策を施す事ができていれば、効率的にお店に見込み客を集めることができるはずです。

以下、それぞれ詳しくご説明していきたいと思います。

1.誰のためのお店なのかが明確である事

自分のお店はどんな人のどんな悩みや欲求を満たす事ができるお店なのか、これを明確に打ち出す必要があります。
誰のためのお店なのかが不明瞭なネットショップは、誰の目にも留まりません。
例えば、ネットのお花屋さんの場合。
「色々な種類のお花がありますよ」といった所で、そんなお花屋さんはすでにネット上にたくさん存在します。
さらに言えば、近所にもお花屋さんのひとつやふたつあるわけです。
色々な種類の花を取り扱うネット上のお花屋さんでは、誰も見向きもしてくれません。
どんなに店長さんが、うちの花は他とは違います!と言ったところで、その違いを明確に説明しない事には伝わらないんですね。
そうではなく、「バラの専門店、バラに関してはどのショップよりも豊富な種類を取り揃えています。」とか、
「お見舞い用のお花専門店」等の方が、それを探していた人の心には響くわけです。
その結果、そのお店を知ったとしても素通りされてしまいます。これでは集客できません。
また例えば、釣り具専門店の場合。
「海釣り、川釣り等々、釣りに関しての様々なアイテムを取り揃えています。」というお店よりも、「川釣りルアー専門店、ルアーの事ならお任せください。」というショップの方が集客がしやすいのです。
つまりターゲット・コンセプトを明確にしたネットショップでなければ、他店との違いが不明瞭で誰も気にしてくれないという事になってしまいます。
もちろん、関連する色々な商品を販売すること自体、悪い事ではないのですが、お店のコンセプト自体を明確にしておかなければ、そもそもお客様に集まってもらう事ができないわけです。
他にも販売したい商品があるのでしたら、見込み客に集まってもらい、更には満足頂く事でファンになってくれたリピーターの方々に、個別に商品をご紹介していけばよいわけですから。

 

2.ネット集客の方法と効果的な使い方を知り実践できている事

どんな人に役立つお店なのかが明確になれば、どんな人をお店に集めるべきなのかも明確になります。
それが明確になれば、無駄に集客をしなくなりますので効率よくお店に見込み客を集めることができるようになります。
但しそのためには、ネット集客の方法と各集客方法の効果的な使い方を知り、確実に実践していく事が必要です。

ネットショップにおける集客の方法は色々とありますが、(参考:【実例】誰でもできるネットショップ集客方法 最も集客効果の高かった方法)、
各集客方法の特長を理解して上手に活用していく事が効率よくお店に集客するコツになります。

お金をかけて広告を出すことで短期間で集客していく事も可能ですが、個人運営のお店の場合、中々お金をかけられないものと思われます。
また私個人的には、広告を出して集客する方法はどうしても無駄が多いように感じていますので、無料でできる集客方法を上手に活用されることをおすすめ致します。

ネットショップの各ページについて最低限のSEO対策を施す事はもちろんですが、それ以外にブログを活用して、そのブログで見込み客に役立つ情報を発信して、見込み客との信頼関係を構築していきます。
更に、見込み客のメールアドレスを残して行ってもらう事でメルマガ集客も活用する事ができるようになります。
(参考:【実体験】ネットショップにおけるメルマガ集客の上手な活用方法
これらのブログ集客、メルマガ集客を活用した仕組みを構築しておくことで、お店には成約率・リピート率の高いお客様を継続的にほぼ自動で集客していく事ができるようになります。

まずは、お店のターゲットやコンセプトを明確にした上で、各集客方法の上手な活用方法を知り、ネットショップへの集客の仕組みを構築してみて下さい。
(参考:ネットショップにおけるブログ集客≪実体験に基づく効果と具体的方法≫

その仕組みを作れるかどうか、、これがネットショップ集客を効率的に行うためのコツであるという事ができます。

メルマガの方では、このページでお伝えした集客の仕組みの考え方を更に具体的にお伝えする共に、具体的な集客の仕組みの構築方法を画像、動画等も使って詳しくご説明しています。
ご関心がおありでしたら、是非、ご登録下さい。



 

ハンドメイド作品を取り扱うネットショップの集客方法

ハンドメイド商品を取り扱うネットショップの集客方法

ここ数年、ご自身でハンドメイドした作品をネットで販売したいという方が増えています。
tetote(テトテ)やminne(ミンネ)のようなハンドメイド作品販売サイトを利用して販売する方法もありますが、やはり自分でネットショップを作って販売したいと思う方も多いと思います。
でも、やはり簡単には集客できないものです。
お店を開業したものの中々お客様が集まらないとお悩みの店長さんも多いのではないでしょうか。
そこでこのページでは、そのようなハンドメイド作品を取り扱うお店の集客方法についてのアイディアをご提案したいと思います。

そのために同じハンドメイド作品を取り扱うネットショップでもタイプの異なる2種類のお店について、まずはご説明していきたいと思います。

2種類のハンドメイド作品を取り扱うネットショップ

 

  1. ハンドメイド作品のみを販売するネットショップ
  2. ハンドメイド作品を販売しながらハンドメイド作品の作り方も提供するネットショップ

1.ハンドメイド作品のみを販売するネットショップ

自分で作ったハンドメイド作品のみを販売していくタイプのお店は、集客自体すこし苦労するのではないかと思われます。
その理由は、ハンドメイドした作品のデザインだけではそのお店の個性が出しにくいからと考えるからです。
もちろん、他店にはないような個性の強い商品を販売しているお店もあるとは思いますが、それでもネット上からその商品に関心を持つ見込み客をたくさん集める事には苦労するはずです。
また、ネットでの集客の要が検索エンジンからの集客であることを考えると、お店で販売するハンドメイド作品に関心を持ってくれる見込み客が商品を探す際に、入力するであろう検索キーワードの候補数自体、どうしても少なくなってしまうからです。

2.ハンドメイド作品を販売しながらハンドメイドの方法も提供するネットショップ

一方で製作するハンドメイド作品だけでなく、ハンドメイド作品の作り方自体も提供していくようなお店の場合、1.のお店と比べ、随分と集客しやすくなります。
その理由は、単純に提供する商品・サービスの種類が増える事と、そのお店に関心を持ってくれるであろう見込み客が検索する際のキーワード候補の幅も広がるからです。
更には、ハンドメイド商品の作り方をお客様にお教えしながら信頼関係を構築していく事ができますので、成約率・リピート率の高い見込み客を集客できるというメリットもあります。

ここからは、それぞれのタイプについて集客方法をご提案したいと思います。

ハンドメイド作品だけを取り扱うネットショップの集客方法

このタイプのお店の場合、先にお伝えした通り検索エンジンから集客するためのキーワード候補がどうしても少なくなるため、それ以外の集客方法も積極的に活用して、お店の存在を周知していく必要があるものと考えます。
また、少しでも制作するハンドメイド作品を露出するために独自ドメインだけでなくtetote(テトテ)やminne(ミンネ)のようなハンドメイド作品販売サイト等も活用して多店舗運営をされることもおすすめします。

可能な限りあらゆる方法を駆使して集客していきます。ネットショップの集客方法の種類・特長等についてはこちらのページを参考にして下さい。
(→ 【実例】誰でもできるネットショップ集客方法 最も集客効果の高かった方法

ここで紹介している中の、「リスティング広告」「アフィリエイト広告」に関しては、お金もかかりますし、無駄が多いと考えますので、ハンドメイド販売のネットショップでも私個人的にはおすすめ致しません。
それ以外の、「SNS集客」「SEO対策」「ブログ集客」に関しては、やはりしっかりと活用していく必要があります。

販売する商品がハンドメイド作品のみのお店の場合、先にもお伝えした通り検索需要の高いキーワードを使って集客していく事が難しくなってきますので、特にはFaceBook、Twitter、アメブロ等をしっかりと作り込んでハンドメイド作品に関心の高い見込み客を集め、そのSNS上でのやり取りを通じ信頼関係を構築していく事が有益であると考えます。その上で、ハンドメイド作品の制作過程等、写真や動画も駆使して作り込んだブログに誘導していくという方法をおすすめ致します。

作成するブログでは、作品制作にあたってのこだわり、制作の様子、そして完成したハンドメイド作品の活用方法等までも提案していくのが良いと思います。更には、制作するハンドメイド作品の特徴(素材、作り方、形状等々)に関心を持ってくれそうな見込み客集客のための検索キーワード対策ももちろん施していきます。

集客自体、少し苦労する部分があるとは思いますが、これらをしっかりと対策していく事で少しずつでもファンが集まっていくと思います。
但し、ひとつ注意点があります。提供する商品がハンドメイド作品のみのお店の場合、その商品自体に魅力がなければやはり見込み客は集まりませんし、売れる事もありません。
その部分はしっかりとリサーチを行い、どんなハンドメイド作品が求められているのかを把握して、多くの方に喜ばれるようなハンドメイド作品を制作していく必要があります。

ハンドメイド作品を販売しながらハンドメイド作品の作り方も提供するネットショップの集客方法

このタイプのお店の場合、集客自体もかなり楽になります。更には、見込み客との信頼関係の構築もしやすいためファンも増やしやすいお店という事ができます。
次のページでお伝えしているブログ集客を実践する事で、効率的に見込み客を集客する事ができます。
(→ ネットショップにおけるブログ集客≪実体験に基づく効果と具体的方法≫
こちらのタイプのお店に関しても、「リスティング広告」「アフィリエイト広告」の利用は、おすすめ致しません。

「SNS集客」に関しては、積極的に活用すると良いです。但し、「ブログ集客」の方でかなり効果の高い集客のための仕組みを構築する事ができますので、優先順位としてはブログ集客の仕組みづくりが先となります。もちろんお店開業当初のアクセスアップには、SNSも利用するべきですが、その後は、ブログ集客の方を重点的に行っていく事で良い結果が出るはずです。

具体的には、上でご案内したブログ集客のページを参照頂ければと思いますが、こちらのお店に関しては、ハンドメイド作品を制作したいという人もターゲットに設定する事ができますので、そのような人たちに役立つような情報をブログで発信していき、まずはブログに集客していきます。そして、見込み客のメールアドレスを教えてもらい、そのアドレス宛に役立つ情報を配信し続ける事で、信頼関係を構築していくという流れになります。

尚、メルマガのほうでは、このような「ハンドメイド作品を販売しながらハンドメイドの方法も提供するネットショップ」が効率よくお店に見込み客を集客し続ける仕組みの構築方法を具体的にお伝えしています。
ご関心おありでしたら、是非、ご登録ください。

【実体験】ネットショップにおけるメルマガ集客の上手な活用方法

メルマガ集客

ネットショップ運営において無料で行える集客方法のひとつとしてメルマガ集客があります。
メルマガと言ってもその目的によって使い方が変わってきますので、このページでは目的別にその効果と上手な使い方をお伝え致します。
メルマガは、ネットショップ運営において欠かせないツールのひとつです。
今現在でも私のショップで高い効果を発揮しているメルマガ集客方法をお伝えしますので、是非、参考にしてみて下さい。

メルマガ集客以外の集客方法については、次のページをご覧ください。
(関連:ネットショップの集客方法

メルマガ集客の目的と効果

新規顧客を集客

新規顧客を集客する目的でメルマガを活用する場合ですが、以前は、例えば「まぐまぐ」や「melma!」等のメルマガ無料配信スタンドを利用してメールマガジンを発刊・発行していく事で新規顧客を集客する事ができました。
以前は、自分の関心のあるジャンル等のメルマガに自ら登録して読む人も多かったのですが、最近はそのような人は少ないようですね。
欲しい情報は自分で検索して探して見つけるというやり方が当たり前になったからかもしれません。
現在でもメルマガ無料配信スタンド自体は存在しますが、それを使って新規顧客を集める事は、ほぼ効果がありません。
また無料配信スタンド以外に、他人のメールアドレスを購入して、そのアドレス宛にメルマガを配信するという方法も昔はありましたが、やはり今では全く効果が期待できません。
それでは、新規顧客を集める事を目的とした場合、メルマガを使った集客は現在ではできないのか、というとそうでもありません。
具体的な活用方法は、後ほどご説明しますが、ブログ集客と上手く連動させて活用する事でメルマガで新規顧客を集める事は可能です。

リピーターを獲得

リピーター獲得を目的としてメルマガを活用する方法は、現在、最もポピュラーだと考えられます。
すでにショップで商品を購入頂いたお客様に対して、リピートしてもらえるようにフォローメールをお送りします。
一度購入してくれたお客様でも、その後、再びショップを訪問してくれるお客様はどうしても少なくなってしまいます。
そのため、購入後のフォローをすることでお店に対して良い印象を持ってもらい、更には、購入後でもお店の事を忘れてしまわないようにメルマガで働きかけをしていきます。
多くのネットショップで使われているメルマガによるリピーター獲得方法だと考えられます。
但し、そのメルマガで一方的に商品情報やセール情報を高い頻度で送り付けるショップも多く見られますが、それでは逆効果ですね。
上手にメルマガを活用しないとリピーターは一向に増えていきません。
リピーター獲得のためのメルマガ活用法は、このページでは割愛します。

売上をアップ

売上アップのためにメルマガを活用する方法も一般的です。
上記リピーター獲得のためのメルマガ活用法と被る部分もありますが、その目的を売り上げアップ・成約率向上に設定する場合は、当然、メルマガの内容も変わってきます。
購入回数の少ないお客様の場合、商品やサービスの紹介が多くを占めるメルマガの場合、どうしても反応が低くなってしまい解除率も上がってしまいますので、売り上げアップを目的とするメルマガを配信する場合は、すでにショップのファンになっているお客様を対象に配信する事をおすすめ致します。
つまり、メルマガ配信をする場合には、配信対象となるお客様が、数回購入頂いたお客様なのか、すでにファンになってくれているお客様なのかをしっかりと把握した上で管理して、配信する内容を変えていく事が理想です。

集客のためのメルマガの上手な活用方法

さて、ここまで目的別にメルマガの使い方をご説明してきましたが、ここからはあくまでも新規のお客様を集客する目的でメルマガを活用する方法についてご説明していきたいと思います。
メルマガ配信スタンドやメールアドレス購入を使ったメルマガ集客の効果が期待できない現在、多くのネットショップの店長さんは、恐らく新規顧客を集めるために、メルマガを活用する事はほとんどないのではないかと思います。
しかしブログ集客と連動させることで、効率的に、継続的に新規顧客を集客する事ができます。
多くのネットショップでは、ショップに集まった見込み客に対してメルマガ登録を促している場合がほとんどです。
しかしその方法では、まだ見込み客との信頼関係が構築できていない段階であるため、多くの見込み客はメルマガ登録をすることなくショップを立ち去ってしまいます。
その結果、メルマガに登録されているアドレスは、一度購入頂いたお客様ばかりという状態になります。
そのため、多くのショップではリピーター獲得にしかメルマガを活用できません。
しかしショップに来てもらう前の段階で、ブログを経由してメルマガに登録してもらうという方法をとることで、効率的・継続的に新規顧客のメールアドレスを獲得する事が可能になります。

その方法ですが、とてもシンプルです。

  1. 集客ブログを作成する
  2. ブログに集まった見込み客(新規顧客)にメルマガ登録してもらう
  3. メルマガ登録してくれた見込み客にメールを送り信頼関係を構築する
  4. ショップに来てもらう

1.集客ブログを作成する

ショップとは別に集客用のブログを作成していきます。これがショップの集客装置となります。
このブログで更新していく記事は、良くあるような店長の一日とか、セール情報とか、おすすめの商品情報等であってはいけません。
あなたのショップのターゲットが悩んでいる事、困っている事、欲している事等をリサーチした上で、その解決・解消に役立つような情報でなければなりません。
そしてお店っぽい雰囲気は可能な限りそのブログでは出さない事がポイントです。
※リサーチ方法はとっても簡単です。
※役だつ情報ばかりを更新していくブログなんて作成できないと思われる店長さんもおられるかもしれませんが、これも簡単ですのでご安心下さい。

2.ブログに集まった見込み客(新規顧客)にメルマガ登録してもらう

役立つ情報をご提供することでそのブログを読んでくれた人は、そのブログを書いているあなたに対して親近感を抱いてくれます。これが信頼関係構築のきっかけとなります。
そして、多くの見込み客が知りたいであろう内容に対して丁寧に説明したキラーコンテンツを1つ作成し、そのコンテンツをご提供する代わりにメールアドレスを教えてもらうようにします。
そのコンテンツの内容は、もちろん見込み客に役立つ内容になっていますので、見込み客には更に喜んでもらう事ができ、その事で信頼関係は深まります。

3.メルマガ登録してくれた見込み客にメールを送り信頼関係を構築する

メルマガ登録してくれた見込み客との信頼関係をより深めるために、更なる役立つ情報をメルマガ配信していきます。
その事で、信頼関係が強固なものになっていきます。
そのメルマガで商品紹介等は一切してはいけません。
※もちろんすでにファンになって下さっているお客様に対しては、商品情報もありです。ファンになってくれているリピーターさん向けのメルマガは、別途、作成するようにすべきです。

4.ショップに来てもらう

上記のブログ経由でメルマガ登録してくれた見込み客は、すでに店長であるあなたとの信頼関係が芽生え始めていますので、ショップに来てくれる時には成約率・リピート率の高いお客様となっています。

このようにブログ集客と連動させてメルマガ集客を行う事で、成約率・リピート率の高い新規の見込み客を効率的にしかも継続的に集客していく事が可能となります。

次のページではもう少し詳しく説明していますので是非ご覧ください。
ネットショップにおけるブログ集客≪実体験に基づく効果と具体的方法≫

そして、ここでご説明したようなブログを使った集客装置の作成方法やそれと連携してメルマガ集客を行うための具体的な手順に関しては、当サイトのメルマガの方で画像や動画を使って詳しく解説しています。
ネットショップの効果的なブログ集客方法、メルマガ集客方法を知りたい方、そして実際に作成して結果を出したい方は、是非、私のメルマガにご登録ください。

【効果が高いのは?】ネットショップの無料集客の種類と方法

ネットショップ無料集客

ネットショップの集客方法にはいろいろとありますが、特には個人運営のネットショップの場合、そこにかけられる十分な予算はありません。そこで是非活用したいのが無料で出来る集客方法です。
そこでこのページでは、現役ネットショップ店長である私が無料集客の種類を紹介すると共に自身のショップ運営の経験から、無料集客の上手な活用方法をお伝えします。

【実例】ネットショップの集客方法(有料・無料に関わらずネットショップの集客方法をまとめたページ)
ネットショップの無料集客の種類と特徴
各無料集客の目的と活用方法(実体験に基づく)
無料で高い効果を発揮する集客方法のまとめ

ネットショップの無料集客の種類と特徴

口コミを利用した集客

口コミで集客をしようとする場合、やはり他人に話したくなるような「何か」が絶対に必要になります。
例えば、これまでにはないような誰もがすごいと感じる商品やサービス、またもしくは、あなたの運営しているネットショップと同じターゲットを対象に運営されているショップと比べた時に、他店を圧倒するほどのターゲットに喜ばれる商品やサービス、こういったものが必要になってくるものと考えられます。
このような商品・サービスを提供できるショップになる事ができれば、自然に口コミは広がり、黙っていてもショップにはたくさんのお客様が集まってくることが考えらえます。
もちろんそのような商品やサービスを提供できるショップを構築する事が理想です。但し、簡単ではありません。
そのため多くのショップは、例えば、期間や数量を設定してキャンペーンを打ち出すことで口コミ効果を狙うというケースが多いのではないでしょうか。
例えば、今だけ送料無料、今だけ1個サービス、今だけ格安のようなキャンペーンです。そうすることで短期的に見込み客をショップに集客する事が可能となります。
但しこの方法に関しても、特には個人運営のネットショップの場合、中々そのようなキャンペーンを打ち出すこと自体ができない事が多いと思います。
そこで私たちのような個人運営のショップが狙うべきところは、ターゲットとなるお客様に対して競合する他店よりも満足してもらえるような工夫をあらゆるところに凝らし、少しずつファンを増やしていく事であると考えられます。
そうする事で短期で一気に見込み客を集客する事はできませんが、長期的にファンを増やしていくことで少しずつでも口コミが広がり、結果的にショップに見込み客が集まってくる事になります。
そのための重要な武器となるのが、例えば、あなたのショップの良さをショップ訪問者へ理解してもらうために役立つ「お客様の声」です。ショップに掲載するお客様の声が増えるほど、またその内容の質が上がるほど、口コミ効果も高まっていきます。
もちろん口コミも無料で出来る集客対策ですので積極的に活用すべきです。

SNS集客

TwitterやFacbook等を活用した集客方法です。これもご存じの通り無料で活用できる集客ツールです。
どちらもあなたのショップの見込み客となるたくさんの人達とつながりを持つ事で、ショップの事を周知できます。効率的に集客できるかどうかはその使い方によりますので、これらSNSを利用して集客したい場合は、その効果的な使い方を知る必要があります。
Twitterには拡散効果も期待できるため、上手に活用する事で信じられないくらいのアクセスをショップに集める事も可能となります。
そのためにはTwitterユーザーに共感してもらえるような「つぶやき」をする必要があります。
Twitterユーザーは、10代や20代の比較的若い世代のユーザーが主となってきますので、そのような世代に受け入れられるような商品やサービスを提供しているショップには適しているものと考えられます。逆に高年齢層を対象とするような商品やサービスを提供するショップの場合、相性自体は良いとは言えません。
そしてFacebookの方は、幅広い年齢層の人たちが使っています。Facebookの方が深いかかわりを持つ事ができるという特徴があると思われますので、Twitterとは違った使い方ができます。
ネットショップを運営しているだけでは、どうしても一方的な情報提供になってしまいますが、FacebookのようなSNSを使う事で色々な人たちと情報の交換や意見交換等を行う事が可能になります。
その中で交流を深めながらあなたのショップの事、商品やサービスの事を理解して頂き興味を持ってもらう等の事ができます。

SEO

無料集客の代表的なものと言えば、このSEOではないかと思います。
現在、パソコンで調べ物をする事が一般的になりました。多くの人がGoogle等の検索エンジンを利用して色々な事を調べます。そして、表示されたページを見て回ります。
ネットショップの店長さんが自分のページを作ってそこから集客する事はもちろん無料で出来ますので、予算のない、または少ない個人運営の店長さんでも実践可能な集客方法です。
但し、このSEOで上手く集客するためには、SEOの知識や経験がある程度は必要になってきます。またライバルの多いキーワードの場合、簡単には検索結果の上位に表示させることはできません。
そのため、Google等が有料で提供しているPPC広告が重宝されるわけです。
しかし、例えばライバルのそれほど多くないジャンルやキーワードの場合、基本的なSEO対策を施すことで比較的簡単に上位表示できてしまう場合も少なくありませんので、まずは自分が狙いたいキーワードについてライバル調査を行う事をおすすめ致します
もしライバルが弱ければ、またもしくはライバルが注目していない集客効果の期待できるキーワードを見つける事ができれば、すぐにでもページを作成しSEO対策を施すことをおすすめ致します。
キーワードの種類によってももちろん異なってきますが、やはり検索エンジンを利用した集客方法は、その他の集客方法に比べてその集客数が圧倒的に多く、安定しています。
是非とも積極的にSEO対策を活用すべきです。

ブログ集客

このブログ集客も検索エンジンからの集客を狙って作成していきますのである意味SEO対策を施して集客する方法であると言えます。
異なる点は、ショップのページではなく別途ブログを作ってそのページを検索エンジンで上位表示させていくという事になると思います。
ショップのページではなく、わざわざブログを作ってそのブログから集客していく事で様々なメリットがあります。
例えば、見込み客との信頼関係を構築する事ができる点、将来の見込み客候補も集客する事ができる点等、その他にもいくつかのメリットがあります。
具体的には、次のページで詳しくご説明しています(→ ネットショップにおけるブログ集客)。
このブログ集客ももちろん無料で対策を施す事ができますし、高い効果を発揮しますので是非とも活用頂きたい集客方法です。

YouTube(動画)集客

YouTube、つまり動画を活用した集客方法です。
これもブログ集客同様に検索エンジンでの上位表示を狙っていきますので、ある意味、SEO対策であるという事もできます。
数年前より検索結果の画面にYouTube動画が上位に表示されるようになりました。
キーワードや内容、更にはその他の要因によって上位表示できるかどうかは変わってくるものではありますが、簡単な動画を作ってYouTubeにアップするだけで手間をかけずに特定のキーワードでの上位表示を狙う事ができますので、活用しない手はありません。
YouTubeの場合、その他の特徴として、自分のチャンネルを持つ事ができます。アプロードした動画の内容を気に入ってもらえれば、チャンネル登録をしてもらえるチャンスも高まります。
ショップのジャンル等にもよりますが、例えば、使い方や作り方、またもしくは練習の仕方等々を動画でわかりやすく説明できるようなジャンルのネットショップであれば、そのようなノウハウ系の動画をたくさん作って配信していく事で、そこからもファンをつくっていく事ができます。

(メール)

メールを使った集客に関しては、予め見込み客のメールアドレスを所有している事が前提になりますので、まずは見込み客のメールアドレスを獲得するための仕組みを作る必要があります。
多くのネットショップでは、TOPページに「メルマガ登録はこちら」等のバナーを掲載してメールアドレスを獲得しようとしている事が多いですが、もちろんそれでは効率的に集めることはできません。
効率的に見込み客のメールアドレスを集めるためにおすすめできるのが先ほどご紹介したブログです。
私の経験上、ブログであればショップよりも格段に高い確率で見込み客のメールアドレスを獲得する事ができます。ショップでいくらメルマガ登録して下さいと言っても、誰も商品情報を送り付けられるのは嫌ですから登録するわけがありません。
しかし商売っ気のない、更には見込み客に役立つような情報をメインで発信しているブログであれば、上手く仕組みを構築しておくことで、メールアドレスを獲得する事ができます。
そして獲得した見込み客のメールアドレスに宛てて、ショップの理念等を上手にお伝えして共感してもらった上でショップに来てもらうようにします。
このメールでの集客ももちろん無料で対策を施すことができますし(※)、ネットショップ運営において必ず必要になってきますので、是非とも活用の仕方を明確にして使うようにすべきです。

※メールの配信システムや自動配信をする場合は、ステップメールツール等の利用代金等は必要になります。

各無料集客の目的と活用方法(実体験に基づく)

ここまでネットショップの無料集客方法の種類と特徴をお伝えしましたが、ここではその目的と活用方法についてお伝えしたいと思います。
ここで目的と言うと、その目的は集客なのでは?と思われる店長さんも多いと思います。
確かにここでお伝えしたような無料集客の方法について、多くは単なる集客の方法として紹介されることが多いのですが、実はそれぞれ目的が異なります。
その目的を明確にして上手に活用する事でその効果を最大限に発揮する事が可能となります。この事は、実際の私のショップで実証済みです。
まず考えて頂きたいのは、そもそも、ショップに見込み客を集客する事自体が目的ではないという部分です。
私たちネットショップの店長にとっての目的は、お客様に来店してもらう事ではなく、商品を購入してもらう事、更には、ファンになってリピートして何度も購入してもらう事のはずです。
その目的のために見込み客をショップに集めるわけです。このページでご紹介したような無料の集客方法でたくさんの見込み客を集客できたとしても購入することなくすぐに帰ってしまっては全く意味がありません。
そうならないために、ここでご紹介してきた無料集客の目的を明確にした上でそれらを上手に活用して、継続的に購入してくれるような見込み客を集める仕組みを作っていかなければなりません。
そのために必要な知識をここでお伝えします。

周知

まずはあなた(お店)の存在を知ってもらわなければなりません。ネットショップを作っただけで何もしなければお店の存在に誰一人気が付いてくれません。
そのため、まずはお店の存在を周知する必要があります。いわゆる「集客」と言われているのは恐らくこの部分のみを指していると思います。
この周知という目的のために利用するのは、「SNS」「SEO]「ブログ」「YouTube」です。
この中で、「SEO]「ブログ」「YouTube」に関しては、効果が現れるまで若干、時間がかかりますので、まずお店を開店したすぐは「SNS」で周知活動をされると良いと思います。但しもちろん「SEO]「ブログ」「YouTube」に関しても、準備は進めておきます。
あなたのお店の見込み客となるような人が関心を持つであろうキーワードをリサーチしそれらのキーワードでページを作り、ブログを更新し、動画も作っていきます。
そのような対策を施すことで、あなたのお店の認知度が少しずつ上がっていきます。
但し、ここまでは単に知ってもらっただけですので、これでは売れません。単に集客するだけの対策にしかなりません。
そこで、この周知活動を行う前にやっておくべきことがあります。それが、「信頼関係を構築するための仕組みづくり」です。

信頼関係を構築するための仕組みづくり

来店してくれた見込み客に商品を購入してもらうためには、「安心してもらい」「ショップに魅力を感じてもらい」「商品にも魅力を感じてもらう」必要があります。
そのための対策を施すことなく、いくらショップに集客をしても簡単には買ってくれません。
そのような対策を施していないがために、商品自体が売れないため、まだまだ集客が足りないというように感じてしまいます。
そうならないため、ショップに集客する前に、見込み客に安心してもらい、ショップや商品の魅力を認識してもらっておく必要があります。
もちろん、ショップの商品ページやその他のコンテンツでそのような対策を施しておくことは最低限必要ですが、更に高い効果を発揮するためには、ショップ内コンテンツ以外にそのような仕組みを作っておくことが理想的です。
そのために使うのは、「ブログ(SEO)」、また場合によっては「SNS(FaceBook)」となります。
わざわざそのような対策を施しておく理由は、ブログやSNS等で信頼関係が芽生え始めた後でショップに訪問頂く事で、成約率・リピート率が圧倒的に高くなるからです。但し、これだけでも不十分です。
ブログやSNS等である程度の信頼関係が芽生え始めた後でショップを訪問してくれた場合でも、実はそのタイミングですぐに商品を買ってくれる事は残念ながら多くはありません。
お客様が商品を購入するタイミングは様々だからです。
そこで更に必要になってくる対策が、見込み客リストの収集です。

見込み客リストの収集

見込み客のメールアドレスを集めるための対策という事になります。
あなたのブログやショップを訪れた見込み客は、そのまま立ち去ってしまい二度と来てくれない事の方が多いです。
ある程度の信頼関係を構築しショップの魅力を感じて頂いているお客様であれば、また戻ってきてくれる可能性は高まりますが、やはりそのためには何度か接点を持つ必要があります。
そのために必要になるのが一度訪問してくれた見込み客との関係性をつなぎとめておくために、メールアドレスを残して行ってもらうことです。
そうする事で、店長であるあなたの方から、見込み客に対してメールというツールを使って働きかけをすることができます。
この仕組みができていないと、どんなに集客をしてもどんどん他のショップに流れて行ってしまいます。
その仕組みづくりに最適なのが「ブログ」という事になります。ブログの中に、見込み客のリストを収集するための仕組みを作っておきます。
そうすることで、一度訪問してくれた見込み客との信頼関係を構築し、ショップの魅力に気付いてもらい、更にはあなたのショップの理念に共感してもらうための働きかけができるようになるわけです。

無料で高い効果を発揮する集客方法のまとめ

このページでは、ネットショップにおける無料集客の種類や特長、更には、活用方法についてお伝えしました。
一般的には、ここで紹介したような無料集客の方法の中から店長さんが実践しやすい方法を選択して対策を施していく事が多いのではないかと思われますが、特に集客にお金をかけられない個人運営のネットショップの場合は、これらの無料集客をフル活用されることをおすすめ致します。
上手に使う事で有料広告を利用した集客方法以上の高い効果が期待できます。

メルマガの方では、このページでご説明したような具体的な集客の仕組みの作り方に関して動画や静止画も使ってお伝えしています。ご関心がおありでしたら下記よりご登録頂ければ幸いです。

ネットショップのブログ集客≪120%の効果を実感できる集客法≫

ネットショップのブログ集客

ネットショップにおける集客方法としてブログ集客が重要であると言われますが、実際の所、果たしてその効果はどうなのか?
そして、自分のお店でもブログ集客の効果があるのかどうか?またどうすれば集客効果の高いブログを作成できるのか、それがわからない店長さんが多いのではないでしょうか。

このページでは、現役ネットショップ店長である私が実際に検証した結果に基づいてブログ集客の目的・メリットと効果、更には、具体的な集客ブログの作成方法をお伝えします。

今でも実際に私のお店に毎日、成約率・リピート率の高い見込み客を集客し続けている方法をご紹介しますので、是非とも参考にしてみて下さい。

目次

ネットショップのブログ集客のメリットと効果

ブログ集客以外のネットショップ集客方法のまとめ記事に関しては、次のページを参照してください。
→ ネットショップの集客方法

ブログ集客のメリット

  1. お店のドメインが強くなる
  2. 無料でショップへのアクセス数を増やす事ができる
  3. 一度アップした記事は永続的に残すことができる
  4. 集客しながら見込み客との信頼関係を構築する事ができる
  5. 新規の見込み客リストを獲得しやすい

1.お店のドメインが強くなる

ネットショップの集客ブログを作る方法として、お店のドメインのサブディレクトリとしてブログを作成する方法とお店とは異なるドメインでブログを作成する方法があります。お店のドメインのサブディレクトリとして、例えばワードプレス等をインストールしてブログを作成する場合、そのブログ記事を更新していくほどにお店自体の更新頻度が高まる事になりますし、ページのボリュームも増えていき、結果的にそのドメイン自体が強くなります。ドメイン自体が強くなれば、お店の各ページ自体のパワーも高まりますので、検索エンジンで上位表示されやすくなると言えますので、結果的にたくさんのお客様を集客できます。

またお店とは異なるドメインでブログを作成した場合でも、ブログを育てていきそのブログ自体のパワーを高める事で、そのブログからお店にページにリンクさせることで、やはりお店のドメインを強くすることができます。

(参考:ドメインとは

2.無料でお店へのアクセス数を増やすことができる

あなたのお店に関心を持ってくれるであろう幅広い見込み客を対象に、様々なキーワードで記事を書いていく事でお店へのアクセス数を増加させる事ができます。検索エンジンでの上位表示を狙って記事を書いていきますので、ある意味ブログ集客=SEO集客であるとも言う事ができると思います。

またPPC広告やアフィリエイト広告を使った集客方法とは異なり、広告費をかけることなく無料で集客する事ができます

3.一度アップした記事は永続的に残すことができる

一度記事を書いてWEB上にアップしたコンテンツは、永続的にWEB上に残り、あなたのお店の見込み客を集客し続けてくれます。広告の場合は、止めてしまったらそれで終わりです。逆に言えば、集客ブログのページは残り続けるページですので、いい加減な事は書かない方が良いとも言えます。

継続的にあなたのお店に見込み客を誘導してくれるページである事を認識して、見込み客により役立つような、そしてより共感してもらえるような内容の記事を心がけると良いと思います。

4.集客しながら見込み客との信頼関係を構築する事ができる

ネットショップのぺージとは異なり、ブログの方では商品に直接関係のないようなことも色々と書く事ができます。

ここで少し考えて頂きたいのですが、あなたのお店の見込み客は、あなたのお店で取り扱う商品だけに関心があるわけではありません。

例えば、カメラやその他機材等を取り扱うネットショップの場合、そのお店の見込み客は、もちろんカメラや機材等にも関心を持っていますが、カメラの使い方や掃除の仕方、更には撮影方法に関する様々な情報にも大いに関心を持っています。お店の方には基本的には商品情報を掲載するのが一般的ですので、それらの情報を書く事はあまりないと思いますが、ブログの方では、商品情報ではない、撮影方法等に関しての情報も色々と発信していくことができます。

そのような情報に関心を持つ人に役立つ記事を書けば書くほど、その人との(つまりはあなたのショップの見込み客)との信頼関係が芽生え始めます。つまりブログを活用する事でお店のページだけではできなかった見込み客との信頼関係の構築が可能となります。その結果、成約率・リピート率の高い見込み客を集客する事が可能となります。

5.新規の見込み客リストを獲得しやすい

ネットショップ運営において、すでに商品を購入頂いたお客様に対してメールマガジンをお送りする事は常識となっていますが、まだ一度も商品を購入頂いていないお客様のメールアドレス(つまりリスト)を事前に教えてもらうための仕組みを構築しているお店は、現在でもそれほど多くありません。メールマガジンの登録を促すバナー等を設置しているお店は多いですが、それで登録してくれる新規のお客様はほとんどいないというのが現状ではないでしょうか?(誰もが一方的にそのお店の商品情報やセール情報を送り付けられるのは嫌ですから。。)

その点、ブログであればかなり高い確率で新規のお客様のメールアドレスを獲得する事ができます。具体的な方法については後ほどご説明しますが、これはブログ集客の大きなメリットであるという事ができます。

 

以上が、ブログ集客のメリットです。

ブログ集客の効果(実体験)

私のお店では、PPC広告、アフィリエイト広告等は一切使わず、このブログ集客のみで見込み客を集客しています。
※オフラインでは雑誌広告等は利用していますが、その効果はブログ集客には及びません。
PPC等の有料広告を使わない理由は、ブログ集客で集めたお客様の方が、明らかに成約率・リピート率が高いからです。
その理由は、すでに上述したブログ集客のメリットであるお客様との信頼関係を構築できるというメリットに大いに関係してきます。
以下、この部分についてもう少し具体的にご説明します。

まず、見込み客があなたのお店に訪れる際の以下2種類のパターンについて考えて見て下さい。

(1)検索してあなたのお店へ直接訪れる場合
(2)検索してあなたのブログを経由してその後であなたのお店を訪れる場合

例えば、これからカメラを趣味として始めたい人が、カメラの選び方を知りたくて検索しているとします。

パソコンで「カメラ 選び方」等のキーワードで検索します。

その時、検索結果にはあなたのネットショップのページとあなたの集客ブログのページが表示されていたとします。

ここで、まずは(1)の場合

その人はあなたのお店を訪れて色々なカメラの情報を見るでしょう。同時に
このネットショップどんなお店かな?
評判はどうだろう?
どんな店長さんがやってるんだろう?

等々と、色々と考えながらショップの中を見て回ります。

“店長のおすすめ品”と書いてある商品を見て、

このカメラがおすすめなのか?
もしかしたら利益率が高いからすすめているのかも、、
他のお店も確認したい、、
等と考え、その他のお店のページに移動します。

次に(2)の場合、

その人は、カメラの選び方について詳しく書かれているブログの記事を見て、
そうそうこの情報が欲しかったんだ、、
色々と詳しく書いてあるなあ、、
役に立った、、
この記事どんな人が書いてるんだろう?
なんだ、カメラショップの店長さんか、だから詳しいんだ、
こんなに詳しい店長さんのお店ならば安心かも、、
ネットショップも見てみよう、、
とあなたのショップを訪れてくれます。

この(1)と(2)、どちらもあなたのお店を訪問してくれたことには変わりませんが、その人があなたのお店に対して抱いている印象が全く異なるわけです。つまり(2)の人があなたのお店に来てくれる時には、すでに信頼関係が芽生え始めているわけです。

例えば、人付き合いにおいて全く知らない人とお話をする場合は、誰でも少しは警戒をするものです。初めてあなたのお店を訪問したお客様の状態がその状態にあたります。しかしあなたの知り合いの紹介であればそれほど警戒しないのではないでしょうか?つまり、集客用のブログは見込み客とあなたのお店との仲介役のような役目を果たします。

ブログを経由してネットショップに来てくれたお客様は、あなたの事を、わかりやすく役立つ情報を提供してくれた親切な店長さん、と認識してくれるわけです。

集客ブログは仲介役

 

ここで、わざわざブログを作るのではなく、お店のページ自体にそのような記事を書いておけばよいと思われる店長さんもおられるかと思いますが、その場合、ブログと比べて反応が大きく変わります。お店にダイレクトに訪問した時点で、どうしても売り込まれてはいけないという心理が働くんですね。しかしすでに信頼関係が構築できているリピーターさんの場合はそれでも大丈夫です。リピーターさんの場合ですね。
私のお店でもブログではなくショップ内のコンテンツとしてそのような記事を用意するケースももちろんありますが、それはどちらかと言えば、すでに信頼関係ができているリピーターさん向けとして発信している情報です。すでに信頼して頂いていますので、新商品情報であったとしてもその商品を何故、わざわざおすすめしているのかを詳しくご説明する事で、リピーターさんであれば即座に購入してくれることも少なくありません。そのような理由から、新規のお客様と信頼関係を築いていく場合には、ショップ内のコンテンツとしてよりもブログの記事として情報を発信していくことをおすすめ致します。

このページの趣旨とは少し異なりますが、
例えば、ジーンズを探している中年男性がいたとします。その中年男性は、ジーンズを買うために色々と検索をしているのですが、もしかしたら、中年太りでお腹の出ている自分にも似合うような、そんなジーンズを探しているのかもしれません。
またもしかしたら、少しでもスタイルが良く見えるようなジーンズを探しているのかもしれません。
そのような人たちをお店に集めるためには、まずはその人たちの悩みの解決手段を提案し欲求を満たしてあげることが必要です。

単に「こんな商品がありますよ」とネットショップで宣伝するだけでは、
自分の悩みが解消されるかどうかわからないような商品を人は買いません。

悩んでいるので他のお店も色々と見て回るわけです。

ブログを経由しないで来店

買ってもらうためには、
●●のような悩みを解消するためには、こんな方法がありますよ!
というように、
まずは解決方法を先に提案する事が必要になります。ブログでそのような役立つ情報を事前に提供しておきます。

その上で、その悩みを解決出来る商品が私のお店にはありますよ!
というようにその人に最適な商品を紹介してあげるわけです。

ブログを介して来店

新規のお客様にそのような流れでお店に来てもらうためには、ブログ集客を活用するのが最適であると言えます。

このようにブログ集客を効果的なものとして運用していくためには、あなたのお店のターゲットに役立つ情報、喜ばれる情報をたくさん書いていく必要があります。その結果、この集客ブログを経由して来店頂いたお客様がお店に訪れる際には、成約率やリピート率の高いお客様になっています。

そして私の実体験から、もう一つの効果として、集客ブログであれば新規のお客様リストがたくさん集まるという点です。
その理由は、ブログは役立つ情報を提供する場所であり、商品を販売するお店ではないからです。
この集客ブログで新規の見込み客リストを獲得するためには、そのための仕組みを構築しておく必要があります。具体的には、そのブログに集まるあなたのお店のターゲットの多くが知りたいであろう情報を用意しておく、その情報を閲覧する代わりにメールアドレスを登録してもらうという仕組みですね。その仕組みから私自身、自分のお店の見込み客を継続的に集め続けることができています。

私の集客ブログでその情報を読んでくれた後で、お店を訪れてくれるお客様は、その時点でファンになってくれている人も多いです。
何故、それがわかるのかというと、販売直後のアンケートをとっているからです。

そのアンケートの回答には、
知らなかった役立つ情報を教えてくれてありがとうございました、という感想がたくさん届きます。

また、すぐに購入してくれない場合でも、
以前、役立つ情報を拝見し購入するときにはこのお店と決めていました、という感想も多く頂きます。

このアンケート結果からわかることは、このお客様方は、私のお店に来る前から、私のお店で購入することを決めていたお客様であるということができます。
そのようなお客様の多くは、こちらからお願いしなくても質の高い「お客様の声」を届けてくれます。そしてほぼ間違いなくリピートしてくれます。

つまり、集客ブログで信頼関係が芽生えた後でネットショップの方に来てもらう事で、成約率やリピート率が高いお客様を選んで集客する事ができているわけです。

これほど絶大な効果のあるブログ集客を活用しない手はありません。
あなたのお店でも是非取り入れてみて下さい。

具体的な集客ブログの作成方法をお伝えする前に、まずはこのブログ集客の目的を明確にしておきたいと思います。

ブログ集客の目的

検索エンジンからの集客数増加

そもそも集客のためにブログを作成するわけですから、検索エンジンからのアクセス数を増やせなければあまり意味がありません。そのためには、書いていく各記事についてできるだけ検索エンジンで上位表示されるような対策を施していく必要があります。SEO対策の知識ですね。最低限の知識をお持ちの店長さんであれば問題ありません。

将来の見込み客も幅広く集客

ブログ集客の良さは、今すぐには買う予定のない将来の見込み客をも集客できる点です。そのメリットを生かすためには、あなたのお店のターゲットの悩みや欲している事を知り、幅広く集客できるような記事を書いていく必要があります。そのためにはリサーチが必要です。ネットショップ本体だけでは集客できなかった将来の見込み客をブログを活用して集客していきます。

見込み客との信頼関係構築

ブログ集客の最大のメリットとも言えるのは、成約率・リピート率の高い見込み客を集客できる点です。そのためには、役立った、ためになったと感じてもらえるような質の高い記事を書いていく必要があります。その結果、集客ブログに来て頂いて役立つ情報を提供できた段階で見込み客との信頼関係が芽生え始めます。このように書くと、自分にできるかどうかわからないと不安に思われる店長さんもおられるかと思いますが、そこはご安心下さい。集客ブログに書いていく記事のすべてについて、見込み客に共感頂けるような記事を書いていく必要はありません。質の高い記事の数は多ければ多いに越したことはありませんが、そのような記事が少なくても、このブログ集客の効果を発揮させるための方法があります。

見込み客へのショップの魅力、理念、コンセプト等の周知

集客ブログに見込み客を集め、信頼関係が芽生えた段階でショップに来てもらうわけですが、その大目的は、お店に来て頂き、商品を購入して頂く事。更にはファンとなってリピートして頂く事です。その大目的を達成させるためには、集客ブログ内であなたのお店の魅力を暗に伝えておく必要があります。そして理念やコンセプトに関しても、可能な限りブログの方で伝えておくことで、お店に来てくれた時の反応が大きく変わってきます。このような対策を施すことなく集客ブログを構築すると、あなたの集客ブログの記事を読んで役に立ったと感じてはくれたとしても、肝心の商品自体は他のショップで購入してしまうという自体にもなり兼ねません。そうならないためにお店の魅力や理念・コンセプト等を予め伝えておくための対策を集客ブログの方に施しておく必要があります。

見込み客との関係性継続のためのリスト収集

見込み客が集客ブログに来てくれたとしても、役に立ったと感じてくれただけでそのまま他のお店や他のブログに去って行ってしまう可能性ももちろんあります。それでは本末転倒ですので、そうならないためにはブログに来てくれた見込み客との関係性を継続するための対策を施しておく必要があります。更には、集客ブログに来てくれたとしても、その後ですぐにあなたのお店を訪問しすぐに商品を買ってくれるかどうかもわかりません。お客様が商品を購入するタイミングは人それぞれだからです。そうならないために施しておく必要があるのが、リスト収集のための仕組みです。

 

ネットショップに特化したブログ集客の具体的な方法

ブログの選び方

集客ブログを作成する上でまず決めるべきことは、ワードプレス等で独自にブログを作成するのか、もしくは無料のブログを作成するのかという点です。
無料ブログのメリットは、もちろんサーバースペースや場合によっては新たなドメイン等の費用がいらない事、そして、ブログを作成した当初でもある程度のパワーをもっているため比較的、上位に表示される事等が考えられますが、無料のブログサービスの最大の欠点である、そのサービスが永続的に継続される保証がないという点が解消されることはありません。
これから作成していく集客ブログは、あなたのネットショップ運営が続く限り、ショップに見込み客を集客し続けてくれる大変需要な役割を持つものになりますので、無料ブログの利用はおすすめ出来るものではありません。
必ず、独自に集客用のブログを作成して下さい。

そして、サーバースペースをどうするかについてですが、現在ネットショップのドメインのサブディレクトリとしてそのサーバーにワードプレス等をアップロードして運用する事ができれば、それで良いと思います。それができるかどうかは、使っているカートによりますので確認が必要です。
もしそれができない場合には、新たなサーバースペースとドメインを準備して集客ブログを作成していきます。

タイトル・内容の決め方・記事の書き方

作成するブログ自体のタイトルは、あなたのお店のジャンルに関連する大きなキーワードを含めて下さい。
例えば、ビリヤードに関するネットショップであれば、「ビリヤード」というキーワードを必ず含めます。そして、この集客ブログは、商品を販売する事が目的ではありませんし、訪問してくれる見込み客にもそのように感じてもらいたくはないため、ブログのタイトルも商売臭さを一切なくして下さい。

例)
× ビリヤードショップ●●の店長ブログ
× 初心者に最適なビリヤードグッズを紹介するブログ
● ビリヤード初心者のための道具選び・練習方法

このブログで書いていく各記事のタイトルに関しては、基本は、リサーチをして検索需要が高くかつ上位表示できる可能性の高いキーワードから記事を書いていきます。
基本はそうなのですが、上位表示できる可能性が低くても、店長であるあなたが他の人よりも役立つ情報を提供できる自信のあるコンテンツがもしあれば、積極的にそのような内容の記事も増やしていくべきです。
その理由は、そのような記事はあなたの個性や魅力を発揮するために必要不可欠なものだと考えるからです。またそのような記事が現時点では検索エンジンでは上位表示できなくても、ブログ自体のパワーが付いて来たら将来的に上位表示されていく可能性もありますし、その記事を見てもらう方法は、検索エンジンの上位表示だけではないからです。他の記事経由でブログに訪れてくれた人に見てもらう事もできますし、記事の内容によってはネットショップの方からそのブログを見てもらう事もできます。得意な事はどんどん記事に書いて役立ててもらうべきです。そうすることで信頼関係を構築しながら集客する事が可能となります。

そして、リサーチをするキーワードの対象となるのは、あなたのショップに関心を持ってくれるであろうターゲットが関心を示すキーワード全てということになります。
例えば、先ほどのビリヤードショップであれば、ビリヤードに関連する全てのキーワードが対象となります。

  • ビリヤード関連商品を作っているメーカー名
  • メーカーが製造している商品名、モデル名
  • 有名なビリヤード選手の名前
  • ビリヤードのプレイの名前(ナインボール、四ツ球etc…)
  • 各ショットの名前(ブレイクショットマッセetc…)
  • ビリヤード関連の道具の名前(キュー、ボールetc…)

このようなビリヤードに関連するあらゆるキーワードで記事を書いて集客していきます。思いつくままに記事を書いても中々検索エンジンで上位表示ができませんので、ここでリサーチを行い検索需要が高く、出来るだけ上位表示できそうなキーワードで記事のタイトルと内容を決めて書いていきます。

検索需要の高いキーワードの探し方ですが、Googleキーワードプランナー等のツールを使って探したり、Googleサジェストを使って探したり等々、いくつかの方法があります。私自身は、Googleサジェストと関連キーワードの二つを使って需要の見込めるキーワードを探しています。サジェストキーワードに関しては、色々な意見もあるとは思いますが、私のショップではそれで上手く集客できていますので、経験上、サジェストキーワードの活用をおすすめ致します。その他リサーチには、yahoo知恵袋等のQ&Aサイト等も活用しますが、ここではサジェストキーワードを活用したキーワードの探し方をご紹介します。

例えば、Google検索で「ビリヤード」と入力しスペースキーを入れると次のように、ビリヤードというキーワードの後に続くキーワードを提案してくれます。
サジェストキーワード1

ここにはある程度の需要が見込まれるキーワードが表示されると言われていますので、ここで表示されたキーワードを候補としてリストアップしていきます。

この例では、

ビリヤード キュー
ビリヤード ルール
ビリヤード 持ち方
ビリヤード 初心者

等ですね。

そして更に、そこで取得したキーワードを入力して調べてみます。

サジェストキーワード2

サジェストキーワード3

そうすると更に絞り込んだキーワード候補が表示されます。

これらのキーワードの組み合わせを使って記事を書いていく事で、検索需要の見込まれるキーワードの記事を書いていく事ができます。
そこで、更にリサーチして頂きたいのは、書く事に決めたキーワードで実際に検索し、上位表示されているページのタイトルや内容をチェックするという作業です。

仮に上位表示されているページのタイトルに狙いたいキーワードが表示されていない場合は、これからあなたが作成する記事のタイトルに狙いたいキーワードを含める事でそれらのページよりもタイトルでは優位に立つ事ができます。しかしタイトルに狙ったキーワードがないにもかかわらず上位表示されているのにはそれなりの理由があるはずですので、それで必ずそのページよりも上位表示されるというわけではありません。そこで最も重視して頂きたいのは、上位表示されている各ページの内容のチェックです。
もしそこに書かれている内容よりも更に役立つような内容の記事をあなたが書く事ができれば、是非ともそのキーワードで記事を書いてみて下さい。
上位表示させるためのSEO対策に関する知識は豊富な方がもちろん好ましいです。また最低限のSEOテクニックはもちろん必要ですが、しかしそれよりも記事の質を重視する事が一番重要だと私は思っています。
あなたが狙っているキーワードで検索する人が何を知りたいのかを可能な限り理解して、その人に役立つような内容の濃い良質な記事を書く事ができるかどうか、これを第一に考えて決めると良いと思います。私の場合もそれで良い結果が出ています。

例えば、「ビリヤード 初心者 キュー 選び方」というキーワードで記事を書く場合、、
※実際のタイトルを決める場合は、このように単語を並べるだけでなく、ちゃんと文章にして下さい。

そのキーワードで上位表示されているページを上から5ページ程度内容をみてみます。(もちろんPPC広告は除外します。)
何が書かれているのかを見て下さい。
1位のサイト:yahoo知恵袋の悩みと解決方法が掲載されているページ
2位のサイト:最初にキューを購入する場合のチェック事項とその説明
3位のサイト:値段による違い、選び方の基準、おすすめするキューの紹介
4位のサイト:上達のための練習方法
5位のサイト:上達のための無料講座の紹介

中にはこのキーワードとは少し内容の違う事が書かれたページも交じっていますが、これら上位表示されているページに書かれているような内容もすべて盛り込んで、更に詳しく役立つような内容のページを作っていくようにすると良い結果が得られることが多いです。
また、ページにはオリジナリティも求められてきますので、一般的な事だけでなくあなたの経験に基づくあなたの意見も必要に応じて書いていくようにすると良いと思います。

このようにしてあなたのお店のターゲットが知りたいであろう情報をブログにたくさん書いていき、その内容を見て役立ったと感じてもらう事ができれば、成約率やリピート率の高いたくさんの見込み客を効率的に集客する事ができます。

これが今現在でも私のお店でも行っているブログ集客方法となります。

しかしもしかしたら、この方法で同じようにブログ集客を実践している店長さんの中には、今一つ効果を実感できていないという人もいるかもしれません。実は、この方法だけでは足りない部分があります。それが、上述したブログ集客の目的の中の「見込み客へのショップ魅力、理念、コンセプト等の周知」及び「見込み客との関係性継続のためのリスト収集」の部分となります。

次の項でご説明していきます。

 

ブログ集客を成功させるために

前までの項で、具体的な集客ブログの作り方をご説明しました。ポイントは、いかに見込み客に役に立ったと感じてもらえるような記事をたくさん書く事ができるか、という点になります。しかし実は、ここまででご説明したような集客ブログではまだ十分ではありません。仮にあなたが書いたページに見込み客が来てくれて、記事を読んで“とても役に立った”と感じて頂けたとしても、それは単なるお付き合いの最初のきかっけでしかなりません。やはりたった一回のきっかけだけでは、信頼関係を構築する事は困難です。

そのお客様は、あなたの作ったページを見て、「役に立った、良い事を教えてもらった」と感じてくれるかもしれませんが、そのままあなたのショップ(またはブログ)から立ち去ってしまい二度と帰ってきてくれないという可能性も大いにあり得ます。
更には、役立つ情報だけをあなたのブログやお店で仕入れて、肝心の商品は他のお店で購入するという事も大いにあり得ます。ブログに集客できたとしても、それでは本末転倒ですよね。

そうならないために、更に対策を施しておく必要があるのです。
それは、先にお伝えした通り、見込み客リストの収集です。そして肝心なものがもう一つあります。それが、キラーコンテンツの作成です。

※その他、「併せてショップ内コンテンツの作成」が必要になってくるのですが、これに関してはまた別途お伝えしたいと思います。

ここでいうキラーコンテンツというものは、あなたのお店の「ターゲットの多くが知りたいと考えている情報」である必要があり、更には、「商品購入に直接結び付くような情報」である必要があります。

例えば、ビリヤードの趣味を生かしたお店であれば、「初心者のためのビリヤードキューの選び方」「失敗しないビリヤードキューの選び方」のような情報という事になります。

このようなコンテンツであれば、その情報を欲しい方は、その商品購入を検討中の方と考えられますので商品購入に直接結び付く情報である、と言えます。

何故、このようなコンテンツが必要なのかというと、せっかくブログに集客して接点を持つ事ができたターゲットに対して、あなたのお店の理念やコンセプト、そして、それに沿って厳選されたあなたのお店で紹介している商品の魅力(価値)を併せて伝える必要があるからです。

仮に商品と無関係な、ターゲットに役立つ情報だけを提供していた場合、先にお伝えしたような事態になってしまう危険性があります。
つまりターゲットは、あなたのお店を、役立つ情報を色々と教えてくれる親切なお店とは認識してくれますが魅力的な商品を紹介しているお店とは、それだけでは映りにくいわけです。

そのため、あなたのお店の商品の魅力を認識してもらうために、商品購入に直接結び付くような情報を別途、提供する必要があります。そのようなコンテンツをここではキラーコンテンツと呼びます(ちなみに私が勝手にそう呼んでいるだけです)。ビリヤードのキューを買いたいと思っている方をブログに集客して、そこで商品購入に直接結び付くようなコンテンツを提供します。もちろんその内容は、これからビリヤードを始めるためにどんなキューを選べばよいのかを知りたい方へ向けて役立つ情報でなければなりません。

ここで注意すべきことは、そのコンテンツで自身のお店や商品を宣伝してしまってはやはり嫌がられてしまうんですね。ですので、そうならないために書き方等も工夫する必要があります。

このキラーコンテンツの中で、あなたのお店の理念、コンセプト、そしておすすめしている商品の魅力を「暗(あん)に伝えておく」わけです。
そのコンテンツを読んでもらえれば、

  • 何故、あなたがそのような理念で運営しているのか?
  • 何故、そのようなコンセプトなのか?
  • 何故、そのような商品ラインナップなのか?

これらを認識してもらえるような内容にします。
そうすることで、あなたのお店や商品の魅力にターゲットは気付いてくれます。

そこまで理解してもらった上で、そのコンテンツを読んだ方があなたのお店を訪れた時に

  • なるほど、このお店はこんな理念で運営されているお店なんだ、、
  • ここならば安心してお買い物ができそうだ、、
  • 役に立つ情報も色々と提供してくれているし、このお店の店長さんならば知識も経験もあり、何よりも情熱を持って運営していそうだ、、
  • このお店は、ただ売れればいいというお店ではなく、これからビリヤードを始めたい人に対して本当に良いものを紹介していそうだ、、、

等と感じてもらえるように、理念やコンセプトが伝わるようなネットショップに構築しておく必要があります(この部分が、先ほど少しお伝えした「ショップ内コンテンツの作成」の部分となります)。更には、お店で紹介している商品自体もその理念やコンセプトに沿った一貫したラインナップである必要があります。
そこまで構築できて、お客様はあなたのお店で商品の購入を検討してくれます。

このキラーコンテンツがしっかりと作成できていれば、集客ブログで書いていく各記事の質はそれほど高くなくても大丈夫です(もちろん役立つ記事出る必要はありますが、、)。集客ブログで書いていく各ページの役目は、このキラーコンテンツに誘導する事と認識頂ければ大丈夫です。

ブログ集客を成功させるためには、このような仕組みが必要になってきます。しかし残念ながらこのような所まで具体的に説明されているネット上の記事やネットショップ集客関連の書籍はないですよね。。

そして、何故、見込み客のリストを収集する必要があるのか?
その理由は、あなたのお店のページやブログを訪れたお客様が、再度、あなたのお店に来てくれる可能性はとても低いからです。

繰り返しになりますが、ターゲットに役立つ情報を掲載したページに一度来てくれたとしても1回来てくれただけでは、信頼関係を構築していく事はやはり困難です。そのためには、何度もアクセスしてもらう必要があります。
また、一度来てくれたターゲットがそのまま商品を購入してくれるかと言えば多くはそうではありません。単に情報を得たかっただけかもしれませんし、あなたのページを見た後ですぐに他のお店に移動してしまうかもしれません。

お客様が商品を買うタイミングは、人ぞれぞれなんですね。
そのため最初に来てくれたタイミングで全ての人が購入してくれるわけではありません。その人が商品を買いたいと思うタイミングが来るまで、お付き合いを途絶えさせてはいけないんです。

つまりせっかくブログに集客したターゲットとの関係性を保つために複数回の接点を持つ必要があるわけです。そのために、そのターゲットのメールアドレスを収集しておく必要があります。
メールアドレスを教えてもらっておけば、店長であるあなたから、何度でもメールをすることができます。
もちろん、許可を得た上でメールします。迷惑メールにならないようにターゲットに対して役だつ情報のみを提供し続けるわけです。
そうすることで複数回の接点を持つ事が可能になり、あなたとお客様との信頼関係が少しずつ濃くなっていきます。
また、こちらからメールできることでお客様にあなたのお店を忘れられないで済むというメリットもあります。
そのターゲットが商品を買いたいと思ったタイミングで、あなたのお店を思い出してくれる可能性が高まるわけです。

ですので、ブログ集客を成功させるためには、見込み客を集客するための本体(つまりは集客ブログ)以外に、「見込み客リストの収集」と「キラーコンテンツの作成(併せてショップ内コンテンツの作成)」が必要になるという事になります。

つまり、ネットショップ本体、そして集客ブログを上手く連動させてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング」の仕組みを構築していくわけです。

私のWEBサイトでは、個人規模のネットショップに役立つような情報を提供してはいますが、ここでご紹介したような仕組みはネットショップの規模に関わらず、どんなお店でも構築すべき仕組みであるという事ができます。個人の方が手作りのハンドメイド商品を販売する場合でもそうですし、物販ではなく何かしらのサービスをWEBサイトを介して提供する場合にも、必ず必要な仕組みであると言えると思います。

このページでは、集客ブログの効果や作成方法についてお伝えしましたが、メルマガの方では、更に具体的な集客ブログの作り方、そしてここでご紹介したキラーコンテンツの作り方、併せて全体的な仕組みの作り方に関しても動画や静止画も使って具体的にお伝えしています。ご関心がおありでしたら下記よりご登録の上、ご活用下さい。

【検証結果】ネットショップで売れない理由 早々に改善したい6つの項目

ネットショップで売れない理由は色々とありますし、当然のことながらショップによってもその理由は異なります。
ここでは私のショップ運営経験上、売れない理由となっている項目を6つピックアップしてみました。

すぐに改善できるものもありますので、それぞれの項目についてしっかりとチェックし、自分のショップで出来ていなところから一つずつ改善していきましょう。

1.ショップのデザイン
あまりにも素人すぎるデザインのショップは、悪い意味で目立ちます。
最低限のクオリティを保つように心がけるべきです。

2.選べる決済方法
現在、複数の決済方法が選べることが当たり前となっています。
自分の選びたい決済方法がない場合、それだけで売れない原因になります。
クレジット、代引き(コレクト)、後払い、銀行振込位は、最低限選べるようにすべきです。

3.そのお店で買う理由がない
お客様が商品を購入する際は、そのお店を選ぶ理由が必ず存在ます。
つまりは他店よりも優れている何かが多ければ多いほど買う理由につながります。

4.お客様が来ない
そもそもお客様が来なければ、やはり売れません。
ネットショップの集客対策は、店長にとって必須項目です。
現在、色々な集客方法がありますので、必ず対策を施しましょう。

5.商品に魅力がない
そもそも商品に魅力がなければ売れません。
魅力的な商品を商品を紹介するためには、その商品を必要としているお客様を意図的に集客する必要があります。
そして、その商品の良さを十分に伝えるための対策も必要になってきます。

6.顧客対応が悪い
顧客対応は、やはり重要です。せっかく良い商品を紹介してもお店側の対応が悪いとお客様は去って行ってしまいます。
仮に他店では手に入らないような人気の高い商品を販売していたとしても、お客様を不可にさせるような対応をしていると、リピーターは尽きませんし、いずれは商品自体も売れなくなってしまいます。

 

【実例】誰でもできるネットショップ集客方法 最も集客効果の高かった方法

ネットショップ集客イメージ画像

ネットショップ集客の方法は色々とありますが、果たしてどの集客方法が最も効果的なのか、恐らく多くのネットショップ店長さんがそのために参考になる情報を探しているのではないかと思います。

ここでは現役ネットショップ店長である私が実際に色々な集客方法を試して、最も効果の高かった集客方法をお伝えしたいと思います。
このページでおすすめしている集客方法は、今現在でも毎日私のネットショップに継続的に質の高い見込み客を送り続けてくれている方法ですので、是非とも参考にしてみて下さい。

【このページの目次】

 

【集客関連コンテンツ】

 

ネットショップ集客の種類について

ネットショップの集客方法で代表的なものとして、ご存じの通り次のようなものがあります。
※ここでは、オフラインの集客方法については触れません。

  • SNS集客
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告
  • SEO対策
  • ブログ集客

SNS集客

SNSとは、Social Networking Serviceの略で、
その代表的なものは、FaceBook、Twitter、最近ではインスタグラム等。
このようなSNSを活用してネットショップに集客する方法を、SNS集客と呼びます。

例えば、FacebookやTwitterで知り合いやフォロワーを増やし、その場所であなたのショップのアピールをする事で、集客していくという方法です。

Twitter集客は、いかにターゲット属性に近いフォロワーを増やせるか、そしてリツイート機能による拡散力をいかに活用できるかという部分でポイントあると考えられます。
特にTwitterに関しては、若い年代のユーザーが多いため、若年層を集客したい場合には、とても相性が良いと思います。若い世代のユーザーの心に響くようなつぶやきを心がける事でリツイート率も高まります。例えばとてもユニークで他の人にも教えたくなえるような商品を販売していれば、その商品のことをつぶやく事でTwitter経由のたくさんの見込み客の集客が期待できますが、基本的にはお店の宣伝と思われてしまい逆効果になる事が多いため、多くの方が悩んでいる事等を解消できるような、役に立ったと感じてもらえるような、そして共感してもらえるようなつぶやきを行う事でより多くのユーザーにリツイートしてもらえる可能性が高まり、より効果的な集客ツールとしてTwitterを活用できるのではないかと思われます。

またFacebookに関しては、年代の高いユーザーも多いため、Twitterと比べると幅広い年代の集客にも活用する事ができると考えます。
これもTwitter同様で単なる宣伝のためのものと考えて使うと思うように集客できません。ショップの理念やコンセプト等を共感してもらえるようにコミュニケーション重視で知り合いとやりとりを継続していく事で、より効果的な集客ツールとして使う事ができるようになると思います。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleやyahoo等にお金を払って、検索結果の画面等にご自身のショップの広告を表示させて集客するというものです。
GoogleやYahooで検索をすると、通常のwebページ以外に広告が目に留まると思いますが、その部分から自分のページに集客をしていく方法です。

上手く活用するためには、ある程度のスキルや経験が必要ではありますが、ページ自体のSEO対策を施して検索結果の上位表示を狙う場合に比べ、効果的に活用する事で手っ取り早く希望したキーワードの検索結果に広告を表示させることができますので、大変便利で即効性の高い集客方法であると言えます。また広告からリンクで飛ばすページを指定できますので特定のページに短期間のうちにたくさんの見込み客を集客したい場合等にも効果的に活用できる集客方法と言えます。

需要の高いキーワードの場合、集客するためにはそれなりの広告費が必要になりますが、商品やサービスによってはそれほど広告費をかけることなく特定のページへの集客を行う事ができる場合もあります。また、例えば、リスト獲得の目的で短期間に集中して該当するページに集客をするという使い方もできます。

 

アフィリエイト広告

これは商品やサービスを紹介して収入を得ているアフィリエイターと呼ばれる人たちに自分のショップの商品やサービスを紹介してもらうという集客方法です。
独自のシステムでアフィリエイターを集めてアフィリエイト広告を出し集客するという方法もありますが、広告主とアフィリエイターを仲介するASPと呼ばれる会社を通じて広告を出すことが一般的です。
報酬額を高く設定することで数多くのアフィリエイターに自社の商品を紹介してもらう事が可能です。

DRMにおけるフロントエンド、例えば、無料お試し商品等に関心を持つユーザーを数多く集客したい時等にこのアフィリエイト広告を活用することで効果的に見込み客を集客することができます。また副業系の情報販売等に関心を持つ人を集客したい場合に、相性が良いように感じます。

またある意味変則的ではありますが、アフィリエイト自体が副業的要素を持っているため、そのような商品に関心を持つ人=アフィリエイター自体とも言えるため、アフィリエイター自体を見込み客に設定し集客をしたい場合にも活用する事ができる方法だと言えます。

 

SEO集客

自身のネットショップのページを検索エンジンの検索結果でできるだけ上位に表示させるために対策を施すのがこのSEO対策です。TOPページはもちろんそうですが、各商品ページ等に関しても見込み客が関連するキーワードで検索をした場合に、上位表示されるように対策を施していきます。上手く狙ったキーワードで特定のページを上位表示させることができれば、広告費をかけることなく検索結果から見込み客を集客していく事ができます。

SEO対策による集客を成功させるためには、基本的なSEO対策の知識、そしてライバル調査等が必要になってきます。ライバルの強くないキーワードであれば、比較的容易に上位表示を達成できることも多いため是非とも取り入れるべき集客方法だという事ができます。

現在、WEB集客にはいろいろな種類がありますが、その中でも検索エンジン経由の集客数がやはり最も多いことからこのSEO集客は必ず取り入れるべき集客方法という事ができます。

 

ブログ集客

ネットショップ以外に、ブログを構築してそのブログ経由で見込み客を集客するという方法です。使うブログは、無料のブログであったり、独自ドメインを取得してワードプレス等で構築するようなブログであったりと方法は様々です。ネットショップの場合、例えば、レンタルしているカートの機能のひとつに店長日記というブログ機能が付いている場合も多いのですが、もちろんその機能(ブログ)を活用する場合も、ブログ集客に入ります。但し、後ほどご説明しますが、店長日記=集客手段という使い方をしていない店長さんも多いので、そこはしっかりと活用方法と効果を理解して実践する必要があります。

ブログを経由して目的のページへ集客する方法ではありますが、このブログ集客も検索エンジンを介して集客する方法となりますので、そういう意味ではSEO集客と同様と言えると思います。

 

各集客方法の効果のほどはどうなのか?

以上、代表的なネットショップ集客の方法を簡単にご紹介しましたが、それでは、各集客対策の効果についてはどうなのか?現役ネットショップ店長でもある私の経験からお伝えしたいと思います。

SNS集客の効果について

FacebookやTwitter等を活用した集客は、無料でしかもとても簡単に始められますので、是非、ネットショップの集客対策に活用すべきです。

その効果ですが、リアルタイムにネットショップに誘導できるという点では、その他の集客対策にはないメリットがあります。またTwitterに関しては、拡散力も備わっていますのでそれも他の対策にはない良さであると言えます。
例えば、ブログ集客やショップ自体に対策を施すSEO対策にしても、ページを改善したり作成したりしてからその効果が現れるまでには、それなりの時間がかかります。
すでに長く運営しているショップであれば、数日で効果が出る事もありますが、仮に新しいドメインを取得して構築したブログの場合、そのブログが検索エンジンに認識されるまでに数か月かかる事が多いです。
一方で、FacebookやTwitterであれば、すでに友達やフォロワーがそれなりの数存在する事が前提にはなりますが、投稿してからすぐさまその投稿を見てくれた人をネットショップに誘導する事が可能です。
例えば、単発的に特定のページにたくさんの人を誘導したいときなどは、有効に活用する事ができます。
更には、SEO対策のように検索エンジンのアルゴリズムの変更に左右されないというメリットもあります。
そしてこのようなメリットを持つSNS集客は、ショップ開業時でも高い効果を発揮します。

通常、ショップを開業したばかりというのは、ネットショップのドメイン自体が中々検索エンジンに認識してもらえず、すぐにはお客様が来てくれないような状態にあります。しかし、SNSを活用する事で、仮に検索エンジンに認識されていないネットショップであっても見込み客を誘導する事がでてきてしまいます。そういう意味でも、このSNS集客は、是非とも活用すべき集客対策であるという事ができます。

私のショップでは、開業したばかりの頃、Twitterとアメーバブログを随分と活用させてもらいました。検索エンジンに認識されにくい開業時でも、少しずつですが見込み客を集める事ができました。 ※アメーバブログは、ブログなのでブログ集客なのでは?と思われるかもしれませんが、アメーバブログの良いところは「読者登録申請機能」にあります。これは、あなたのブログの読者になって良いですか?とそのブログの運営者に告知する事ができるという機能で、その機能を使う事で自分のショップに関心を持つであろうブログの運営者に自分のネットショップの存在を周知させることができるわけです。つまりリアルタイムに集客対策を施すことができるSNSと似たような使い方ができます。その他、「ペタ」「いいね」機能等もあり、ショップに誘導できる機能が充実していますので、是非とも活用頂きたいです。

 

 

リスティング広告の効果について

広告料を支払い、上手に活用をする事で数日でほぼ希望通りの検索結果に自身のネットショップの広告を表示させることが可能です。

先ほどのネットショップページのSEO対策やブログによる集客対策では、その効果が出始めるのにどうしても時間がかかりますので、このリスティング広告はその点手っ取り早く希望通りの検索結果ページに表示できるという意味で、いまだにネットショップの集客はリスティング広告に勝るものはないと主張される方も多いです。確かにそういう意味では効果的です。

但し、上手に使うためにはそれなりのノウハウや経験も必要ですし、競合の多いキーワードの場合それなりにお金もかかります。資金に余裕があるのであれば、チャレンジされるのも良いと思います。

少し前までインターネットビジネスで最も優れた集客方法は、このリスティング広告であるという考えを持っている人がほとんどでした(今でもそうかもしれない)。そのためネットショップにおいてもリスティング広告を上手に活用できる人が重宝されていたりしますが、私自身、自分がリスティング広告を活用した経験上、どうしても無駄が多く、あまり効率の良い集客方法ではないと考えています。

その理由は、インターネットで検索をするユーザーの特性に関係しています。リスティング広告を活用したい何かの商品やサービスを提供している企業・お店は、その商品やサービスを購入してくれるお客様を自分のショップに誘導したいと考えます。しかし、インターネットで検索して探し物をしているユーザーは、購入したい商品情報だけを探しているわけではありません。

更には、商品やサービスを提供したい会社が提供する情報よりも、ユーザーの立場から提供された情報の方をより参考にするという傾向にもあります。

仮に購買意欲の高いユーザを誘導したい場合には、リスティング広告の方が良いという考え方もありますが、購買意欲の高いユーザーほど他店と比較するためには更なる情報を欲しがる傾向にもやはりあります。またユーザーが商品の購入に至るタイミングは様々ですので、リスティング広告で誘導したタイミングで必ずしも成約に至るわけでもありません。

そのため、広告で誘導したユーザーの購入に至るタイミングまで関係性を保つために、ユーザーのメールアドレス獲得を目的としたページに誘導するという手法を用いる事で、ユーザーが商品を購入するタイミングまで関係性を保ちその商品の良さ等を伝えていく事で購入して頂くという方法を用いる場合も多いです。

メールアドレス(リスト)獲得を目的としたリスティング広告に関しては、私自身、賛成する所ではありますが、その場合でも、広告を経由して初めての接点を持つユーザーが成約に至る確率は、そうでない場合に比べてやはり低いはずであり、そういう意味で、リスティング広告は無駄が多いと言わざるを得ません。

個人的な結論としましては、資金に余裕のある場合以外は、推奨できません。

私のネットショップでは、過去にリスティング広告の専門家に指導して頂きながら、リスト獲得ページや主力商品ページへの誘導を試みましたが、その効果のほどは期待以下でした。リスティング広告の専門家と言っても全てのジャンルに精通しているわけではなく、そのジャンルの広告で効率よく見込み客を集めるためにそれなりの資金(広告費)と検証のための期間が必要になるという事を痛感しました。私のショップで期待通りの結果が出なかったのは、そこまで検証を続けるための資金に余裕がなかったことが一番の原因と考えています。つまり資金力のない個人運営のネットショップには、中々難しいという事です。そして、これはその後わかったことですが、リスティング広告よりもより成約率を高める事ができる集客方法を見つけることができたため、それ以来、ショップでリスティング広告を使う機会はなくなりました。

アフィリエイト広告の効果について

高い紹介手数料を支払う事が可能であれば、周知能力の高い、力のあるアフィリエイターにネットショップ自体、そして商品、更にはリスト獲得のためのページへの集客を依頼する事で、爆発的なアクセスを誘導する事は可能です。

しかし、それができる個人規模のネットショップはほぼ皆無と言えるのではないしょうか。
また仮に資金的にある程度の余裕があった場合でも、アフィリエイト広告のリスクは認識しておく必要があります。それは、自身のショップの事、そして商品やサービスの事が間違った内容でユーザーに届いてしまう危険性があるという事。そして、不正を働くアフィリエイターも少なくありませんので何かあった場合の対処が必要な事等を考えると、やはり個人運営のショップの場合、あまりおすすめできません。

ネットショップ運営を行う前には、様々なネットビジネスを実践してきました。もちろんアフィリエイトも経験しそれなりの成果を出しました。その経験から、アフィリエイト広告で収入を得たい人の中には、その商品のよさを自ら体感して紹介してくれる人はほとんどいないということを知っています。アフィリエイトの場合、その商品やサービスを自分のブログやWEBサイトで紹介して成約に至った場合のみ報酬が発生するという仕組みから、アフィリエイターは成約させたいがために大げさな紹介の仕方をしたりすることも多いです。その結果、自身のショップの商品の特徴がお客様に正しく伝わらない危険性もやはりあり、その場合、クレームにつながってしまったり、ネットショップのイメージを崩してしまう事にもつながります。もちろん、質の高い情報で真面目にアフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターもいますが、このようなリスクを考慮すると、特には体力のないネットショップでアフィリエイト広告を活用する事はおすすめできません。

SEO対策の効果について

GoogleやYahoo等を利用して特定のキーワードでユーザーが検索した際に、自身のショップのページを検索結果の上位に表示させるために施す対策が、このSEO対策です。検索結果の上位表示を狙うために、サイト内部のコンテンツ同士をリンクさせる内部リンク対策や、外部のサイトからの被リンク数を増やしていく外部リンク対策、その他いくつかの対策方法があります。

このSEO対策については、無理やり検索上位表示をさせようと不自然で急速な被リンクを増やしたりすることでペナルティが課され、検索結果の順位が下がるだけでなく、検索結果から消えてしまうというような危険性もありますので、知識のない方が下手に対策を施す場合には、注意が必要です。

対策方法等々、色々とあるにはありますが、要は充実したコンテンツ掲載を心がけることが一番需要な点であると考えられます。そのキーワードで検索するユーザーがどんな情報を求めているのかを想定し、そのユーザーに満足してもらえるようなコンテンツを書く事が最も効果的なSEO対策であると言えるかもしれません。

検索上位に表示されるされないは別として、あなたの作ったページは、あなたのネットショップの財産として残す事ができます。そのページが狙ったキーワードで検索上位表示されれば、広告費を使うことなくあなたのネットショップに見込み客を誘導する事が可能です。

大手ネットショップの場合等々、外部のSEO対策会社に依頼をして対策を施しているようなところも多いですが、個人規模のネットショップの場合、中々そのような資金の余裕もないはずですので、店長自らが自分で施す事ができる最低限の対策を施しておくことをおすすめ致します。

SEO対策に関しても随分と勉強し自分のネットショップでも色々と試したりもしましたが、専門業者にこの対策を依頼すれば必ずしも良い結果が出るとは限りません。むしろ、期待以上の結果が出るとは思わない方が賢明です。実は、ネットショップの場合、ジャンルによってはこのSEO対策をほとんど施していないようなジャンルもたくさんあります。そのようなジャンルのネットショップの場合、最低限の基本的なSEO対策を施すだけで競合するショップよりも簡単に自分のショップのページの方が上位に表示されることも多いです。あなたのネットショップで取り扱うジャンルの商品名、メーカー名、ジャンル名等で、検索需要の高いキーワードを調査して、そこに表示されるライバルのページを確認してみて下さい。表示されたページよりも濃い内容のページを作る事ができれば、比較的簡単にそのページよりも上位に表示される場合も多いです。このサイトでご提供している「無料講座」で推奨している方法を実践頂ければ、自ずとSEO対策が施されたネットショップが出来上がります。

ブログ集客の効果について

ネットショップのページとは別にブログを使ってネットショップと関連するあらゆるテーマでコンテンツを提供していく事でネットショップに対して様々なメリットを与えることが可能です。ネットショップと同じドメインを使ってブログを構築し、複数の記事を更新していく事でそのドメイン自体が強くなるというメリットもあります。ドメインが強くなれば、ネットショップの各ページ自体が検索エンジンでより上位表示されやすくなります。また逆にネットショップとは異なるドメインでブログを構築した場合でも、そのブログを育て、そのブログからネットショップへリンクを送る事で、ネットショップのドメイン自体がやはり強くなります。

また記事(ページ)をたくさん作っていく事で、作った記事の数だけネットショップへの入り口が増えるというメリットもあります。各記事からネットショップへ効率的に集客をするためには、ショップの見込み客の多くが検索するであろうキーワードを調査し、それらのキーワードで記事を書いていく(各記事のタイトルにそのキーワードを含める等)事で、それぞれの記事が検索エンジンで上位表示される可能性も高まります。

現在、多くのレンタルカートには、「店長ブログ」と呼ばれるブログ構築機能が備わっていますが、上述したような方法で上手に活用できている店長さんはあまり多くないように感じます。そもそも「店長ブログ」の目的を、そのショップがリアルタイムに運営されている事を来店したお客様に認識して頂くためだけのものと考えてしまうと、店長ブログで投稿した各記事が、検索エンジンからの集客に一切役に立たないものになってしまうという場合もありますので、せっかくブログ機能を活用するのでしたら、書いた記事が検索エンジンで少しでも上位表示されるような使い方をされることをおすすめします。

またこのブログ集客のメリットは他にもあります。それは、このブログを活用する事で単にネットショップへ集客するだけでなく、見込み客との信頼関係の構築、そしてネットショップの理念やコンセプト等、更には販売する商品やサービスの良さを周知する事ができるという点です。このような使い方をする事で、見込み客との信頼関係を構築しつつ、ネットショップや商品の良さを伝えながらショップに見込み客を集客していくことが可能となります。単に集客する事を目的としたブログ集客と比べ、このような使い方をすることで、成約率が高く、ファンになってくれる可能性も高い見込み客をたくさん集客していく事ができるわけです。この部分が、PPC広告等と比べて、ブログ集客がとても効率的であると感じる理由です。

そういう意味で、このブログ集客は期待以上の効果をもたらすものであると言えます。いわゆる「コンテンツ・マーケティング」と呼ばれるものですね。ここ数年、このブログ集客の効果を実感している人が少しずつ増え始めているからこそ、「コンテンツ・マーケティング」という言葉も有名になりましたし、それを専門でサポートするような会社もいくつか存在します。しかしネットショップで十分にこのブログ集客方法を生かしている店長さんは、残念ながらまだまだ少ないと感じます。

私のネットショップでもショップへの集客方法として、このブログ集客を早い段階で取り入れたため、PPC広告等の有料の集客を一切使うことなく、それ以上の効果の高い集客を行う事ができております。成約率が高く、リピートしてくれる確率の高い見込み客を選んで集客するためには、ブログに、単にセール情報や商品情報を書いたり、休日の店長の一日を書いたりしていてはいけません(もちろん一切ダメとは言いませんが)。効果的にブログを活用するためには、あなたのネットショップのターゲッ トがどんなことに悩んでいるのか、何を欲しているのか等々を理解し、そのターゲットに役立つよう な、共感してもらえるような記事を書いていかなければなりません。また商品を単に紹介するのでは なく、何故、その商品をおすすめしているのか、どんな悩みを解決できる商品なのか、誰におすすめ したい商品なのか、何故、自分のネットショップでこの商品を紹介しているのか等々を丁寧に説明して、ネットショップの理念やコンセプト等を読む人に暗に伝えていかなければなりません。

 

 

ネットショップで実際に効果の高かった集客方法とは

ここまで、ネットショップの集客方法とその効果について、自分のネットショップ運営の経験からお伝えしてきましたが、ここでは実際に効果の高かった集客方法をお伝えします。念のためお伝えしておきますが、私のネットショップは個人規模(小規模)で人員も資金も十分にないネットショップです。ですので、そのようなショップで効率的に集客をするために効果の高かった方法という事になります。

私のネットショップで実際に効果の高かった集客方法は、次の3つです。

  1. SEO対策(YouTube集客含む)
  2. SNS集客
  3. ブログ集客

その中でも、継続的に安定して質の高い見込み客の集客に最も貢献しているのは、「ブログ集客」という事になります。以下、それぞれ説明します。

1.SEO対策

私のショップでは、必要最低限のSEO対策しか施していません。しかし、大きな効果が出ています。そのため、効果の高かった集客対策としてこのSEO対策もここに位置づけました。その効果とは、特定の商品の商品名やモデル名で検索結果の上位に表示されているという部分です。また、商品ページだけでなく商品の良さをお伝えするためのコンテンツページについても狙ったキーワードで上位表示されています。高いお金を払ってSEO対策会社に依頼しているわけでももちろんありません。

このような効果が出ている理由は、多くの競合店で最低限のSEO対策を施していないからだと考えられます。ネットショップのジャンル等によっても異なりますが、この最低限のSEO対策を施していないネットショップは、かなり多いです。それは、資金力のある法人運営のネットショップでも同様です。何故、最低限のSEO対策を施すことができていないのかというと、恐らく、それらの対策を専門業者やレンタルカートの集客対策等に依存し過ぎており、店長自身の勉強不足、経験不足によるものではないかと考えています。

例えば、SEOの知識が少しでもある店長さんであれば当たり前の事ではありますが、ネットショップに商品を登録する際、その商品名(タイトル)にまでこだわっている店長さんは案外多くないと感じます(その商品を欲しているユーザーがどのようなキーワードで商品を検索するのか等)。また、例えば、カラー、サイズ、モデル違い等々バリエーションのある商品について、カートのバリエーション選択機能を使って1ページにまとめるべきか、あえて、バリエーション機能は使わず、それぞれ別の商品として1ページずつに登録するべきか等まで考えて商品登録をしている店長さんがどれほどいるでしょうか?恐らく、そこまで考えている店長さんは、それほど多くはないと考えられます。

またSEO対策の専門業者に依頼した場合でも、そのような部分にまで対策を施してくれる業者は、残念ながら多くはありません。レンタルカートに付随する集客対策ツール等も、これらの部分にまできめ細かく対応できるツールはありません。

その理由は、このようなSEO対策というのは、そのネットショップのジャンルや業界、ユーザーの心理等にある程度精通している必要があるからです。もちろん、知識のない人でもリサーチをすることである程度の予測もたちますが、残念ながらその部分まで立ち入ってサポートをしてくれるSEO対策業者は多くありませんし、レンタルカートの集客対策(独自モールやアフィリエイト機能等)については、単なるツールでしかありません。

そのため、ショップの店長自らが最低限のSEO対策を施すことで、高い効果を期待できるわけです。これに関しては、SEO対策を自ら施したことのある経験者であれば、本当に基本的な所ですので、知っているかどうか、という部分になります。お金ももちろんかかりませんし、手間もかかりませんので、対策しない手はないですね。多くのネットショップ運営者が施していない最低限のSEO対策ですが、ここで細かく説明するとかなりのボリュームになってしまいますので、具体的な事はここでは割愛します。また別の記事や、個別のサポートでお伝えしたいと思います。

そして、YouTubeを活用したSEO対策ですが、これも今のところ活用しているネットショップはほとんどありませんので、現状、やればやるほど効果が出ます。具体的な対策の施し方に関してはこのページでは割愛しますが、上述したショップページのSEO対策同様に、多くのネットショップでYouTube集客を活用しているネットショップはまだまだ少なく、しかもその対策を施す事に大きな手間ももちろんお金もかかりませんので、是非とも取り入れて頂きたい集客方法という事ができます。

 

2.SNS集客

SNS集客に関しては、実は、私がネットショップをオープンした数年前には、その集客方法についてほとんど知識を持っていませんでした。しかし知識のない当時の私が、見よう見真似でチャレンジした集客であっても、それなりの効果を発揮してくれました。私が当時、活用して効果を実感したのは、上述した通り、アメーバブログとツイッターです。ネットショップ開業当初は、ご存じの通り、検索エンジン経由の集客はほとんど期待できません。もちろん広告を出せばそれなりの集客はできますが、個人運営の私にはそのような資金の余裕もありませんでした。そのため、開業時にネットショップに見込み客を集めるためには、アメブロやツイッター等のSNSを活用するしか方法がありませんでした。見よう見真似でこれらの機能を使って集客したのですが、期待以上の効果がありました。

少しずつですがネットショップへのアクセスを上げていき、実際にお客様とのやり取りを行いながらネットショップ自体を強固なショップに改善していきました。今思えば、ショップ開業時に仮に大きなお金をかけてたくさんのアクセスを流し込んでいたら、逆にネットショップにとってはよくない状態になったのではないかと考えています。その理由は、開業当初のショップの状態というのは、多くの見込み客を満足させることができるような状態にはない事が多いからです。実際に運営を開始し、お客様の反応を見て、場合によってはコンセプトも修正する必要がある場合もありますし、商品ラインナップに関しても若干、変更が必要な場合もあります。つまり開業当初は売れるネットショップにはなっていないわけで、その状態でいきなりたくさんのお客様が来店してくれても、ネットショップに関心を持ってくれずに即座にページを閉じられてしまうばかりではなく、個性や魅力のないネットショップであると認識されてしまうというデメリットさえあると考えています。

とは言いましても、少しずつでも集客をしていかなければお客様の反応もわからないため、ネットショップの改善もできません。そのため、ショップオープン当初でもやはりアクセスアップを図っていく必要があります。その時に、大いに役に立ったのがこのSNS集客でした。お得意様が定着するまでの間、随分と役に立つ集客ツールですので、是非、積極的に活用されることをおすすめ致します。

 

 

3.ブログ集客

ブログ集客は、実際に私のネットショップの集客手段の要となっています。ショップのページ自体の最低限のSEO対策を施す事はもちろんですが、ネットショップのページではどうしても商品情報が主なコンテンツになってしまいますので、成約率やリピート率の高い見込み客の集客を行うという意味では、それでは十分とは言えません。もちろん、買う気満々のお客様に対して、検索エンジンから商品の紹介ページにダイレクトで訪問頂く事は悪い事ではありませんが、私のこれまでの経験上、いきなり商品ページを訪れたお客様よりも、ネットショップのジャンルに関連する、お客様に役立つようなブログ記事を見てからショップを訪問してくれたお客様の方が、成約率・リピート率ともに高い印象を受けます。

そういう意味で、見込み客に対して役に立つような情報を提供していくブログ集客は、見込み客となるお客様との信頼関係の構築ツールとも言えると思います。信頼関係を構築しながら尚かつ集客もできるという大変優れた集客方法であると考えています。

このブログ集客方法を上手に活用する事で、あなたのショップ自体のコンセプトや魅力、そしてあなたのショップで紹介する商品の魅力を自動で継続的に周知し続けてくれる仕組みをインターネット上に構築する事ができます。そのような仕組みを構築するためには、すでに少し触れましたが、ネットショップ自体が現在でも営業している事をアピールしたり、店長の人柄を来店者に示し安心感を与えるといった表面的な目的のみをブログの目的とは理解せず、もっと根本的な部分で見込み客となる人たちに共感をしてもらうためのツールであると認識し、更には、検索エンジンの検索結果でもできるだけ上位に表示させるための対策等も十分に考慮しつつ集客ブログを構築していく必要があります。

特に資金力の乏しい個人運営のネットショップにとって、このブログ集客は、強力かつ最も効果的な集客手段になり得ますので、是非ともフル活用されることをおすすめしたいと思います。ネットショップにおける集客ブログの具体的な作り方は次のページでご説明しています。→ ネットショップのブログ集客

 

 

それでは、どのようにブログを活用すれば、ネットショップに効率的に見込み客を集客できるのかということになるのですが、その部分をご説明するためには、ネットショップの構築方法(ターゲットやコンセプト設定等々から)自体に大きく関わってきますので、「はじめに」から読み進めて頂き、「事前講座」に是非、取り組んで頂ければ幸いです。ネットショップに効率的に集客するためには、ターゲットの設定が必須です。

 

ネットショップに集客するだけでは駄目!その他にやるべき対策

さて、ここまで実際に効果の高かったネットショップの集客方法をご紹介してきたわけですが、そもそもネットショップにとって、集客すること自体が目的ではありません。私たちネットショップの店長の目的は、ショップに集客する事ではなく、商品やサービスを購入してもらう事、さらに言えば、1回だけ購入してもらうのではなく何度もリピートして購入してもらう事であるはずです。継続的に安定して売り続けることができるネットショップにするためには、そこをしっかりと認識しておく必要があります。

確かにアクセスがなければ(集客できなければ)、何も売れることはありません。しかしながら、アクセスがあっても売れないものは売れません。まずはそれ以前に、お客様が来てくれさえすれば購入してもらえるネットショップを構築しておく必要があります。(厳密にいえば、その商品やサービスに関心を持ってくれるお客様を意図的に集客する必要があります。更には、リピートしてくれるようなあなたのショップの理念やコンセプトに共感してくれるお客様を意図的に集客する必要があります。)集客さえあれば何でも売れる、というの大きな誤解であると認識すべきです。

 

ブログで集客する方法

ネットショップへの集客方法は色々とありますが、私のこれまでのショップ運営経験から一番おすすめしたいのはブログ集客です。

ブログ集客と言っても、アメーバブログ、無料ブログ、ワードプレス等々がありますが
その中でもワードプレスを使ったブログ集客をおすすめします。

もちろん、できることでしたら、アメブロ、無料ブログ等々もすべて活用するべきですが、特に個人運営のネットショップの場合、やはりやれることには限界があります。

アメーバブログに関しては、読者登録機能等が付いていますので、特に開業したばかりのネットショップにおいては有効活用すべきですが、投降した各記事が将来にわたって自分のショップの集客システムとなってくれるという意味では、ワードプレスを活用したブログで集客をされることをおすすめします。(関連記事:開業したばかりのネットショップにお客様を集める方法

またワードプレスを利用する事のメリットは、投稿のしやすさ等の使い勝手の良さと、管理のしやすさ、デザインの豊富さ等々、色々とありますので
ご自身のショップへブログを使った集客を行いたいと検討されている方は、是非、ワードプレスで行われることをおすすめしたいと思います。

ブログを使った具体的な集客方法に関しては、「講座」その他でまたお伝えしますので、ここでは簡単にご説明します。

ご自身のショップのジャンル、そしてターゲットとなる見込み客に役立つような情報をたくさん投稿していく事で、あなたのショップへの入り口がそれだけ増える事になります。
基本的にインターネットでお買い物をしたという方は、単に商品だけを探しているわけではなく、参考になる情報をも探しています。

そのため、そのような見込み客に対して役立つような情報を提供し満足してもらう事で、そのブログはもちろん、あなたのショップ自体の信頼性をも高めることが可能です。

また、ブログ自体が巨大な媒体となり強いパワーを持つようになると、そのブログからリンクしたあなたのショップにもSEO用上、有利に働きます。
もし、ショップのドメインのサブディレクトリとして、ブログを運用する場合には、ショップのページ自体がたくさん増えていく事になりますので、ショップドメイン自体強くなり、やはりSEO上、有利に働きます。

そのような意味でも、ブログで記事を更新していく事は、売れるショップづくりにかかせないものであると考えています。

しかしながら、色々なネットショップのブログを見る限り、この大変有効な集客システムとなり得るブログ自体を、上手に活用しているショップはそれほど多くはありません。

私の感触では、例えば、PPC広告等の有料での集客方法よりも、ここでご説明したようなブログを活用した集客方法の方がより良い結果を出しています。

有料広告の場合、商品名等のキーワードで集客するため、その商品自体に関心を持つ人がショップへ訪れるわけですが、ショップに来てくれた時点でよほど強烈なコピーがある場合や、イメージに残るようなインパクトのある画像等がなければ、すぐに立ち去ってしまう事の方が多いように感じます。

一方で、情報を探している人が役立つ記事にたどり着いた場合には、そこに書かれた文章をそれなりに読んでくれる傾向があると感じます。その結果、仮に役立つ情報がそのブログに書かれていた場合、ある意味、少し信頼感を感じて頂いた状態でのショップ訪問となりますので、広告をクリックしていきなりショップに訪れる人と比べ、ショップ自体のコンテンツをより丁寧に見てくれる傾向にあると感じます。

そういう意味でも、ブログ集客はネットショップ集客にとても向いている集客方法だと考えられます。

関連記事もご覧ください。

ネットショップにおけるブログ集客の方法

ネットショップの集客方法

 

質の高い見込み客のリストを自動で集める方法

自分のショップに関心を持つお客様のメールアドレスを
獲得する事の重要性は、多くのネットショップ店長さんが
認識しています。

そこで、多くのショップでは、
来店頂いたお客様に対して
メールマガジン登録を促すことを行っています。

そして登録してもらったメールアドレスに対して
メールマガジンを配信して販売促進をします。

この方法ももちろん悪くはありませんが、
私のショップではあえて行っていません。

その理由は、
あまり効率的なリストの収集方法ではないと
考えているからです。

そもそも来店頂いたお客様の中には
大きく分けて2種類のお客様が存在します。

それは、

買わずに去ってしまうお客様

商品を購入してくれたお客様

です。

買わずに去ってしまうお客様が
そのお店のメールマガジンに登録してくれる可能性は
とても低いと考えています。

そもそもメールマガジン登録のページに
たどり着くこと自体ほとんどないはずです。

そうなると必然的に、商品を購入頂いたお客様が
メールマガジンの配信先になる事が多いと思いますが
商品を購入頂いたお客様のメールアドレスは、
購入頂いた時点ですでにショップに残っていますので
見込み客のリストを新たに収集するという目的としては
メールマガジンは有効とは言えません。

そこで、自分のショップの存在を知らない見込み客を、
積極的に収集するための仕組みが、別途必要になります。

そして収集する見込み客が、あなたのショップのコンセプトや理念に
共感してくれる見込み客リストを収集する事ができれば
尚よいという事になります。

私のショップでは、来店客に対して
いわゆるメールマガジンの配信は行っていませんが、
その代り来店していない将来の見込み客に対して
ショップとは別のブログ等を通じて働きかけを行い、
そのリストを収集しています。

そこで収集したリスト(お客様)は、
私のショップに関心を持つ属性であることはもちろんですが、
その中でそのブログ等を通じて私のショップを来店までして頂けるお客様は、
その時点で、私のショップのコンセプトや理念に共感して頂ける
タイプのお客様ばかりになるように工夫しています。

そのような仕組みを構築しておくことで、
ネット上からいつでも自動で、
自分のショップに関心がありかつ
自分のショップのコンセプトや理念に共感してくれるような
将来的にファンとなってくれる可能性の高いお客様、

つまりは質の高い見込み客だけを
ショップに集客することができます。

その結果、
問い合わせの数も増えます。

そして、ショップに来店頂く前に、お客様の属性を絞り込んだうえで、
特定の商品を紹介しますので成約率も上がります。

更には、属性を絞り込んだお客様が
紹介する商品を使う事で、期待以上の価値を感じてくれることが
事前にわかっていますので、商品購入後のお客様の満足度も高く、
結果的に、購入頂いた多くのお客様がレビューを送ってくれます、

そして、リピート購入をしてくれるという
良い流れにつながっています。

このような良い流れを作る事ができる理由は、
集客段階からお客様の属性を絞り込み、
そして、特定のお客様に対して、価値の高い商品を
紹介することができているからだという事ができます。

このような仕組みを一度でも構築しておく事で
自動で質の高い見込み客リストを収集する事ができます。

リピーターとなってくれるお客様を集客する方法

ネットショップ運営にあたり、一番重要なのは
集客であるという考えを持っている方は少なくありません。

参考:ネットショップの集客方法

私は必ずしもそうとは考えませんが、
確かに集客できなければ、そもそも商品を売る事はできません。

しかし集客したお客様の全ての方が
購入してくれるわけではありません。

更には、全ての方が
リピートしてくれるかどうかも限りません。

そのためできるだけたくさんのお客様を
ショップに集客したいと考えます。

しかしもし、集客する段階から、
購入してくれる可能性が高く、
更にはリピートしてくれる可能性の高い
お客様を選んで集客できたとしたらどうでしょうか。

もしそれができれば、
とても効率よく集客できるのではないかと思います。

このWEBサイトでおすすめしているネットショップの構築方法は
その部分も十分に考慮しています。

そのため、来店してくれたお客様が
比較的高い確率で購入してくれますし、
高い確率でリピートしてくれます。

もしかしたら
そんなことはできないのではないかと思われるかもしれませんが、
それほど難しい事ではないと考えています。

その理由は、基本的にはターゲット設定とコンセプト設定を明確にし
自分のショップに共感してくれそうなお客様を
選んで集客するという、極めて当たり前の事しか
していないからです。

更には、その精度を高めるために、
いきなりショップに来てもらうのではなく
その前に信頼関係を構築するための媒体を介して
その後でショップに来てもらうような工夫もしています。

しかし、このような基本的な考え方に基づいて
集客をしているネットショップ自体が、
もしかしたら現状、少ないため、上記のような集客方法が
難しく感じられるのかもしれません。

このような集客方法で私が意識しているのは、

集客するお客様との信頼関係の構築

ご提供する商品の絶対的な品質(価値)の高さ

です。

これを意識して集客し商品を販売する事で
高い成約率とリピート率を実現させることが
できるものと考えます。

そして、このような考え方で、
商品を販売していくことで、
たくさんのレビュー(お客様の声)が集まりだします。

そこで獲得した第三者の客観的な評価を
初めて来店頂いたお客様に十分に伝えていく工夫をする事で
更に成約率が高くなっていきます。

 

集客するお客様との信頼関係をどのようにして構築するのか

これに関しては、集客する対象を商品を購入したい人と
捉えるのではなく、
何かしらの悩みや問題を解決したい人と捉えます。

そして、集客した悩みを持った人たちに対して
その悩みの解決に役立つ情報をまずは提供していきます。
そこで、集客したお客様が役に立ったと感じてもらう事ができれば
その段階で、少し信頼をしてもらえるようになります。

更には、特定の商品を購入したい人を集客するのではなく
特定の悩みを持っている方を集客します。

その方々に役立つ情報を提供する事で、
信頼関係が芽生え始めます。

そのための対策としておすすめするのはブログ集客です。
→ ネットショップにおけるブログ集客

 

ご提供する商品の絶対的な品質の高さ

高い確率でリピートしてもらうために最も高い効果を
発揮するのは、やはり提供する商品の品質の高さです。
価値の高さといった方がわかりやすいかもしれません。

ショップで提供される商品やサービスの価値の高さを
認識してもらう事ができれば、
高い確率でリピートしてくれます。
その価値が他店にないものであればあるほど、
もちろん価値は上がります。

価値を感じてもらうためには、
提供する商品の良さが、誰に対して最も伝わるのかを認識し
その価値が最も伝わる方に適切に紹介する必要がります。

そこさえしっかりと意識して
集客と商品の販売をすることで
効率よく見込み客を集客し、
喜んで購入して頂き、
更に購入者の多くがリピートしてくれるような
ネットショップを構築する事ができると考えます。

このサイトでは、このような効率的な集客と商品の販売方法を
可能とするようなショップ構築方法をご紹介していますので
是非とも参考にして頂ければと思います。

ネットショップで一番重要なのは本当に集客?

ネットショップ運営で最も重要なものは何か?

それは集客である、、

とよく言われます。

確かに私も集客は、とても重要だと考えます。
(参考:ネットショップの集客方法

しかし、集客だけに力を入れても
決して売れるようにはなりません。

集客する前に、売れるページ、
売れるショップを作りこんでおく必要があります。

つまり、集客に力を入れるのは
その後の作業であるべきだと、私は考えます。

その理由は、
どんなにたくさんのお客様があなたのショップに来てくれても

  • どこにでもあるような商品が陳列されているだけ、、
  • コンセプトも理念もない(あっても見えない)、、

という状態では、
あなたのショップはどんなショップなのかがわからないため
お客様は興味を持ってくれません。

その結果、すぐに帰ってしまいます。

そのため、どれだけショップに集客しても
問い合わせも、購入もしてくれません。

これでは元も子もありません。

そうならないためには、
せっかく来てくれたお客様に対して

  1. どんなコンセプトでどんな理念を持ったショップなのかを伝え
  2. 興味を持ってもらい
  3. ページ内の色々なコンテンツを見てもらい
  4. 販売する商品自体にも関心を持ってもらう

必要があります。

ですので、とにかく集客が必要、、
売れないのは集客数が足りないから、、

という考え方には
気を付けた方が良いと思っています。

ショップを開業して中々売れないという悩みをお持ちの店長さんの多くは、
何故かショップへの集客数が足りないから売れないんだと考えがちです。

恐らくその理由は、ショップへのアクセス数というのは
目に見える部分だからだと思います。
アクセス解析のページで確認すればすぐにわかります。

しかし、売れるネットショップ構築や運営で重要な部分というのは
実は目に見えない部分だということができます。

そのため、簡単にはその原因を突き止める事ができず
どのような対策を施すべきなのかがわかりにくいものなんです。

その結果、多くの店長さんは、目に見えるアクセス数ばかりに
気を取られてしまう傾向にあります。

また、ネットショップ運営に関する数多くの書籍や
インターネット上にあふれている情報の多くは、
売れるネットショップ構築のためにたくさん集客する事の
重要性ばかりを語っている傾向にもあると感じています。

結局のところ、
売れない原因というのはショップによって様々であり
その原因を特定して伝えることが困難だからだと思います。
一方で集客に関しては、どのショップについても共通する
とてもわかりやすい売れない原因であるという事ができます。

このページを読んで頂いているあなたは、
集客不足が原因と考える前に、
まずは、自分のショップが上述したようなショップになっているかどうか、
それを確認して頂きたいと思います。

お客様に信頼して頂き、関心を持って頂く、
そして商品を購入頂きお客様の役に立つ、

そのようなショップを構築してさえいれば、
少ない数のお客様でも売り上げは上がります。

そのような状態になった後で
集客にも積極的に力を入れることで
良い結果を出すことができるはずです。

(関連コンテンツ:ネットショップに効率的に集客するコツ

開業したばかりのネットショップにお客様を集める方法

開業したばかりのネットショップには
当然、お客様は誰一人集まりません。

オープンさせた後は、
コツコツと色々な方法で集客する必要があります。

実店舗の場合、
チラシ配り、電話、お手紙、雑誌広告、新聞
等々の地道な集客を行う事になると思うのですが

幸いネットの場合、
集客のための便利なツールが色々とあります。

当サイトでおすすめするショップ構築法でも
それらの各ツールを効率良く活用していくための方法を
ご紹介していますが、

ここでは即効果のある宣伝方法をご紹介したいと思います。

ネット集客の代表的なものとして、
SEO対策(検索エンジン対策)が挙げられます。

見込み客となるお客様が検索エンジン経由で
ショップに来てくれるように対策を施します。

この方法は、とても有効で
具体的な対策法に関しては、当サイトでも
別途お伝えしていきますが、

検索エンジン対策には、その効果が現れるまで
少し時間がかかりますので、
開業したてのネットショップに見込み客を集客する場合、
良い対策とは言えません。

そこで開業したら是非、やって頂きたいのは
アメーバブログやツイッター等の活用です。

アメブロには読者登録申請機能という便利な機能があります。

ショップのアメブロを開設し、そのアメブロから
ネットショップの方へ誘導できるようにしておき
そのアカウントで、見込み客となり得るお客様に対して
「読者登録申請」を行う事で、
あなたのショップの周知活動ができます。

私も実際に、ショップを開業したばかりの頃は
実践していましたが、良い結果が得られました。

また、即効性のあるものとして
ツイッターの活用もおすすめ致します。

ツイッターは、アメブロと比べ、
拡散力も期待できます。

同様にツイッターアカウントを開設し、
ツイッターのプロフィールページ等から
あなたのネットショップへ誘導できるようにしておくことで
ショップの周知活動を行う事ができます。

アメブロもツイッターも、
開業してまだ間もないネットショップに
アクセスしてもらう方法として
おすすめできる方法です。

但しひとつ注意点があります。

それは、
ネットショップに来てもらっても、
ターゲットとなる見込み客が共感できるような内容に
なっていなければ、意味がありません。

まずは、あなたのショップのターゲットとなるお客様に
共感して頂けるようなショップの構築から始めることをおすすめします。

関連記事:ネットショップの集客方法

商品数が多い方がネットショップは成功しやすいのか?

一般的にネットショップで成功するために
商品数をとにかく増やしましょう、、、

ということが言われたりします。

 

確かにそれは一理あると思いますが、
必ずしもそうすべきではないと思います。

 

そもそも、何故、商品数が多いネットショップが
成功しやすいと言われるのか?

 

それは、ショップ内の回遊率を上げることであったり
安定した売り上げを維持する事だったりすると思いますが、
一番の理由は、
検索エンジン経由での来店数がたくさん期待できるから

そして、商品数が多ければ、

単純に売り上げも上がるから、
であると考えられます。

 

 

ネットショップへ来店するお客様の多くが、
特定の商品名やカテゴリ名等で検索エンジン経由で来店されます。

 

そのため、商品数が多いという事は、
それだけショップへの入り口が増えると言えます。

 

特に大手ショッピングモールの安売り店等に多いと思いますが、
毎日、数百単位の商品をたくさん登録する作業を行っています。

 

たしかにどこよりも安い値段で、商品を提供しているようなショップの場合、
来てもらえさえすれば、購入してもらえる可能性が高いわけですので
その考え方もありだと思いますし、実際にそれで成果をだしていると思います。

 

但し、私たちのような個人規模のネットショップでは、
そのような安売りはできませんし、
そもそも値段の安さのみで購入されるお客様は、歓迎もしていません。

その理由は、別のページでもお伝えしている通り

安売りでは大手ショップに太刀打ちできませんし、

価格の安さを一番に考えるお客様は、

あなたのショップのファンにはなり得ないからです。

 

そのため、何でもかんでも商品数を増やせばよいという対策は、
あまり賢い方法ではないと考えます。

 

しかしながら、商品数が例えば5個~10個程度しかない場合、
商品名等での検索エンジン対策は、不利になる事は否めません。

 

それではどうすれば良いのか?

 

それに関しては、各仕組み構築法で具体的にお伝えしていきますが、
数少ない商品数でも複数の集客手段で対策を施したり、
商品以外のコンテンツを充実させることでショップへの入り口を増やす
等々の方法が考えられます。

 

このように、
少ない商品でも集客する方法はありますし、
売れるネットショップを構築する上で、
商品数のみにこだわる必要は全くありませんので
そこはひとまず気にすることなく、
ショップの構築を進めて頂ければと思います。

ネットショップのアクセス数を増やすと売り上げも上がるのか?

ネットショップで商品が売れない、、

問い合わせもない、、、

 

そんな時、多くの店長さんは、

恐らくアクセス数が少ないから

と考えるのではないでしょうか。

 

もちろん、アクセス数があまりにも少なければ

ショップの事を知ってもらう事もできませんので

商品は売れません。

 

これは特に開業したばかりのネットショップの場合、

そのような状況にあるものと思われます。

 

確かにこのような場合には、アクセス数を増やす対策を

施すべきだと思います。

 

しかし、そこそこアクセスがあっても売れないという場合は、

もっとお客様を増やせば売れるという考え方は

私はおすすめ致しません。

 

その理由は、自身のショップに関心を持ってくれそうなお客様が

そこそこでも集まってくれていれば、

売れないにしても問い合わせがあったりするものだと思うからです。

 

そもそも売れるショップが構築できていない限り

どんなにアクセス数を増やしたところで、

来店したお客様は、何もせずにそのまま帰ってしまいます。

 

売れないのはお客様の数が少ないから

何とかして集客をしたいと考える店長さんは

もしかしたら、お金をかけて広告を出すことを考えるかもしれません。

 

しかし上述しました通り、

 

ショップ自体が売れる状態になっていない段階で、

どんなにアクセスを増やしたところで

やはり売れないものは売れません。

その場合、そこにかけたお金を労力が

全く無駄になってしまいます。

 

そうならないために、

 

まずは、少ないアクセスでも反応が取れるような

売れるショップの構築から

スタートされることをおすすめしたいと思います。

 

私の経験上そのためには、ショップのコンセプトを明確にして

ターゲットとなるお客様に共感してもらえるような

ショップにしなければなりません。

 

そしてそのようなお客様を意図的に集客し、

来店してくれたお客様に共感して頂けるような

ショップに構築しておかなければなりません。

 

コンセプトが明確でないショップは、

お客様の印象に残りませんし、

そのお客様があなたのショップを選ぶ理由が

見つけられません。

 

そして、コンセプトを設定するためには

どのようなお客様をターゲットにするのか、

まずはそれを明確に決める必要があります。

しっかりとターゲットを設定し

そのターゲットに向けた魅力的なコンセプトを

打ち出す事ができれば、

その後はアクセス数を上げることで売り上げを

どんどん伸ばしていくことが期待できます。

 

その具体的な方法に関心がおありでしたら

はじめに」から読み進めてみて下さい。