成約率を高め売り上げをアップさせる通販ショップの商品数の増やし方

先日別の記事で、商品数が少ないことは決して悪いことではなく、闇雲に商品数を増やす事はむしろ逆効果になる場合もある事をお伝えしました。
(参考:ネットショップの商品数が少ないので売り上げが伸びずに困っている

その理由は、商品数の多さだけが売りお店は商品数が多いだけのお店と思われてしまう危険性があるからです。
つまり、会社やお店のコンセプトやターゲットが不明瞭になってしまう危険性があるからですね。

しかしもちろん商品数が多いメリットもたくさんありますので、ここではどうすれば成約率を高め売り上げをアップさせるような商品の増やし方ができるのか、について書いてみたいと思います。

  1. ターゲットを明確にする事
  2. そのターゲットの悩みや欲求を調査する事
  3. その悩みや欲求に応えられる商品を増やす事

ターゲットを明確にする事

この部分はネット販売をスタートする際に必ず必要となる部分ですので、すでにできているのではないかと思われます。
ターゲットが明確でないと、そもそも集客することすらできません。
同じような商品を販売しているたくさんの会社の中で、お客さんに自社販売サイトを見つけてもらうことすらできません。
ネット販売を行うにあたり、商品数が多いとその分、検索エンジンから見込み客が流入する可能性も高まりますし、売上もやはり伸びる傾向にあります。
但し、見込み客を集めたいから、売上を伸ばしたいからと自社のターゲットの役に立たないような商品を増やしていっては、自社の強みやコンセプト等も不明瞭になってしまいます。
結果、これまでの自社の良さが失われていきすでに付いているファンも失ってしまうという危険性もあります。
そのため、当初明確にしたターゲットが一切関心を示さないような商品を増やす事はおすすめできません。

そのターゲットの悩みや欲求を調査する事

自社のターゲットが何に悩んでいるのか?どんな欲求があるのかを改めてリサーチしてみましょう。
すでに自社のターゲットの悩みが既存の自社商品で解消されているという場合には、ターゲットを完全に変えてしまうのではなく少し間口を広げるという方法はありです。
また、ネット販売をしていく中で自社のターゲット(見込み客)とのやり取り等から、これまでは自社では気が付かなかった悩みや欲求に気が付く事も多いです。
その情報はとても貴重な自社の財産となりますのでしっかりと自社ショップに反映させていくようにしましょう。

その悩みや欲求に応えられる商品を増やす事

既存客とのやり取りで新たに知り得たお客さんの悩みや欲求、更には少し間口を広げて新たに知り得た見込み客の悩みや欲求に対して、その解決に役立つような商品を新たに追加していきましょう。
この順番で商品を増やしていけば、あなたの会社の見込み客に喜ばれる、そんな商品を増やしていく事ができます。
同時にあなたの会社のコンセプトもぶれることはありません。
この順番で商品を増やせば増やすほど、あなたの会社のお店の信頼度も高まりますし、リピーターも増えていくはずです。
大切なのは、ターゲットを明確にする事、ターゲットの悩みや欲求を更に知る事、ですね。
決して儲かるからといって会社やお店のコンセプトと整合性の取れないような商品を増やさない事です。

有料級の無料メルマガ

WEBが苦手な中小企業のためのネット集客/売上アップ通信


「コストをかけずに継続的にネットから見込み客を集客する方法を知りたい」「自社HPからの問い合わせを増やしたい」「コストをかけずにネットで新規の継続的な売り上げを作り出したい」「自社オンラインショップの売り上げを伸ばしたい」等でお悩みの会社の社長様、もしくは担当社員様のための動画メルマガです。是非ご活用ください。
ネットから成約率の高い見込み客を集客し最短半年で年間3,000万円以上の新規売上を作り出したネット販売の極意をお教えいたします。
※お申し込み後のしつこい営業等は一切行いませんのでご安心下さい。