ネットショップの集客力の比較は実は無意味

ネットショップ集客力の比較

ネットショップを開業するにあたり、どのショッピングカートを選ぶべきか、どのモールに出店するべきか、お悩みの方も多いと思います。
その際、良く判断基準にされるのが集客力です。
もちろん、集客方法のひとつとしてSEO対策のために必要となる機能が備わっているかどうかに関しては、しっかりとチェックすべき事ではありますが、
各カートやモール自体が有する媒体としてのパワーを集客力の判断基準とする場合には、実は、あまり意味がありません。
このページでは、現役ネットショップの店長である私が自らの経験から、何故、集客力を比較する事が無意味なのかをご説明したいと思います。

このお話をするためには、まずモール出店のお店と独自ドメインを利用したショッピングカートを使ったお店とで分けて考える必要がありますので、それぞれ分けてご説明していきたいと思います。

モールに出店する場合

代表的なショッピングモールとしては、楽天市場、Yahooショッピング、Amazon等が該当します。
それらのショッピングモールは、知名度が高く、現在、数多くの顧客を持っていますので安心感もあります
そのため、ユーザーによってはわざわざ自身の気にいったショッピングモールの中で欲しい商品を探して購入する方もおられます。
出店しているモール自体に安心感があれば、開業したてのお店であっても売れやすいとも言えます。
そういう意味では、それらのモールに出店する事で、それなりのメリットももちろんあります。

しかし、そのようなメリットを指して一概に集客力が高いとは言えません。
その理由は、それらのモールに出店したからと言って、自分のお店にお客様が来てくれるのかと言えばそうではないからです。
モールの中にはあなたが取り扱う商品と同じジャンル、更には同じ商品を取り扱う数多くのライバル店が存在します。
その中で、あなたのお店にお客様を呼び込むには、やはりそれなりの集客対策が必要になってくるわけです。
例えば楽天市場であれば、楽天市場のTOPページで検索をした際に、その上位に自分のショップを表示させるための対策等が必要になってきます。
その対策を施すためには、商品名等のキーワードを意識してページを作ったり、楽天にお金を払って広告を掲載して自身のお店を周知していく必要があります。
これは簡単ではありませんし、仮に上手く上位表示できたとしても、あなたのお店で購入してくれる可能性は決して高くはありません。

その理由は、モールの中で検索するユーザーは、そもそも、商品を探すために検索しています。
これはどうい事かと言うと、
モール内で検索して商品を探すユーザーは、

  • もっと安くで販売しているお店はないか
  • 送料無料のお店はないか
  • 即日発送してくれる他店はないのか

等々を必ずと言って良いほどモール内で見て回ります。
つまり仮に上手く上位表示できたとしても、そこで即決するユーザーはほぼおらず、多くのユーザーが他店と比較をする事になりますので、仮にあなたのお店が商品力やサービス力で他店に劣っている場合、そのユーザーが自分のお店で購入してくれる確率はとても低いのです。モール内における競争はそれほど過酷です。

もちろん、あなたのお店の商品自体が他店の商品では代替できないほどの高いクオリティを有した商品であれば選ばれる可能性は高まりますが、そうでない場合、必ずと言って良いほど価格競争にさらされます。
どのお店でも取り扱っているような商品の場合、資金力の乏しい個人規模のお店の場合、価格では到底太刀打ちできません。

結局のところ、モールであっても商品力・サービス力・コンセプト等で他店との違いを明確に出していかない事にはなかなか成功できません
他店との価格競争において優位に立っているモール出店のお店の中には、売り上げばかりが高く実はほとんど利益が出ていないというショップがたくさんあるそうです。
これまで順調に運営されていた繁盛店が突如、つぶれてしまうのはそのような理由からであると考えられます。

このような理由から、モールは独自ドメインショップと比較して集客力が高いとは決して言えないという事がお分かり頂けると思います。
但し、たくさんのファンを持っているモールにはやはり魅力もあります。
モールの特長をしっかりと理解した上で、チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

ショッピングカートでネットショップを作る場合

モールではなく独自ドメインを取得しレンタルのショッピングカートを利用してネットショップを作る場合にも、やはりどのカートが集客力が高いのかといった比較がなされる場合があります。
しかしカート自体にファンが元々付いているわけではないため集客力の高いカートというのは、ありません。
比較する場合には、集客するための対策を施すことに役立つ機能や仕組みがどれ位備わっているのかの比較になります。

一般的に多くのカートでは集客のための機能として、

  • アフィリエイト機能
  • 独自のショッピングモール

等を装備している事が多いです。
もちろんこれらの機能はないよりはあった方が良いのですが、それだけで十分な集客ができるものではありません。
私自身、現在使っているレンタルカートにはどちらの機能も備わっていますが、現状、どちらも使っていませんし使う予定もありません。
結局のところ、自分自身で集客対策を施して見込み客を集めていくしかありませんので、そのような機能で比較するよりも、自分で集客対策を施していく上での機能が備わっているのかどうかで比較されることをおすすめ致します。
継続的に売れるネットショップを構築するためには、集客のための仕組みづくりが最も重要になってきます。
その仕組みづくりをするために必要な機能が備わっているのかどうかを確認すると共に、いかにストレスなくショップ運営ができるかどうかという所でカートの比較をすべきです。

独自ドメインショップの集客対策や仕組みを施すために、カート比較で私が最低限チェックすべきだと考えているのは、次の通りです。

  • 独自ドメインでショップを作成・運営できる事
  • ショップドメインのサブドディレクトリでワードプレスを導入可能な事(可能であれば)
  • フリーページ、商品ページの追加に制限がない事

また余計な作業時間を回避するために、是非ともチェック頂きたいのは次の点です。

  • レスポンシブ対応のテンプレートが備わっている事

 

独自ドメインでショップを作成・運営できる事

一見、集客とは無関係に感じられるかもしれませんが、ショップ開業後、ドメインが変わってしまうとそれまで施してきたSEO対策をほぼゼロからやり直す羽目になってしまいます。
レンタルカートの中には、独自ドメインで運営できないカートもあります。
またそのカートで取得し運用したドメインを、カートを乗り換える際に持っていけない場合もありますので、カート比較を行う際には、必ずチェックすべき項目であるという事ができます。

ショップドメインのサブドディレクトリでワードプレスを導入可能な事(可能であれば)

効率的に成約率・リピート率の高い見込み客を集客するためには、是非ともブログを活用したいものです。
(参考:ネットショップにおけるブログ集客≪実体験に基づく効果と具体的方法≫
その際に、ショップのサブディレクトリとしてワードプレスを導入する事ができれば、集客対策を施しながら、ついでにショップのドメイン自体も強化する事ができます

フリーページ、商品ページの追加に制限がない事

集客対策を施すにあたり、各商品ページに関してSEO対策を施す場合、検索需要によっては例えば色違い、サイズ違いのあるような同モデルであっても仕様が若干異なる商品に関して、1ページにまとめて表示するよりもわざわざ各商品ごとにそれぞれ1ページずつ作った方がSEO上、有利に働く事も多々あります。
また、ショップの内のフリーページを利用して、検索需要の高いキーワードでページを作り上位表示を狙うという事も多いです。
そのため、フリーページや商品ページを追加できないようなカートは使い勝手が悪いです。
最近では、商品ページだけでフリーページは作る事ができないという簡易的なショッピングカートもありますが、フリーページは集客対策を施す上でもとても重要ですので、複数のレンタルカートを比較して決める場合には、是非ともチェックするようにすべきです。

レスポンシブ対応のテンプレートが備わっている事

これは集客対策には直接的には関係してきませんが、継続的に見込み客を集客するための仕組みを構築するためには、当初、少しだけ時間をかける必要があります。
そのため、無駄な時間をできるだけかけずにショップの運営をする事が重要になってきます。
現在多くのレンタルカートでは、PC用のショップとスマートフォン用のショップとを両方作成できるような仕様になっています。
一見、便利な機能のように感じられるかもしれませんが、PC用とスマホ用の両方を作成する事ももちろんそうですが、両方を別々に更新していくにはかなりの手間がかかり、更新のたびに必ず大きなストレスを感じるようになってきます
そのため、両方のショップを別々に作成するのではなく、PCのショップのみを作成及び更新すれば、自動的にスマホ用に修正されるレスポンシブのテンプレートがあるカート、もしくはそのような機能があるカートを選ばれることを強くおすすめ致します。
(レスポンシブ対応カートに関する記事:ネットショップのスマホ対応は早期導入がおすすめ
 

最後に

ここまでご覧頂いてモール型ネットショップとレンタルカートを利用した独自ドメイン型ネットショップのそれぞれについて、モールやカートの集客力を比較する事自体、あまり意味がない事をご理解頂けたのではないかと思います。
結局のところ、集客に関しては自分自身で対策を施していく必要があります。
モールに出店するにしてもレンタルカートでネットショップを開業するにしても、別途集客対策を施すことが必須となりますので、そのためには具体的にどうすればよいのかを知り、その集客対策を効率的に行う事ができるようなレンタルカートを選ぶことが重要になってきます。

最後にネットショップの集客対策の種類や方法について、具体的にまとめたページをご紹介します。
是非、参考にして頂ければと思います。
→ 【【実例】最も集客効果の高かったネットショップの集客方法

またメルマガの方では、半自動で継続的にお店に見込み客を集客し続けるための「集客装置」の作り方もお伝えしていますので、ご興味があればご登録頂ければ幸いです。