自社見込み客の集客前に行うべき2つのこと

自社商品のネット販売において見込み客を集客する目的は、自社サイトを知ってもらう事ですね。
まずは知ってもらわない事には、商品やサービスを買ってもらえませんから。
そのためどの会社でも何とかして自社販売サイトに見込み客を集客しようと頑張ります。

しかし集客の前にやるべきことがあります。その部分が抜けてしまっているとせっかく自社販売サイトに見込み客が来たとしても問い合わせもくれない、商品も買ってくれないという残念な結果になってしまいます。
これはネット販売に限らず、インターネットで商売をする場合、どの形態のWEBサイトでも同様です。

そもそも自社の目的は、自社サイトに来てもらう事ではなく、来てもらって商品を買ってもらう事、問合せをしてもらう事のはずです。
ですので、商品を買ってもらうための問い合わせをしてもらうための集客対策を施すべきなんです。

そのためには、集客対策を施す前に自社販売サイトに次の対策を施しておく必要があります。
自社見込み客に

  • 安心・信頼してもらうための対策
  • 共感してもらうための対策

以下、ひとつずつ説明していきます。

安心・信頼してもらうための対策

お客さんがネットで問い合わせをしたり商品を購入する場合にまず気になるのは、この会社、信頼できるんだろうか?という点です。
初めて訪れる販売サイトの場合、「詐欺ではない?」「ちゃんと商品送ってくれるの?」と多くの人は心配します。
そのため、安心・信頼してもらうための対策をページ上に施しておく必要があります。
この対策がされていないと、問合せもしてくれませんし商品も買ってくれません。

ページのデザイン

販売ページのデザインは、安心感を与えるためにやはり重要です。
昔と違い、現在は誰でも見ためのキレイなWEBページを簡単に構築できる時代になりました。
そのような中で極端に見た目の悪いデザインの販売ページでは、やはり見込み客も不安になります。
凝りすぎる必要は全くありませんが、最低限、安心できるようなデザインの販売ページを構築しましょう。

会社情報

これに関しては、掲載のない会社はほとんどないとは思いますがたまに掲載することなくネット販売ページを運営されている会社さんも見かけます。
安心感、信頼感に大きく影響してくるところですので、必ずネット販売サイトの方にも会社情報のページを作りましょう。
(会社のサイト内でネット販売をされている場合は、その心配はないですね。)
自社サイトとネット販売サイトが異なる場合、ネット販売サイト用に別途会社情報のページを作るのが大変でしたら、自社サイトの該当ページにリンクを貼っておきましょう。

特定商取引法に基づく表記

これは結構、忘れている会社さん多いです。
ネット販売する場合、この特定商取引に基づく表記は法律で定められていますので、このページを掲載せずにネット販売をしている会社は、信頼性がかなり下がります。
個人でうっかり記載をせずにネット販売している人の場合はまだ許されるかもしれませんが、法人の場合は致命的とも言えます。
必ずこのページを作って掲載するようにしてください。

その他、安心・信頼してもらうための情報

その他、初めて自社商品の販売ページを訪れた見込み客に安心・信頼してもらうための情報としては次のようなものがあります。
これらの情報は中々掲載できない場合もあるかとは思いますが、もしあるのでしたら積極的に掲載することで安心感・信頼性が高まります。

取引先の情報

仮に知名度のない会社であった場合でも、例えば有名企業との取引があるという事でしたら、是非、ネット販売ページの方にも記載をしておきましょう。
有名企業と取引があるというだけでお客さんにとっては安心感や信頼感につながります。

お客様の声

これは絶対に必要ですね。ネット販売を始めたばかりでしたらまだないような状態かもしれませんが、すでにネットではなくリアルでの取引でお客様の声があるようでしたら、是非ともネット販売のページに掲載しましょう。お客様の声は安心感、信頼感だけでなく成約率の向上に大きく貢献します。常に購入者の方にはお客様の声をもらえるような仕組みを作っておきましょう。

メディア掲載情報

雑誌や新聞、テレビの取材を受けたことがあるという場合には、是非ともページに掲載して下さい。ネットで販売している商品そのものの取材でなくても構いません。メディアの取材を受けたことのある会社という事実が重要です。

権威者のコメント

自社商品開発の際、もしくは開発後に可能であればそのジャンルで有名な方、有名でなくても学者、研究者等の肩書のある第三者に、自社商品の感想等コメントをもらいましょう。その内容を掲載する事で安心感や信頼性を高められますし、この情報も成約率を向上させることができます。

共感してもらうための対策

そして自社販売サイトに来店してくれた見込み客に共感してもらえるような情報も必要です。
すでにターゲットが定まっていることが前提ですが、自社商品はターゲットのどんな悩みを解消し、どんな欲求を満たすことができるのか?これを明確にしてページ内で一目でわかるように掲載しておきます。
そうすることで見込み客が販売ページを見た瞬間に「この会社は私の悩みの事をよくわかってる」「この会社の商品で自分の悩みが解消されるかも」「もっと詳しくページを見てみよう」と思ってもらうことができます。

以上、それぞれ説明しましたがこれらの準備が整う前に自社販売サイトに集客しても、来た瞬間にページを閉じられてしまう、他社サイトに即座に移動してしまう等、結局、問合せもしてくれず商品も買ってくれない状態になり、集客にのためにかけたコストが無駄になってしまう危険性があります。
必ずここでお伝えした事をまずは準備した後で見込み客の集客を行ってください。

関連記事:ネット販売の始め方【法人編】失敗しないために
関連記事:新規顧客を増やす!顧客開拓のための手法

有料級の無料メルマガ

WEBが苦手な中小企業のためのネット集客/売上アップ通信


「コストをかけずに継続的にネットから見込み客を集客する方法を知りたい」「自社HPからの問い合わせを増やしたい」「コストをかけずにネットで新規の継続的な売り上げを作り出したい」「自社オンラインショップの売り上げを伸ばしたい」等でお悩みの会社の社長様、もしくは担当社員様のための動画メルマガです。是非ご活用ください。
ネットから成約率の高い見込み客を集客し最短半年で年間3,000万円以上の新規売上を作り出したネット販売の極意をお教えいたします。
※お申し込み後のしつこい営業等は一切行いませんのでご安心下さい。