仕入先に喜ばれながら取引を開始するためのアイディア

ネットショップ開業にあたり、
仕入先を開拓する作業は必須となります。

もちろん自作したものを販売する場合は仕入先は不要ですが、
自作の商品以外を取り扱う事のメリットもいくつかありますので
仕入れ商品の販売も積極的に検討されることをおすすめします。

仕入先の決め方には、色々と考え方があると思いますが、
まずは、
あなたのお客様に役立つと考えられる商品を
仕入れることをおすすめします。

ここで間違いがちなのが、
お客様に役立つかどうかはわからないけれど、
あなた自身が気に入った商品を仕入れてしまう事です。

自分が気に入った商品を
自分のショップで販売したい気持ちはわかりますが、
自分の趣味をお客様に押し付けるのは良くありません。
一方的に自分の趣味を押し付けるとお客様は逃げてしまいます。

あくまでも

その商品がお客様の悩みや困りごとに
役立つのかどうか?

そして、お客様が欲している事に
貢献できる商品なのかどうか?

そこを十分に考えて仕入れ商品、仕入先を決めるべきであると
考えます。

仕入先が決まったら、その会社と取引を開始すべく
働きかける必要がありますが、
ここでつまずく場合が結構多いようです。

果たして個人で運営するネットショップと
取引をしてくれるだろうか?

といった不安が頭の中をよぎります。

確かに個人運営のネッショップとは取引をしない
といった会社も中にはあると思いますが、
打診してみなければわかりませんので、
悩んでいるより直接確認してみましょう。

しかしその際に、仕入先候補となる会社を口説くための
材料があった方が良いです。

どのようなネットショップなのかを相手に伝えるための
材料はもちろん必要ですし、
自分のショップと取引を開始する事で、
どのようなメリットがあるのかを伝えることも重要です。

私は取引をしたいと思った仕入先とは、
幸い1社を除いて全てスムーズに取引開始できました。
仕入先は、全て小規模メーカーです。

もちろんオープンしたばかりで実績はゼロでした。

何故、実績もない個人運営のネットショップと
取引を開始してくれたのか?

それにはいくつか理由があったと思いますので、
以下お伝えします。

 

自分の趣味を生かしたショップのためその商品の事を良く知っていたから

自社で取り扱う商品(分野)の知識や経験が全くない
個人の方と取引をしたいとは中々思わないのではないかと思います。

私が仕入先候補に選んだのは、全て私の趣味に関する商品を
製作している会社です。
そのため、担当者の方ともその分野のお話が自然にできるわけです。

その会社の商品を取り扱いたい理由も明確でしたので
自分のお客様に是非とも紹介したいという熱い思いが伝わったのではないか
と考えています。

 

インターネットやネット集客等に詳しくない会社だったから

私が打診した仕入先候補は、全てインターネットに関して
詳しくない会社ばかりでした。
そのため、きれいなデザインで構築した私のネットショップを見せると
とても良い印象を持ってくれました。

更には、どの会社も実は直販をされていたのですが、
そのショップを見ると、どう考えてもたくさん売れているようには
見えませんでした。
そのため、ネット集客のスキルのある私の説明を聞いて、
ネットからの売り上げの拡大を少しは期待してくれたのかもしれません。

 

メーカーのメリットを提示したから

私が打診した仕入先メーカーは、すでに認知度の高いメーカーもありましたが
まだ業界で認知度がそれほど高くないメーカーもいくつかありました。
認知度は低くても、私のショップのお客様の役に立つ事ができる
素晴らしい商品を作っている会社でした。

そこで私が考えたのは、認知度の低いメーカーを、
私のネットショップを使って紹介してあげるという方法でした。

メーカーは、小売業者にたくさん売ってもらう事を期待しますが、
実はそれ以外にも、たくさん宣伝して認知度を上げてもらいたい
という要望もあります。

私たちネットショップは、たくさん売る事ももちろん重要ですが
認知度を上げてあげる事でも、そのメーカーに貢献できるのです。

私はその部分を強調し、打診をしました。
その結果、快く取引を開始してくれましたし、
紹介の仕方に工夫を凝らすことで、
私のショップの認知度や信頼度、そしてもちろん
売上も上がっていきました。

仕入先の開拓でお悩みの方は、
是非、参考にして頂ければ幸いです。

この部分のさらに詳しい説明は、
また別途、お伝えしたいと思います。