ネットショップ 集客と売れるページの作成、どっちが先?

これはよく言われることですが、
もちろん売れるページを作るのが先です。

自分のショップで商品が売れないのは、集客ができていないから。

これは間違いではないでしょうが、そもそも売る力のあるページが
用意されていないと、せっかくお店に来てくれたお客様は
何も買わずに帰ってしまいます。

ですので、まずは売れるページ、成約率の高いページを準備する必要があります。
決して売れもしないページに、お客様を集客してはいけません。

そのためには、最低限、やるべきことがいくつかあります。

それは、

  • 店長であるあなたがお薦めしたい商品が掲載されていること。
  • そして、店長であるあなたの言葉でその商品の良さ、使い方等々が
    丁寧に説明されていること。
  • また忘れてはいけないのが、見やすく・わかりやすく・プロっぽいデザインで
    作られたページであること。
  • 更にはお客様の信頼を得ることができるようなページにすること

です。

見やすくてわかりやすいデザインのページが重要であることは
多くの方が納得してくれると思うのですが、

プロっぽいデザインって、本当に必要なの?

というご意見を時々聞きます。

確かにプロっぽいデザインだけでは売れません。

何故、プロっぽいデザインに批判的な意見が出るのかと言えば、
デザインだけやたら格好良くて、中身が伴っていないショップページが多いからです。

プロっぽくて格好いいページなんだけど、デザインの良さだけで
肝心の商品の説明や店長の言葉が何もなかったり、、、

これではお客様は喜んでくれません。

またその話に関連して注意しないといけないことは、

「あなたのショップを売れるショップに変えてあげます。」

とか

「あなたのショップに大量のお客さんを集客します。」

というデザインのみを重視したホームページ制作会社
集客数だけを重視したSEO代行会社等の営業にまんまと乗ってはいけないという事。

デザインがどんなに良くても、肝心の中身が伴わないページではやはり売れません。
また集客ができても売れるページが出来ていなければ、誰も買ってくれません。
更には売れるページに集客できたとしても、そもそもターゲットとしていないお客様を
集客しても継続的な成果にはつながりません。

その肝心の中身の部分を作れるのは、店長であるあなたしかいません。

何故なら、あなたのお店に対して、そしてお店で販売する商品に対して
情熱を持っているのは、店長であるあなただけですから。

とはいっても、デザインもやはり重要なんです。

どんなに良いことが書いてあるページでも、怪しいデザインだったり
見にくかったり、あまりにも素人っぽい感じだったりすると、
お客さんは、不安になります。

このお店、本当に大丈夫なの?

なんか怪しい、、、

そう思われると、アウトですよね。

せっかくの良い商品も、変な素人っぽいデザインのせいで
そのよさが失われてしまいます。

ですので、デザインは可能な限り凝りましょう。
自分で作れない人は、外注するのも良いです。

予算をかけたくないという方は、最近は、見た目も良く、
更にはネットショップ運営に役立つツールも付属したカートも多いです。

また苦手な人でも簡単に良質なデザインが作れるツール等も販売されています。

是非ともそのようなツールを活用してデザインにも凝りましょう。

まずは、売る力のある成約率の高いページを作りましょう。

そして、たくさんのお客さんにそのページに来てもらいましょう。

成約率の高いページ作りに関しては、色々と方法があります。
精度を高めるためには、テストをしてみる必要もあります。

しかし、まずは、次の3点に注意して作ってみて下さい。
もしかしたらそれだけでも十分かもしれません。

  • 安心感の感じられるデザインを心がける
  • 店長の言葉で丁寧に商品説明を行う
  • お客様の声を見やすいところに掲載する

成約率の高いページが完成したらいよいよ見込み客を集客していきます。

ネットショップにはどんな集客方法があるのかを知り、
効率的で効果の高い集客対策を施していきましょう。

ネットショップの集客方法
効果の高いブログ集客の方法