商品が売れなくなった原因を考える(1)接客に問題がある

ネットショップを運営していると

これまで順調に売り上げが伸びていたにも関わらず

急に売れなくなってしまった、、、

そのような事もあります。

ここでは、その原因について考えてみたいと思います。

 

売れなくなった原因(1)接客に問題がある

例えば、お客様の数が増えてくると

個別の対応というのが、どうしても困難にはなってきます。

特に個人運営のネットショップの場合は、

全ての業務を自分一人で行う必要がありますので

お客様の数が増えれば増えるほど、

対応が雑になってしまう傾向にあります。

しかしその時に、

お客様からの質問に対しての返信内容が薄っぺらになってしまうのか、

もしくは、

そこは重要な部分と認識し、これまで通り手を抜かずに対応するのか

これが、売り上げを伸ばすか落とすかの
重要な分岐点になっているものと私は考えます。

もちろん、それ以外にも重要な要素は色々とありますが、

接客の質は、特には個人規模のネットショップを運営する上で

大変重要な要素であると考えます。

例えば、会社経営の大きなお店に問い合わせをしたものの

返事が遅い、

対応が事務的過ぎて好感が持てない、

聞きたい事にしっかりと答えてくれない、

そのように感じた経験はないでしょうか?

実際にそのようなショップはあります。

体力のある大きなショップの場合、

それでも継続した経営を行う事が可能なのでしょうが

同じような事を体力のない個人のネットショップがやっていては
すぐにつぶれてしまいます。

その重要な部分が疎かになってしまうと、

新規顧客だけでなくリピーターまでも離れていってしまいます。

ネットショップの売り上げを継続的に維持し続けるために、

そして更に売り上げを伸ばすためには、

リピーターさんの存在は、必須です。

すでに購入して頂いたお客様に対しては

安心して手を抜いてしまいがちではありますが、

そこは、これまで通り丁寧に接客していく必要があります。

更には、手を抜いた接客を行っていては

新規のお客様もファンにはなってくれません。

もしあなたのショップで売り上げが落ちた理由の一つが

接客の質にあると感じられる場合には、

早々に対応すべきです。

関連記事もご覧ください
お客様との信頼関係を構築するための接客方法
ネットショップで売れない理由を明らかに