ネットショップに店長写真は必要か?

運営するネットショップには、
お客様に安心感や親近感を与えるために店長写真を掲載しましょう

とよく言われますが、

私個人的には、店長写真はなくても良いと考えています。
私自身のショップでも、店長の写真は掲載していません。
(プロフィールは載せてあります。)

あえて掲載していない理由は、
店長写真を掲載した場合にデメリットもあると考えるからです。

それは、人間の顔、表情等々、
人によって受け取り方が異なると思っているからです。

あるお客様にとっては良い笑顔に見えたとしても
別のお客様にとっては、あまりよくない印象を与えてしまう場合が
あると思っています。

ショップの店長写真は、初めて訪問したお客様の目に
印象深く飛び込んできます。
ある意味、ショップの第一印象となってしまいます。

もしその第一印象がいまひとつであった場合、
その写真がマイナス要因にもなり兼ねません。

とは言いましても、人間の写真は、ショップの全体的なイメージを
印象付ける事ができる有益なツールであるとも言えますので
効果的に使う事で良い結果につながる事も多々あります。

特に、職人が製作する製品を販売するショップや
農家で大切に育てられた野菜や果物等を販売するショップ等では
こだわりを持つ生産者の顔が見えた方がお客様に安心感を与えることができると思います。

そういったショップの場合は、店長の顔写真よりも
その職人さんや生産者の方の生き生きとした写真を掲載することで
良い結果がでるものと思われます。

極端な話、そこに店長の顔写真はむしろ
ない方が良かったりもします。

また、店長の顔写真を掲載するのであれば、
ショップのコンセプトや理念等を十分に
掲載しておく必要もあると考えます。

満面の笑みの店長顔写真が、大きく掲載されているにもかかわらず
そのショップの理念もコンセプトも書かれていない、
更には店長のプロフィールもほとんど書かれていない、
そんな状態のネットショップの場合、逆にその店長の写真が
怪しく見えてくるのではないでしょうか。

ですので、店長の顔写真を掲載する場合には、
逆効果にならないように十分に注意する必要があるものと考えます。

(関連記事:「ショップについての重要性」)