ネットショップの商品数についての私の考え

ネットショップで取り扱う商品数は
出来るだけ多い方が良いと言われることが多いのですが、
私の経験上、個人規模のネットショップの場合、
逆に少なめの方が良いと思っております。

 

そもそも商品数が多い方が良いという根拠は、
商品数が多い=ショップ内のページが増える ➡ SEO的に有利
という所にあるものと思われます。

 

ページが多ければ、それだけショップに来てくれる入り口も増えますし、
商品数が多ければ、その中のどれかは売れる という考え方だと思います。

 

その他、色々な商品が置いてある方が
来店したお客様に色々と興味を持ってもらう事ができ
ショップ内の回遊率が高まるということもあるかもしれません。

 

確かに楽天市場等に出店しているショップの場合には
当てはまる部分もあります。

 

また、ページを増やしてSEO効果を狙うことは
私たちのような個人規模のネットショップでも共通して
活用すべき部分です。

 

しかし、個人規模もしくは小規模のネットショップの場合、
意味もなくたくさんの商品が置いてあることは
必ずしもメリットにはならないと思っております。

 

その理由は、

  • こだわりのないショップに見えてしまう
  • 何でも屋さんに見えてしまう
  • 商品数が多すぎてお客様を逆に迷わせてしまう
  • お店のコンセプトが不明瞭になりやすい

等と考えるからです。

 

このサイトでおすすめしているようなネットショップでは、
ターゲットの悩みや要望に応え共感して頂くために
ショップ全体を通して構築していく必要があります。

 

取り扱う商品に関しても、ターゲットの事を考え
店長が厳選したものを紹介していく方が、
お客様には共感してもらう事ができるのではないでしょうか。

 

そして商品数が少ないとSEO的に不利なのかというと
決してそんなことはありません。

 

少ないながらも取り扱っている商品で、複数の検索エンジン対策を
施すことが可能ですし、商品数を補うような別の方法もあります。

 

そもそも、無理やり商品数を増やし、
仮にそのたくさんの商品ページから集客できたとしても
来てくれたお客様に共感して頂かなければ成約できません。

 

私たちのような小さなショップが、
継続して売り続けていくためには、
ショップのコンセプトや理念に共感して頂き、
ファンになってもらう事が必須となります。

 

そのためには、闇雲に商品数を増やしていくという方法は
あまり賢い方法ではないと考えます。