商品の良さをお客様に十分に伝えるための方法

せっかく良い商品を販売しているにも関わらず
その良さを伝えきれないがために、
中々売り上げを伸ばすことができないというショップ、
案外、多いのではないかと思っています。

どんなに素晴らしい商品を販売していても
その商品の良さがお客様に伝わらないと売れません。

確かにショップの商品ページでお客様に
商品の良さを十分に伝えることは簡単ではありません。

何故なら、こちらが商品の良さを伝えようとしても
お客様は基本的に聞く耳を持ってくれません。

そのためまずは、お客様に話を聞いてもらえる状態に
なってもらう必要があります。

話を聞いてもらうためには
お客様に安心感を与え、信頼をして頂けるような
そんなショップを構築していく必要があります。
このサイトでおすすめしているネットショップ構築法がそれです。

例えば、ターゲットやコンセプトを設定するのも
来店したお客様に話を聞いてもらい共感してもらいたいからです。

その部分を十分に考慮していないと
商品の良さを伝えることがどうしても難しくなってしまいます。

まずは基盤となるショップ自体を
そのように構築した上で、

私が、商品の良さをお客様に伝えるために行っていること、

それが、

自分のショップのコンセプトや理念を十分に
お客様に伝えるために作成したレポート(小冊子)であったり

各商品について、何故、その商品を私のショップで紹介しているのかを
具体的に記した商品説明文であったり、

それら商品選定が、ショップのコンセプトや理念に沿った形で
一貫して行われている事を示すための「ショップについて」掲載の
コンテンツ内容であったり、

またそれらの商品が本当に役立つものであることを
客観的に証明するための「お客様の声」であったりします。

つまり私が言いたいことは、

商品を買ってもらうためには、
その商品の良さだけを巧みな表現でいくら説明しても
中々売る事は難しいという事です。

そのため、

まずは、店長の話に、耳を傾けてもらう必要がある、

そのためには、あなたのショップのコンセプトに共感してくれる
お客様をターゲットとして設定し、集客する必要がある。

そこで、来店してくれたお客様に対して
デザイン、コンテンツ等々を総動員して安心してもらう、

そして実際に、打ち出したコンセプトに共感してもらう、

その上で、自信を持っておすすめする商品について紹介する、

という流れが必要になると思っています。

もちろん、一見さんに1回だけ商品を購入してもらうだけでしたら
このような流れで紹介する必要もないかもしれません。

しかし私たちは、ファンになってリピートしてくれる
お客様をたくさん作っていく必要があります。

そのためには、遠回りとも思えるこのような流れの中で
お客様に商品を紹介していく必要があると考えます。

特に、一度買ってくれてもその後、中々リピートしてくれない、、、

そのような悩みをお持ちの店長さんは
ここでご説明したような流れで
お客様に商品説明ができているかどうかを
再度、確認されることをおすすめ致します。