ネットショップにおけるターゲットとコンセプト

ネットショップを構築する際、
ターゲットやコンセプトが重要であることはよく言われますが、

何故、そのように言われるのか?
そして、ターゲットとコンセプトはどのように決めれば良いのか?

このページではその部分について書いてみたいと思います。

 

 

ネットショップにおけるターゲット

売れるネットショップの構築に何故ターゲットを設定する必要があるのか?

それは、ターゲットを設定していないネットショップは、
ショップで提供する情報・商品・サービス等に一貫性が見られず
誰に役立つショップなのかが明確になりません。

 

その結果、そのショップを訪問した様々な属性のお客様の心に響くこともなく
成約に結び付きにくいショップとなってしまいます。

 

一方で、明確にターゲットを設定しているショップの場合、
誰に役立つショップなのかも明確になっているため、
提供する情報・商品・サービス等々にも一貫性があり、
そのショップを訪れたターゲットであるお客様に共感してもらいやすく
結果、成約に至りやすいという事になります。

 

これがネットショップを構築する際に、ターゲット設定が必要になる理由と考えます。

 

 

ネットショップにおけるコンセプト

コンセプトに関しても、その理由はターゲット設定と同じと考えますが、
コンセプトを明確に打ち出すことでショップの個性を強烈にアピールすることが
可能となります。

 

仮に特定の属性のお客様をターゲットに設定した場合、
そのターゲットに共感してもらえるようなショップを作り上げることは可能です。

 

しかし、その属性の全てのお客様に共感してもらうようなショップは、
まだまだ絞り込みが十分でない場合が多いという事ができます。

 

ターゲットを設定した上で、更にコンセプトを明確に打ち出すことで
狙った属性の更に絞り込んだお客様を対象にしたショップを構築することができますので
来店頂いたお客様に、より共感して頂く事が可能となります。

もしくは、狙ったターゲット全てのお客様に対して魅力的なコンセプトを打ち出す事で
競合する他店との違いを明確にすることができます。

 

その結果、コンセプトがなくターゲットのみを設定したショップと比べ
より高い成約率・リピート率が見込めるネットショップを構築することができます。

 

具体的な方法としては、ターゲットとして設定したお客様が
どんな悩みを持っているのか?
何を欲しているのか?

 

等々をリサーチ等を行った上で明確にし、
その悩みや欲しているものにフォーカスしたコンセプトを打ち出す
という方法が考えられます。

 

そのことで、成約率やリピート率の高いネットショップの構築ができるばかりでなく
更に、どのようなお客様を集客すべきかに関しても明確になりますので
成約率・リピート率の高いお客様を効率的にショップに集客することも
できるようになります。

 

以上、ネットショップにおけるターゲットとコンセプトに関して
書いてみました。

 

具体的な考え方や構築方法等に関しては、別ページの事前講座
参考にして頂ければ幸いです。