ネットショップで売れない理由と改善策(6)商品に魅力がない

ネットショップで商品が売れない理由

6.商品に魅力がない

商品に魅力がないと、やはりお客様は買ってくれません。

このサイトでおすすめしているネットショップを
構築できたなら、あなたのショップのターゲットは決まっているはずです。

そして店長であるあなたは、そのターゲットであるお客様の役に立つ
と思われる商品を紹介しているはずです。

それでも売れないという場合には、
次のどれかが原因かもしれません。

  • あなたの感覚とターゲットであるお客様との感覚がずれている
  • リサーチ不足
  • お客様との信頼関係が十分に構築できていない
  • 商品の魅力をお客様に十分に伝えることができていない

 

あなたの感覚とターゲットであるお客様との感覚がずれている

あなたがお客様の役に立つと思って紹介している商品は
実は、お客様の役には立たない商品なのかもしれません。

この場合、客様の悩みはどこにあるのか、
お客様は何を欲しているのかを、
再度検討されることをおすすめ致します。
 

リサーチ不足

ご自身の趣味に関するネットショップを構築している場合、
ある程度は、同じ趣味を持つ人たちが興味を持つ商品やサービスを
店長であるあなたはわかっているものと思われます。

しかし、販売する商品やサービスが売れないという事は、
お客様にとってその商品が魅力的でない可能性もあるかもしれません。

あなたのショップのターゲットとなるお客様が
何に困っているのか、どんな悩みを持っているのか、
そしてどんな欲求を持っているのかに関して
やはり最低限のリサーチをされることをおすすめいたします。
 

お客様との信頼関係が十分に構築できていない

お客様との信頼関係が構築できていない段階では、
やはり中々買ってもらえません。

信頼関係を築く前の段階で、あまり商品の紹介ばかりをしてしまうと
押し売りをされているように感じてしまいます。

商品を紹介する前に、
信頼関係を築くための対策を施されることをおすすめ致します。

逆に言えば、信頼関係さえ構築する事ができれば
店長であるあなたがすすめる商品は
どんなものでも買ってくれるようになります。

 

商品の魅力をお客様に十分に伝えることができていない

ターゲット設定も間違っておらず、信頼関係もそれなりに築けているにも
かかわらず、商品が売れない場合には、
もしかしたら、その商品の魅力を十分に伝えきれていないのかもしれません。

その商品は、ターゲットであるお客様のどのような悩みを解決できるのか、、
この商品を購入すれば、お客様はどうなれるのか、、、

これらの事をもっと詳しく丁寧に親切に
お伝えすると良いかもしれません。

特にお客様がその分野に知識のないお客様の場合、
その商品がどのように役に立つものなのかを知らない事が予想されますので
より丁寧に商品の良さを伝える必要があります。

参考:ネットショップで売れない理由を明らかに