他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(2)

前の記事は、次のページで閲覧が可能です。
他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(1)

私の経験から、他店と同じものを販売しても
自分のショップを選んでお客様が買ってくれるケースの(2)です。

 

2.他店よりも圧倒的に詳しく商品説明をして販売

色々なネットショップを見て私が感じるのは

繁盛しているお店ほど、商品説明のボリュームが多い

ということです。

 

しかし大多数のネットショップは、

商品説明に手間をかけていない所が多いように感じられます。

それは私の経験からすると、

非常にもったいない状態であると考えます。

 

もしあなたのショップと競合する他店が

商品説明にほとんど力を入れていない場合、

あなたのショップで圧倒的な量と質の商品説明をすることで

他店よりも安くしなくても売れる可能性があります。

 

この事実は、私が運営するネットショップでも実証済みです。

 

お客様は、その商品を購入するかどうか悩んでいるわけで

その商品に関する情報は、多ければ多いほどありがたく感じてくれます。

 

あまりにもボリュームのありすぎる商品説明をした場合、

せっかくのお客様の買うタイミングを逃してしまう

等といった考えをされる方もおられますが、

 

私は、お客様に納得頂いた上で、

商品を購入して頂くという方法を推奨します。

 

その理由は、

圧倒的にクレームが減るから、

(ちなみに私のショップでは、ほとんどクレームはありません。)

 

そして、

 

一時的で単発的な売上よりも

継続的に購入頂けるリピーターを

育てる事の方が大切だからです。

 

少し話がずれましたが、

 

そのように考えて商品説明を丁寧にするショップが

少ないからこそ、そのようにしたショップは際立ちます。

 

その結果、

  • どのお店よりも説明や写真が多くわかりやすかったからここで買いたい、、、
  • 店長さんの商品に対しての情熱が伝わってきたのでここで買いたい、、

等というお客様が絶対に現れます。

 

つまり、商品説明ひとつとっても

ショップの個性やコンセプト・理念等を

お客様に伝えることができるわけです。

 

その結果、他店と同じものを販売していたとしても

そのショップで紹介しているその商品は、

他店の商品とは異なるものとしてお客様の目には映ります。

 

このつづきは、
他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(3)
をご覧ください。