【検証結果】ネットショップで売れない理由 早々に改善したい6つの項目

ネットショップで売れない理由は色々とありますし、当然のことながらショップによってもその理由は異なります。
ここでは私のショップ運営経験上、売れない理由となっている項目を6つピックアップしてみました。

すぐに改善できるものもありますので、それぞれの項目についてしっかりとチェックし、自分のショップで出来ていなところから一つずつ改善していきましょう。

1.ショップのデザイン
あまりにも素人すぎるデザインのショップは、悪い意味で目立ちます。
最低限のクオリティを保つように心がけるべきです。

2.選べる決済方法
現在、複数の決済方法が選べることが当たり前となっています。
自分の選びたい決済方法がない場合、それだけで売れない原因になります。
クレジット、代引き(コレクト)、後払い、銀行振込位は、最低限選べるようにすべきです。

3.そのお店で買う理由がない
お客様が商品を購入する際は、そのお店を選ぶ理由が必ず存在ます。
つまりは他店よりも優れている何かが多ければ多いほど買う理由につながります。

4.お客様が来ない
そもそもお客様が来なければ、やはり売れません。
ネットショップの集客対策は、店長にとって必須項目です。
現在、色々な集客方法がありますので、必ず対策を施しましょう。

5.商品に魅力がない
そもそも商品に魅力がなければ売れません。
魅力的な商品を商品を紹介するためには、その商品を必要としているお客様を意図的に集客する必要があります。
そして、その商品の良さを十分に伝えるための対策も必要になってきます。

6.顧客対応が悪い
顧客対応は、やはり重要です。せっかく良い商品を紹介してもお店側の対応が悪いとお客様は去って行ってしまいます。
仮に他店では手に入らないような人気の高い商品を販売していたとしても、お客様を不可にさせるような対応をしていると、リピーターは尽きませんし、いずれは商品自体も売れなくなってしまいます。