ネットショップの商品ページの作り方・考え方

売れるネットショップ構築のために、
ショップのターゲットを設定すべきであるというのは
良く言われることです。

 

確かに、ターゲット設定は、
売れるネットショップの構築に必須であると私も考えます。

 

設定したターゲットに対して、自分のショップが
何故役に立つのか、どんな価値を提供できるのか、
等に関して伝え、共感して頂く必要があります。

 

そのために、ショップ内の複数のページに
そのターゲットの心に響くような内容を掲載したり、
コンセプトが伝わるように、一番目立つところに
コンセプトを伝えるためのバナー等を掲載したりもします。

 

しかし、ショップで販売する全ての商品に関しても
その商品ページごとに、オリジナルの商品説明を
しっかりとしているでしょうか。

 

しっかりとターゲットやコンセプトを設定して運営されているネットショップでも
販売する各商品に関して、
何故その商品が役に立つのか、、
何故、その商品をおすすめしているのか、、
等をちゃんと説明していないショップも多いです。

 

これはとてももったいない事だと思います。

 

その理由は、その商品の成約率が下がるから、
ということももちろんではありますが、
それよりも、あなたのショップの良さ、個性等を
お客様に伝えることができるチャンスを
みすみす逃していると思うからです。

 

ネットショップの場合、
お客様との最初の接点が、個別の商品ページである事も多いです。

 

たまたま検索エンジンで商品名等で検索してヒットした
あなたのショップの商品ページを訪問したお客様がまず見るのは
その商品の詳細です。

 

そこに、どこのショップにも掲載されているような
メーカーから支給された商品画像や商品仕様しか書かれていなかった場合
あなたのショップの個性はゼロです。

 

初めて来てくれたお客様が受け取る印象も
個性ゼロのショップとなってしまいます。

 

逆にその商品説明部分に、どのショップにもない
オリジナルの商品画像やオリジナルの説明文が掲載されていた場合、

 

それを見たお客様は、

 

この店、他と違って店長が親切そう、、
他のお店と違う写真があってわかりやすい、、
どんなお店なのか気になる、、、

等と感じてくれるかもしれません。

 

更には、あなたのショップの「ショップについて」等を
みたいと思ってくれるかもしれません。

 

そのため、販売する各商品について
その商品説明部分には、
何故その商品をおすすめしたいのかを
具体的にあなたオリジナルの言葉で
書く事をおすすめいたします。

 

併せて、
あなたのショップの理念やコンセプトの内容を
関連付けて説明することであなたのショップを印象付けることも
できますので、そこを意識して商品説明を丁寧に
されることをおすすめしたいと思います。