ネットショップで売れない理由と改善策(4)そのお店で買う理由がない

ネットショップで商品が売れない理由

4.そのお店で買う理由がない

そのショップでお客様が商品を買ってくれるのには
やはり何かしらの理由があります。

例えば、

値段が安いから

しかし私はこのサイトで、
他店よりも高い価格で販売されることをおすすめしています。

 

その理由は、
価格の安さでは大手と勝負できない事、そして、
価格の安さで購入してくれるお客様は私たちのような個人運営のネットショップの
ファンとなってくれる可能性が低いと考えるからです。

 

という事は、値段以外に
お客様が買ってくれる理由を作る必要があります。

 

それは、お店のコンセプトであったり、
ターゲットの絞り込み、そしてお客様との信頼関係であったりするわけですが、

そのような工夫をしていない場合、
やはり売れません。

 

一度、ご自身がお客様の立場でネットショップでお買い物を
した時の頭の中を思い出してみて頂けるとわかりやすいかと思います。

 

もちろん、日用品や消耗品等であれば、
安く購入できるに越したことはないと
多くの方が考えると思うのですが、

例えば、あなたの趣味に関係のある商品や
子供のための食品やランドセル等々、
安さだけでは選ばないはずです。

 

その時、あなたはどんな基準で商品やお店を選ぶでしょうか。

 

例えば、

  • 店長が自分の趣味と同じ趣味を持っていて知識が豊富なお店が良い、、、
  • 値段よりも品質重視で選びたい、、、、
  • より自分に最適な商品を探したい、、、
  • 子供が口にするものなので、安全性がもっとも高いものを買いたい、、
  • 安心できるショップで買いたい、、、
  • 6年間使うものなので、買い替える必要のない確かなランドセルが欲しい、、

等ではないかと思います。

 

ですので、私たちのショップでも
来店されるお客様の気持ちになって
それに応えられるような工夫をする必要があると考えます。

 

このサイトの「はじめに」「事前講座」等でも
お伝えしております通り、

まずはあなたは、どんな人に対してどんなことで役立つ事ができるのか?

これをしっかりと考えます。

 

そうすることで、ターゲットが明確になってきます。

 

ターゲットが明確になれば、
あなたの知識や経験を十分に生かして
そのターゲットに役立つ情報や商品をご提供していく事で
そのターゲットに関心を持ってもらい、
共感して頂けるようなショップが構築できるはずです。

 

もしあなたのショップでそのような工夫をされておらず
具体的な構築方法がわからないという場合には、
是非とも私がこのサイトでおすすめしている
ネットショップ構築法、運営方法をお試し頂ければと思います。

参考:ネットショップで売れない理由を明らかに