ネットショップで連休中は売れない理由

ネットショップ運営をしている方の多くが
連休中は普段より売れないという経験をしているようです。

実際に私のショップでもお盆の時期やゴールデンウィーク等の連休は、
売上が落ちる傾向にあります。

このページではその理由について考えてみたいと思います。

外出している人が多い

やはり連休中は、外出している人が多いものです。

外出先でのお買い物をする人もたくさんいますので、
実店舗での場合は、逆に売り上げが増えるというお店も少なくないのではないでしょうか?

しかしネットショップの場合、外出している最中は自宅PCに向かく機会がありませんので、
やはり外出している方が多い連休中は、その分、売上が落ちる事が考えられます。

但し最近はスマートホンの普及でスマホで閲覧し
スマホで直接注文するユーザーも増えてきていますので、
そのようなユーザーは外出先でも注文するケースも考えられます。

しかしながら、家族で外出している時に
わざわざネットショップで買い物をしようというユーザーは
やはり多くはない事が想像されます。

出費を抑える傾向にある

連休中に外出する予定にしている人の場合、
やはりそのための資金を蓄えておくために
出費を抑える傾向にあるものと考えられます。

そのため、例えば、連休中のレジャーに使う予定のお金以外は
出費を抑える傾向にあると思われます。

連休中だけでなく、
そのため連休中だけでなくその前後も
売上が落ちる傾向にあります。

お店も休みだと思われている

連休中は、お店自体が休業と思われている事も考えられます。
実際、特にお盆の時期等は、連休に合わせてお休みにするお店も中にはあります。
ですので、あえて連休中はネットショップへの注文を避けるという人も
少なからずいるのではないかと考えられます。

まとめ

以上、連休中にネットショップの売り上げが落ちる理由について
考えられる理由をいくつか挙げてみました。

重要なのは、売上が落ちたからといって不安になることなく
連休中はネットショップの売り上げがある程度は落ちるものと
予め認識しその売れない時期に事前に備える事だと思います。

もしくは売れない時期を準備期間と捉え、
普段忙しい時にはできないような
更に売り上げるために戦略を練ったり、
そのための対策を施したりする期間として有効活用すべきです。

例えば、集客の仕組みを強化したり等々の事も
このような時間のある時に行うには最適だと思います。
(参考:ネットショップのブログ集客≪120%の効果を実感できる集客法

当サイトでは、特には個人運営のネットショップが
継続的に安定して売り続けられるようなネットショップに改善するための
基本的な考え方や、そのために必要となる仕組みの構築法等を
具体的に解説したテキストを無料で差上げております。

更に売るためのアイディア等もご提案できると思いますので、
もしご関心がおありでしたら、以下、ご覧頂き、
メルマガ登録の上、テキストをご覧になってみて下さい。