在庫を持たないネットショップのメリット・デメリット・方法

このページでは、
在庫を持たないネットショップのメリットやデメリット、

そして、
どうすれば無在庫ネットショップを開業・運営できるのか
等に関して書いてみたいと思います。

初めに在庫を持たないネットショップ、
いわゆる無在庫ネットショップについて定義します。

これはどのようなショップなのかというと、
お店では予め一切在庫を持つ事をせず、
お客様から注文が入った段階で、商品を取り寄せ
販売するようなショップという事になります。

つまり受注発注で取り扱う事ができる商品を販売する
ネットショップの事です。

そしてこのような、在庫を持たないネットショップのメリットですが、
それは当初の資金が不要である事、
在庫が売れ残る心配がない事、
在庫をストックしておくための場所が不要である事、等が挙げられます。

これからネットショップを開業したい方にとって、
販売する商品を仕入れるために必要となる資金は、
特に個人で開業したい方にとって、大きな壁になるものと思われます。

ネットショップの場合、基本的にはほぼお金をかけることなく
製作・開業する事ができます。

必要なものと言ったら、
ドメイン取得代金はレンタルカートの利用代金程度ですね。

但し、販売する商品に関しては事前に仕入れておく必要がありますので
その部分に関しては、どうしても当初の資金が必要になってきます。

しかし、在庫を持たずに、お客様から注文が入った段階で
仕入れて販売するネットショップであれば、
その仕入れのために必要となる当初の資金が不要であるため
ほとんど初期投資をすることなく、ショップを開業できます。

簡単に言えば、売れることが確定してから仕入れるため
商品が売れ残ってしまうというリスクもありません。

次に、無在庫ネットショップのデメリットですが、
商品を注文頂いてから仕入れるため、
お客様へ発送するのに少し時間がかかってしまう事です。

既に手元に在庫があれば、注文が入ったらすぐに発送できますが、
仮に仕入先自体、在庫が切れてしまっている場合は、
せっかくの注文自体もキャンセルせざるを得ないような状況にもなります。

但し、発送に時間がかかる事、
仕入先で在庫切れになってしまっている事、
に関しては、

事前にお客様にお断りをしておくことで
大きな問題にはならないものと考えられます。

それよりも仕入れのための資金が不要な事
商品が売れ残る心配が一切ない
といったメリットの方がかなり大きいため

出来る事ならば、在庫を持たずにネットショップを開業・運営
されることをおすすめ致します。

では、
在庫を持たないでネットショップを運営するための方法ですが、
それは、対応してくれる仕入先を探すこと以外にはありません。

そのような仕入先は、なかなか見つからないのではないかと
お考えの方も多いと思いますが、探せばそのような仕入先は必ずあります。

以下、受注発注に対応してくれる仕入先を探す際のポイントです。

・問屋ではなくメーカー狙い
・商品の価格がおおむね2万円以上
・知名度が低いメーカーの商品
・小規模メーカー
・展示会等で積極的に宣伝したがっているメーカー

一部表現の違いのみで内容が被る部分もありますが、
伝わりやすいようにあえて書いています。

このようなポイントに注意して探すことで
受注発注に対応してくれる仕入先が見つかるはずです。

もちろん、仕入れる商品に価値があるものでないと意味はありませんので
そこは、ご注意下さい。

在庫を持たないネットショップは、特に個人規模のネットショップにとって
大きなメリットがありますので、
是非とも積極的にそのような仕入先を探してみて下さい。