ネットショップをレスポンシブにする重要性

ネットショップを運営するにあたり
ここ数年のスマートホン等の普及に伴い注目されるようにあった
レスポンシブ対応のネットショップページ

あなたのお店ではすでに対応できていますか?

私のショップでは、独自ドメインのレンタルカートを開業当初から利用していたのですが
当初は、レスポンシブ対応できてない有名な某レンタルカートを使っていました。

PC用のページとスマホ・モバイル用のページとを
別々に作成しなければならないタイプのカートです。

現状、この手のレンタルカートがまだほとんどですね。

開業当初、モバイル版のページも別に構築できるツールが付いていれば
全く問題ないと考え、そのカートに決めてスタートしました。

当初は、とにかく集客もできず、それほど売れず、、
ページ表示の最適化のことなんて後回しだったため
特には気にならなかったのですが、、

順調に売り上げが上がってくるようになってくると
スマホ用のページを別途、作成しなければならないという手間が
大きな負担になっていきました。

一度作成して完了であれば良いのですが、
ネットショップの場合、商品の入れ替え、商品説明の入れ替え、
更にはコンテンツの入れ替え等々、

頻繁に更新の手間がかかるものです。

PC用のページを作成・更新するためにスマホ用のページも作成・更新しなければならない、、

その作業だけでかなりの時間を要してしまうんですね。

そう感じたころ、レスポンシブ対応のレンタルカートの存在をしり、
早速セミナーに参加しそのメリットを認識したわけです。

そして、レスポンシブ対応のレンタルカートへの変更を決めました。

変更する事で、当初のショップの再構築の手間はかかりますが、
その後のメリットの方が大きかったんですね。

レンタル代金もそれほど変わることなく
(むしろ、機能面やその都度のスマホページの手間を考えると変更した方が割安)
移行する事ができたんですね。

その後は、ページの作成・更新の手間が半減できたため
本来、個人ショップ店長が時間をかけるべき仕事に集中する事ができるようになりました。

特に個人運営のショップの場合、
ただでさえ店長のやることは本当に多いです。

質の高い見込み客を集客し信頼関係を構築しお店のファンを増やしていく
という最も重要な作業に力を注ぐことが中々できないんですね。

もし現在、レスポンシブ対応のカートではないという特には個人運営ショップの店長さんが
おられる場合には、私はすぐにでもレスポンシブ対応のカートに変更すべきであると
自信を持ってお伝えします。

(関連ページ:ネットショップのスマホ対応は早期導入がおすすめ