ネットショップの商品数が少ないので売り上げが伸びずに困っている

ネットショップの質問ネットショップの商品数が少ないので売り上げが伸びずに困っている

ネットショップの質問に対しての回答
はじめに結論からお伝えしますと商品数が少ないことは決して悪いことではありませんし、商品数は多ければよいという考え方も間違っていると私は考えます。
上手に商品数を増やしていけばたしかに効率的に売り上げを伸ばす事ができますが、闇雲に商品数を増やす事だけ考えると、今よりも売り上げが下がってしまう危険性もあるのです。

恐らく質問者さんは売り上げが伸びない原因が商品数の少なさにあるとお考えなのだと思いますが、一概にそうとは言えません。
もちろん、商品数が多ければ、商品の数だけ商品ページが存在する事になりますので、つまりは検索エンジンで有利になる事が考えられます。
商品ページの数だけショップへの入口ページが増えるからですね(もちろん各商品ページごとにSEO対策が施されていることが前提です。)。
但しこれは集客の問題であり、成約率とはまた別の話になります。
例え集客できるページがたくさんあってお店に見込み客が来てくれたとしても、お店自体のページのコンセプトやターゲットが不明瞭で紹介している商品自体の魅力もしっかりと伝わらないような状態であった場合、やはり売れません。
ネットビジジネスで良く言われる「集客さえあればなんでも売れる」は間違いですので、まずはそこを認識すべきです。
そして、商品数が多ければ、お店に来てくれた見込み客の回遊率が高まるというメリットもあります。
これについてもそもそもお店自体が成約率の高いショップに構築されている事が前提となってきます。
ターゲットも明確でなければ、いくら商品数を増やしたところで良い結果は望めない事が想像できます。

また商品数の多いショップ = 品ぞろえの豊富なショップ

であると言えますが、これはある意味、何のポリシーもなく単に品揃えだけが豊富なネットショップと捉えられるというデメリットもあります。
次のページも参考までにご覧ください。
商品数が多い方がネットショップは成功しやすいのか?

このような理由から単に商品数を増やす事だけ考えていては、逆効果になってしまう危険性が存分にありますので、効果の高い商品数の増やし方を知り、実践していく事が重要です。
この部分に関しては、別ページで詳しくお伝えしたいと思います。
⇒ 成約率を高め売り上げをアップさせるネットショップの商品数の増やし方