改善策が浮かばない場合の対処方法

ネットショップを開業し、思うような成果が出ない場合に
何故、成果が出ないのかを色々と検討し、
その部分を改善していく作業が必要になってきます。

その場合、自分の頭の中だけで色々と考えていては
中々、改善のためのアイディアが出てこないものです。

そのような時におすすめしたいのは、
実際に紙等に書きながら考えてみることです。

もちろんパソコンでこの作業を行いたい方は、
メモ帳等を利用しても問題ありません。

ちなみに私自身は、
マインドマップツールを活用しています。
(自分が考える事をどんどん発展させて楽に入力でき、
視覚的にもわかりやすいのでおすすめです。)

実際に書き出して考えてみることで
頭の中で考えているだけよりも、色々なアイディアが頭に浮かんできます。

時には、間違った方向に進んでしまう事もありますが、
その案は簡単にボツにすることもできますし、
途中から修正する事もできます。

この頭の中の流れを視覚的に確認しながら作業を進められますし、
その時のアイディアを保存しておくことで、
数日、数週間後に少し時間をおいて改めて見直すことで
新たな改善策が発見出来たりすることも多いです。

頭の中だけで考えると記録には一切残りませんし、
ついさっき考えていたことをすぐに忘れてしまい
その先に発展させることができなくなったりする場合もあります。

もし頭の中だけでアイディア出しを行っていて
どうもうまくいかないという悩みをお持ちの場合には、
是非とも実際に書き出しながら
アイディア出しを行ってみて頂ければと思います。

例えば現在、あなたは集客が思うようにいかない事を悩んでいるとします。
そして、その問題を解決するために改善策を練ります。

その時に頭の中だけで考えるのではなく、
実際に次のように書き出しながら考えます。
(画像は、マインドマップツールを使っていますが、もちろん紙に書き出すのでも問題ありません。)

mindmap1

このように書き出してみることで
頭の中のアイディアをそのまま具現化することができ
大変便利です。

更には、この図をそのまま
集客数を増やすためのToDo項目表としても使う事もできます。

是非、お試し頂ければ幸いです。