ネットショップで商品の良さを伝えるためには

ネットショップを開業したものの
中々、お客様が商品の良さをわかってくれない、、、
使ってさえいただければ、その良さを分かってもらえるのに、、

等と、嘆いている店長さんも多いのではないでしょうか。

その場合、もちろんその商品の品質等が
店長さんの独りよがりになっていてはいけません。

店長であるあなたがどんなに気に入っている商品だとしても
あなたのショップのターゲットであるお客様にとっては
それほど魅力を感じないという場合も良くあります。

そうならないためには、
店長であるあなた自身の好みではなく
あなたのお客様が何に悩んでいて、何に困っているのか?

そしてどんな欲求を持っているのかについて、
必要に応じてリサーチを行い、しっかりと把握しておく必要があります。

その上で、ショップで紹介する商品をしっかりと選定します。

仮に、その商品が本当にあなたのショップのお客様を
十分に満足させる良いものだったとします。

しかしそれでも興味を持ってもらえない、買ってもらえない
その場合には、来店頂いたお客様に
その商品の良さを十分にわかりやすく伝えてあげる必要があります。

ご存じのとおり、実店舗と異なりネットショップでは、
お客様は商品を直接手に取ってみることもできませんし
もちろん使ってみることもできません。

そのため、商品写真、文章、必要に応じて音声や動画までも駆使して
詳しく商品の良さをアピールしてあげる必要があります。

また、何故その商品が自分にとって役立つものなのか、
こちらから十分な説明をしないとお客様は気が付く事ができない、、、

そのような商品やサービスもやはりあります。

ですので、そのようなケースも十分に顧慮して
その商品やサービスが何故、あなたにおすすめなのか?

これをしっかりとページ上でお伝えする必要があります。

しかし、色々なネットショップを見て思う事は
商品ページには、少しの画像と少しの説明文章しか掲載されていない
といったショップが意外にも多いです。

お店がわからするとすでに熟知していて自信のある商品であるため
どうしても商品説明等、短くまとめすぎてしまっていると感じます。

しかしその商品の事を全く知らないお客様に対しては、
極端な話、予備知識から説明してあげる必要があると考えます。

また、1つの商品についてたくさんの画像や説明文を準備するのは
それなりに大変な作業でもあります。

しかしその商品の良さが伝わらない事には、
お客様は興味すら抱いてくれません。

自分では多すぎる、詳しすぎると思える位に説明した方が
良い結果が出やすいと思います。

次のページでは、
商品の良さの伝え方を少しご紹介したいと思います。