成約率をアップさせるために【個人ネットショップの対策】

ここでは個人運営のネットショップの成約率をアップさせるために必要な考え方及び実際の対策等を解説したコンテンツをまとめてあります。
私のショップではここでご説明しているような考え方でショップ自体を構築し、更には必要な対策を施し良い結果を出しています。
更にはこのページの趣旨とは若干異なりますが、次のページでご説明しているような集客方法を実践する事で、成約率の高い見込み客を選んで集客する事ができています。
(参考:ネットショップのブログ集客≪120%の効果を実感できる集客法≫
是非とも参考にして頂き、ご自身のお店にも取り入れられるものは取り入れてみて下さい。

成約率つアップに役立つコンテンツ

ネットショップの商品説明のコツ【現役店長直伝】

商品説明のコツをお伝えする前に、まずは商品説明の目的をお伝えしたいと思います。
ネットショップ運営において商品説明部分はとても重要ですが、その目的は、そのページにたどり着いたお客様に単に商品を販売する事ではありません。
私たち個人運営のネットショップにおける商品説明の目的は、そのページにたどり着いたお客様に一度だけ購入してもらうだけでなくリピートして何度も購入してもらう事のはずです。
そのためには、この商品説明部分を上手に活用して、お店の理念に共感して頂き、また信頼関係を築き、購入後の満足度をより高めるような工夫をするべきだと考えます。
その目的を達成するための商品説明のコツについて役立つコンテンツを、以下、まとめました。

商品説明のコツ

以上、私のショップ運営の経験から商品説明のコツに関するいくつかのコンテンツをご紹介しましたが、ポイントはいかに他店との違いを出す事ができるか、そしてお店の理念やコンセプトをいかに上手に伝える事ができるか、併せていかにお客様との信頼関係を構築する事ができるかが重要なのかがお分かり頂けたのではないかと思います。

お客様に共感頂くためにお店の運営スタンスやコンセプト等をさりげなくお伝えする事で、商品説明の内容がファンとなるきっかけとなる事も少なくありません。
お客様の購入後の満足度を重視して説明を行う事で、購入後の満足感を高めリピーター獲得へとつながりますし、そのことがクレーム対策にもつながります。

商品説明部分だけでなくネットショップ内のコンテンツ全体、更にはお店のブログ全体を通じてこのような考え方で対策を施しておくことで、成約率、リピート率の高く更にはファンとなってくれるお客様が少しずつ増えていきます。

下記のテキストではそのようなネットショップの構築方法を具体的にご説明しておりますので、是非、メルマガ登録の上、ご活用頂ければ幸いです。

お客様の声の集め方

ネットショップで売り上げを上げていくための強力な武器になるのが「お客様の声」です。
しかしこの「お客様の声」簡単には集まりません。
おまけや値引きで無理やり集める事は可能かもしれませんが、無理やり書かされたお客様の声は、リアリティに欠け、ショップの売り上げアップにそれほど役に立ちません。
そればかりか内容の薄いお客様の声ばかりが掲載されているネットショップは、逆に信頼をなくしてしまう危険性すらあります。
このページには、あなたのショップの売り上げに大きく貢献してくれるような、そんな真のお客様の声の集め方そして活用方法を解説したコンテンツをまとめました。
是非とも参考にして頂ければ幸いです。

お客様の声の集め方

お客様の声の活用方法

これらのコンテンツをご覧頂ければ、ショップの売り上げアップに貢献するようなお客様の声を集めるためには、お客様の声の集まりやすいショップの構築と運営が必要になってくることがお分かり頂けるのではないかと思います。
そして、お客様のとの信頼関係を構築するための仕組みをショップに取り入れる事で、効率的にお客様の声が集まるようになってきます。

そのようなネットショップの構築方法について具体的に説明したテキストを今だけ無料でご提供しています。
「お客様の声」が集められずに悩んでいる店長さんでもテキストで説明するようなネットショップを構築する事で、効率的に「お客様の声」が集められるようになるはずです。
是非、ご自身のショップに取り入れて頂ければ幸いです。

売れない理由を明らかに

ネットショップを開業したものの、売れないとお悩みの店長さんのためのまとめページです。
何故、売れないのかのヒントとなるような内容になっていますので、売れない理由を明確にして、少しずつでも改善してみて下さい。

ネットショップで売れない理由を明らかに

突然、売れなくなった理由を明らかに

このページでご紹介している各コンテンツの中には、表面的なテクニックに関する事も若干、含まれますが、多くは継続的に売り続けるようなネットショップを構築するための基本的なことをお伝えしています。
あなたのショップのファンをたくさん作り信頼関係を構築し売れるショップの仕組みを構築する事が、私たちのような個人運営にはとても重要になってきます。
売れない理由がわからずにお悩みの店長さんは、是非、このページの各コンテンツを参考にご自身のショップを改善して頂ければ幸いです。

また、そのようなショップを構築するために必要となる考え方や具体的ば構築方法を丁寧に説明したテキストを、今だけ無料で差上げております、
以下ご覧頂き、もしご関心がおらりでしたら是非とも実践してみて下さい。

ネットショップで商品が売れなくなった理由と原因 まずはこの3つをチェックしよう!

ネットショップ運営を運営していると、これまで売れていた商品が急に売れなくなってしまうという経験をする事があります。
売れなくなった商品がショップの主力商品であった場合、大きな打撃を受けてしまう事もあります。

ここでは、その理由と3つの項目をピックアップしてお伝えします。
急に商品が売れなくなってその理由や原因がわからなくて困っているという店長さんは、是非とも参考にしてみて下さい。

接客に問題がある

ネットショップを開業してしばらく間は、丁寧な接客を心がけることで着々とファンを増やしていく事が可能です。
しかしどんどん売れるようになって店長が忙しくなってくると、どうしても接客の質が落ちてしまう傾向にあります。
その時に、接客の質を落とさないように意識できるのか、もしくは忙しさにかまけて、接客の質を落としてしまうのかによって、その後のショップが進む道が大きく変わってくることも考えられます。
接客の質の低いネットショップでは、当然のことながら新規顧客も付きにくいですし、リピーターに関しては質の高い接客を受けている経験から、以前よりも接客の質が落ちたことを実感し、お店を離れていってしまう危険性も大いにあります。
その結果、売上がどんどん落ちていくという事にもなってしまいます。

接客の質が原因で商品が売れなくなったケース

ネットショップの顧客対応~問い合わせへの返事~

お客様との信頼関係を構築するための接客方法

新規顧客数の減少

安定して継続的に売り続けるためには、リピーターの育成と新規顧客の獲得が必須となります。
特定の商品が急に売れなくなってしまう場合、リピーターよりも新規顧客の減少が原因であることが考えられます。

新規顧客の減少で商品が売れなくなったケース

売れ筋商品を他店が安売り

これまで売れていた商品が急に売れなくなった理由と原因で一番多いのは、同商品を他店が安売りしたケースではないでしょうか?
他店と同じ商品を販売している場合、このような事が起こりやすいため競合ショップの動向調査をある程度行う事をおすすめ致します。
早い段階で状況がわかれば、早々に対応する事ができます。

但し、私たちのような個人規模のネットショップの場合、価格で勝負しても勝てませんので、価格以外の所で自分のショップを選んで頂く必要があります。
そのようなショップを構築してさえおけば、他店が同じ商品を安売りしようとそれほど影響を受ける事はありません。

実際に私のショップでも同じような事が起こりました。私のショップの競合店はどのショップも法人の大手ショップばかりなのですが、それらのショップで販売するものと同じ商品も取り扱っています。そもそも価格では勝負になりませんので、私のショップがやったことは、「同じ商品でも付加価値を付ける」という部分です。その付加価値が付いた商品は、元は他店の商品と同じものですが、他店では手に入らない商品となって販売する事ができました。その結果、他店よりも高い値段で販売しているにもかかわらず、飛ぶように売れていくという現象が起きます。このように付加価値を付けて自分のショップのオリジナルとして販売できる商品は良いのですが、もちろんそうでない商品も取り扱っています。それではそのような商品はどのようにして販売しているのか?これもコツがあります。このページでご説明すると長くなりますので割愛しますが、また別の記事でお伝えできればと思います。現在、このような問題でお困りの店長さんがもしおられましたら、個別にお問合せ頂ければご説明させて頂きます。

 

価格以外の部分でお客様に選んでもらうためにはどうすればよいのか?
その答えを見つけるために参考となる情報を以下、ご提供致します。

他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(1)
他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(2)
他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(3)
他店でも販売されている商品はネットショップでは売れないのか?(4)

関連:他店よりも高い値段で商品を売れるショップを目指しましょう

 

売れるネットショップ構築方法
売れるネットショップ構築方法

【検証結果】ネットショップで売れない理由 早々に改善したい6つの項目

ネットショップで売れない理由は色々とありますし、当然のことながらショップによってもその理由は異なります。
ここでは私のショップ運営経験上、売れない理由となっている項目を6つピックアップしてみました。

すぐに改善できるものもありますので、それぞれの項目についてしっかりとチェックし、自分のショップで出来ていなところから一つずつ改善していきましょう。

1.ショップのデザイン
あまりにも素人すぎるデザインのショップは、悪い意味で目立ちます。
最低限のクオリティを保つように心がけるべきです。

2.選べる決済方法
現在、複数の決済方法が選べることが当たり前となっています。
自分の選びたい決済方法がない場合、それだけで売れない原因になります。
クレジット、代引き(コレクト)、後払い、銀行振込位は、最低限選べるようにすべきです。

3.そのお店で買う理由がない
お客様が商品を購入する際は、そのお店を選ぶ理由が必ず存在ます。
つまりは他店よりも優れている何かが多ければ多いほど買う理由につながります。

4.お客様が来ない
そもそもお客様が来なければ、やはり売れません。
ネットショップの集客対策は、店長にとって必須項目です。
現在、色々な集客方法がありますので、必ず対策を施しましょう。

5.商品に魅力がない
そもそも商品に魅力がなければ売れません。
魅力的な商品を商品を紹介するためには、その商品を必要としているお客様を意図的に集客する必要があります。
そして、その商品の良さを十分に伝えるための対策も必要になってきます。

6.顧客対応が悪い
顧客対応は、やはり重要です。せっかく良い商品を紹介してもお店側の対応が悪いとお客様は去って行ってしまいます。
仮に他店では手に入らないような人気の高い商品を販売していたとしても、お客様を不可にさせるような対応をしていると、リピーターは尽きませんし、いずれは商品自体も売れなくなってしまいます。

 

【実例】最も集客効果の高かったネットショップの集客方法

ネットショップ集客イメージ画像

ネットショップ集客の方法は色々とありますが、果たしてどの集客方法が最も効果的なのか、恐らく多くのネットショップ店長さんがそのために参考になる情報を探しているのではないかと思います。

ここでは現役ネットショップ店長である私が実際に色々な集客方法を試して、最も効果の高かった集客方法をお伝えしたいと思います。
このページでおすすめしている集客方法は、今現在でも毎日私のネットショップに継続的に質の高い見込み客を送り続けてくれている方法ですので、是非とも参考にしてみて下さい。

【このページの目次】

 

【集客関連コンテンツ】

 

ネットショップ集客の種類について

ネットショップの集客方法で代表的なものとして、ご存じの通り次のようなものがあります。
※ここでは、オフラインの集客方法については触れません。

  • SNS集客
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告
  • SEO対策
  • ブログ集客

SNS集客

SNSとは、Social Networking Serviceの略で、
その代表的なものは、FaceBook、Twitter、最近ではインスタグラム等。
このようなSNSを活用してネットショップに集客する方法を、SNS集客と呼びます。

例えば、FacebookやTwitterで知り合いやフォロワーを増やし、その場所であなたのショップのアピールをする事で、集客していくという方法です。

Twitter集客は、いかにターゲット属性に近いフォロワーを増やせるか、そしてリツイート機能による拡散力をいかに活用できるかという部分でポイントあると考えられます。
特にTwitterに関しては、若い年代のユーザーが多いため、若年層を集客したい場合には、とても相性が良いと思います。若い世代のユーザーの心に響くようなつぶやきを心がける事でリツイート率も高まります。例えばとてもユニークで他の人にも教えたくなえるような商品を販売していれば、その商品のことをつぶやく事でTwitter経由のたくさんの見込み客の集客が期待できますが、基本的にはお店の宣伝と思われてしまい逆効果になる事が多いため、多くの方が悩んでいる事等を解消できるような、役に立ったと感じてもらえるような、そして共感してもらえるようなつぶやきを行う事でより多くのユーザーにリツイートしてもらえる可能性が高まり、より効果的な集客ツールとしてTwitterを活用できるのではないかと思われます。

またFacebookに関しては、年代の高いユーザーも多いため、Twitterと比べると幅広い年代の集客にも活用する事ができると考えます。
これもTwitter同様で単なる宣伝のためのものと考えて使うと思うように集客できません。ショップの理念やコンセプト等を共感してもらえるようにコミュニケーション重視で知り合いとやりとりを継続していく事で、より効果的な集客ツールとして使う事ができるようになると思います。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleやyahoo等にお金を払って、検索結果の画面等にご自身のショップの広告を表示させて集客するというものです。
GoogleやYahooで検索をすると、通常のwebページ以外に広告が目に留まると思いますが、その部分から自分のページに集客をしていく方法です。

上手く活用するためには、ある程度のスキルや経験が必要ではありますが、ページ自体のSEO対策を施して検索結果の上位表示を狙う場合に比べ、効果的に活用する事で手っ取り早く希望したキーワードの検索結果に広告を表示させることができますので、大変便利で即効性の高い集客方法であると言えます。また広告からリンクで飛ばすページを指定できますので特定のページに短期間のうちにたくさんの見込み客を集客したい場合等にも効果的に活用できる集客方法と言えます。

需要の高いキーワードの場合、集客するためにはそれなりの広告費が必要になりますが、商品やサービスによってはそれほど広告費をかけることなく特定のページへの集客を行う事ができる場合もあります。また、例えば、リスト獲得の目的で短期間に集中して該当するページに集客をするという使い方もできます。

 

アフィリエイト広告

これは商品やサービスを紹介して収入を得ているアフィリエイターと呼ばれる人たちに自分のショップの商品やサービスを紹介してもらうという集客方法です。
独自のシステムでアフィリエイターを集めてアフィリエイト広告を出し集客するという方法もありますが、広告主とアフィリエイターを仲介するASPと呼ばれる会社を通じて広告を出すことが一般的です。
報酬額を高く設定することで数多くのアフィリエイターに自社の商品を紹介してもらう事が可能です。

DRMにおけるフロントエンド、例えば、無料お試し商品等に関心を持つユーザーを数多く集客したい時等にこのアフィリエイト広告を活用することで効果的に見込み客を集客することができます。また副業系の情報販売等に関心を持つ人を集客したい場合に、相性が良いように感じます。

またある意味変則的ではありますが、アフィリエイト自体が副業的要素を持っているため、そのような商品に関心を持つ人=アフィリエイター自体とも言えるため、アフィリエイター自体を見込み客に設定し集客をしたい場合にも活用する事ができる方法だと言えます。

 

SEO集客

自身のネットショップのページを検索エンジンの検索結果でできるだけ上位に表示させるために対策を施すのがこのSEO対策です。TOPページはもちろんそうですが、各商品ページ等に関しても見込み客が関連するキーワードで検索をした場合に、上位表示されるように対策を施していきます。上手く狙ったキーワードで特定のページを上位表示させることができれば、広告費をかけることなく検索結果から見込み客を集客していく事ができます。

SEO対策による集客を成功させるためには、基本的なSEO対策の知識、そしてライバル調査等が必要になってきます。ライバルの強くないキーワードであれば、比較的容易に上位表示を達成できることも多いため是非とも取り入れるべき集客方法だという事ができます。

現在、WEB集客にはいろいろな種類がありますが、その中でも検索エンジン経由の集客数がやはり最も多いことからこのSEO集客は必ず取り入れるべき集客方法という事ができます。

 

ブログ集客

ネットショップ以外に、ブログを構築してそのブログ経由で見込み客を集客するという方法です。使うブログは、無料のブログであったり、独自ドメインを取得してワードプレス等で構築するようなブログであったりと方法は様々です。ネットショップの場合、例えば、レンタルしているカートの機能のひとつに店長日記というブログ機能が付いている場合も多いのですが、もちろんその機能(ブログ)を活用する場合も、ブログ集客に入ります。但し、後ほどご説明しますが、店長日記=集客手段という使い方をしていない店長さんも多いので、そこはしっかりと活用方法と効果を理解して実践する必要があります。

ブログを経由して目的のページへ集客する方法ではありますが、このブログ集客も検索エンジンを介して集客する方法となりますので、そういう意味ではSEO集客と同様と言えると思います。

 

各集客方法の効果のほどはどうなのか?

以上、代表的なネットショップ集客の方法を簡単にご紹介しましたが、それでは、各集客対策の効果についてはどうなのか?現役ネットショップ店長でもある私の経験からお伝えしたいと思います。

SNS集客の効果について

FacebookやTwitter等を活用した集客は、無料でしかもとても簡単に始められますので、是非、ネットショップの集客対策に活用すべきです。

その効果ですが、リアルタイムにネットショップに誘導できるという点では、その他の集客対策にはないメリットがあります。またTwitterに関しては、拡散力も備わっていますのでそれも他の対策にはない良さであると言えます。
例えば、ブログ集客やショップ自体に対策を施すSEO対策にしても、ページを改善したり作成したりしてからその効果が現れるまでには、それなりの時間がかかります。
すでに長く運営しているショップであれば、数日で効果が出る事もありますが、仮に新しいドメインを取得して構築したブログの場合、そのブログが検索エンジンに認識されるまでに数か月かかる事が多いです。
一方で、FacebookやTwitterであれば、すでに友達やフォロワーがそれなりの数存在する事が前提にはなりますが、投稿してからすぐさまその投稿を見てくれた人をネットショップに誘導する事が可能です。
例えば、単発的に特定のページにたくさんの人を誘導したいときなどは、有効に活用する事ができます。
更には、SEO対策のように検索エンジンのアルゴリズムの変更に左右されないというメリットもあります。
そしてこのようなメリットを持つSNS集客は、ショップ開業時でも高い効果を発揮します。

通常、ショップを開業したばかりというのは、ネットショップのドメイン自体が中々検索エンジンに認識してもらえず、すぐにはお客様が来てくれないような状態にあります。しかし、SNSを活用する事で、仮に検索エンジンに認識されていないネットショップであっても見込み客を誘導する事がでてきてしまいます。そういう意味でも、このSNS集客は、是非とも活用すべき集客対策であるという事ができます。

私のショップでは、開業したばかりの頃、Twitterとアメーバブログを随分と活用させてもらいました。検索エンジンに認識されにくい開業時でも、少しずつですが見込み客を集める事ができました。 ※アメーバブログは、ブログなのでブログ集客なのでは?と思われるかもしれませんが、アメーバブログの良いところは「読者登録申請機能」にあります。これは、あなたのブログの読者になって良いですか?とそのブログの運営者に告知する事ができるという機能で、その機能を使う事で自分のショップに関心を持つであろうブログの運営者に自分のネットショップの存在を周知させることができるわけです。つまりリアルタイムに集客対策を施すことができるSNSと似たような使い方ができます。その他、「ペタ」「いいね」機能等もあり、ショップに誘導できる機能が充実していますので、是非とも活用頂きたいです。

 

 

リスティング広告の効果について

広告料を支払い、上手に活用をする事で数日でほぼ希望通りの検索結果に自身のネットショップの広告を表示させることが可能です。

先ほどのネットショップページのSEO対策やブログによる集客対策では、その効果が出始めるのにどうしても時間がかかりますので、このリスティング広告はその点手っ取り早く希望通りの検索結果ページに表示できるという意味で、いまだにネットショップの集客はリスティング広告に勝るものはないと主張される方も多いです。確かにそういう意味では効果的です。

但し、上手に使うためにはそれなりのノウハウや経験も必要ですし、競合の多いキーワードの場合それなりにお金もかかります。資金に余裕があるのであれば、チャレンジされるのも良いと思います。

少し前までインターネットビジネスで最も優れた集客方法は、このリスティング広告であるという考えを持っている人がほとんどでした(今でもそうかもしれない)。そのためネットショップにおいてもリスティング広告を上手に活用できる人が重宝されていたりしますが、私自身、自分がリスティング広告を活用した経験上、どうしても無駄が多く、あまり効率の良い集客方法ではないと考えています。

その理由は、インターネットで検索をするユーザーの特性に関係しています。リスティング広告を活用したい何かの商品やサービスを提供している企業・お店は、その商品やサービスを購入してくれるお客様を自分のショップに誘導したいと考えます。しかし、インターネットで検索して探し物をしているユーザーは、購入したい商品情報だけを探しているわけではありません。

更には、商品やサービスを提供したい会社が提供する情報よりも、ユーザーの立場から提供された情報の方をより参考にするという傾向にもあります。

仮に購買意欲の高いユーザを誘導したい場合には、リスティング広告の方が良いという考え方もありますが、購買意欲の高いユーザーほど他店と比較するためには更なる情報を欲しがる傾向にもやはりあります。またユーザーが商品の購入に至るタイミングは様々ですので、リスティング広告で誘導したタイミングで必ずしも成約に至るわけでもありません。

そのため、広告で誘導したユーザーの購入に至るタイミングまで関係性を保つために、ユーザーのメールアドレス獲得を目的としたページに誘導するという手法を用いる事で、ユーザーが商品を購入するタイミングまで関係性を保ちその商品の良さ等を伝えていく事で購入して頂くという方法を用いる場合も多いです。

メールアドレス(リスト)獲得を目的としたリスティング広告に関しては、私自身、賛成する所ではありますが、その場合でも、広告を経由して初めての接点を持つユーザーが成約に至る確率は、そうでない場合に比べてやはり低いはずであり、そういう意味で、リスティング広告は無駄が多いと言わざるを得ません。

個人的な結論としましては、資金に余裕のある場合以外は、推奨できません。

私のネットショップでは、過去にリスティング広告の専門家に指導して頂きながら、リスト獲得ページや主力商品ページへの誘導を試みましたが、その効果のほどは期待以下でした。リスティング広告の専門家と言っても全てのジャンルに精通しているわけではなく、そのジャンルの広告で効率よく見込み客を集めるためにそれなりの資金(広告費)と検証のための期間が必要になるという事を痛感しました。私のショップで期待通りの結果が出なかったのは、そこまで検証を続けるための資金に余裕がなかったことが一番の原因と考えています。つまり資金力のない個人運営のネットショップには、中々難しいという事です。そして、これはその後わかったことですが、リスティング広告よりもより成約率を高める事ができる集客方法を見つけることができたため、それ以来、ショップでリスティング広告を使う機会はなくなりました。

アフィリエイト広告の効果について

高い紹介手数料を支払う事が可能であれば、周知能力の高い、力のあるアフィリエイターにネットショップ自体、そして商品、更にはリスト獲得のためのページへの集客を依頼する事で、爆発的なアクセスを誘導する事は可能です。

しかし、それができる個人規模のネットショップはほぼ皆無と言えるのではないしょうか。
また仮に資金的にある程度の余裕があった場合でも、アフィリエイト広告のリスクは認識しておく必要があります。それは、自身のショップの事、そして商品やサービスの事が間違った内容でユーザーに届いてしまう危険性があるという事。そして、不正を働くアフィリエイターも少なくありませんので何かあった場合の対処が必要な事等を考えると、やはり個人運営のショップの場合、あまりおすすめできません。

ネットショップ運営を行う前には、様々なネットビジネスを実践してきました。もちろんアフィリエイトも経験しそれなりの成果を出しました。その経験から、アフィリエイト広告で収入を得たい人の中には、その商品のよさを自ら体感して紹介してくれる人はほとんどいないということを知っています。アフィリエイトの場合、その商品やサービスを自分のブログやWEBサイトで紹介して成約に至った場合のみ報酬が発生するという仕組みから、アフィリエイターは成約させたいがために大げさな紹介の仕方をしたりすることも多いです。その結果、自身のショップの商品の特徴がお客様に正しく伝わらない危険性もやはりあり、その場合、クレームにつながってしまったり、ネットショップのイメージを崩してしまう事にもつながります。もちろん、質の高い情報で真面目にアフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターもいますが、このようなリスクを考慮すると、特には体力のないネットショップでアフィリエイト広告を活用する事はおすすめできません。

SEO対策の効果について

GoogleやYahoo等を利用して特定のキーワードでユーザーが検索した際に、自身のショップのページを検索結果の上位に表示させるために施す対策が、このSEO対策です。検索結果の上位表示を狙うために、サイト内部のコンテンツ同士をリンクさせる内部リンク対策や、外部のサイトからの被リンク数を増やしていく外部リンク対策、その他いくつかの対策方法があります。

このSEO対策については、無理やり検索上位表示をさせようと不自然で急速な被リンクを増やしたりすることでペナルティが課され、検索結果の順位が下がるだけでなく、検索結果から消えてしまうというような危険性もありますので、知識のない方が下手に対策を施す場合には、注意が必要です。

対策方法等々、色々とあるにはありますが、要は充実したコンテンツ掲載を心がけることが一番需要な点であると考えられます。そのキーワードで検索するユーザーがどんな情報を求めているのかを想定し、そのユーザーに満足してもらえるようなコンテンツを書く事が最も効果的なSEO対策であると言えるかもしれません。

検索上位に表示されるされないは別として、あなたの作ったページは、あなたのネットショップの財産として残す事ができます。そのページが狙ったキーワードで検索上位表示されれば、広告費を使うことなくあなたのネットショップに見込み客を誘導する事が可能です。

大手ネットショップの場合等々、外部のSEO対策会社に依頼をして対策を施しているようなところも多いですが、個人規模のネットショップの場合、中々そのような資金の余裕もないはずですので、店長自らが自分で施す事ができる最低限の対策を施しておくことをおすすめ致します。

SEO対策に関しても随分と勉強し自分のネットショップでも色々と試したりもしましたが、専門業者にこの対策を依頼すれば必ずしも良い結果が出るとは限りません。むしろ、期待以上の結果が出るとは思わない方が賢明です。実は、ネットショップの場合、ジャンルによってはこのSEO対策をほとんど施していないようなジャンルもたくさんあります。そのようなジャンルのネットショップの場合、最低限の基本的なSEO対策を施すだけで競合するショップよりも簡単に自分のショップのページの方が上位に表示されることも多いです。あなたのネットショップで取り扱うジャンルの商品名、メーカー名、ジャンル名等で、検索需要の高いキーワードを調査して、そこに表示されるライバルのページを確認してみて下さい。表示されたページよりも濃い内容のページを作る事ができれば、比較的簡単にそのページよりも上位に表示される場合も多いです。このサイトでご提供している「無料講座」で推奨している方法を実践頂ければ、自ずとSEO対策が施されたネットショップが出来上がります。

ブログ集客の効果について

ネットショップのページとは別にブログを使ってネットショップと関連するあらゆるテーマでコンテンツを提供していく事でネットショップに対して様々なメリットを与えることが可能です。ネットショップと同じドメインを使ってブログを構築し、複数の記事を更新していく事でそのドメイン自体が強くなるというメリットもあります。ドメインが強くなれば、ネットショップの各ページ自体が検索エンジンでより上位表示されやすくなります。また逆にネットショップとは異なるドメインでブログを構築した場合でも、そのブログを育て、そのブログからネットショップへリンクを送る事で、ネットショップのドメイン自体がやはり強くなります。

また記事(ページ)をたくさん作っていく事で、作った記事の数だけネットショップへの入り口が増えるというメリットもあります。各記事からネットショップへ効率的に集客をするためには、ショップの見込み客の多くが検索するであろうキーワードを調査し、それらのキーワードで記事を書いていく(各記事のタイトルにそのキーワードを含める等)事で、それぞれの記事が検索エンジンで上位表示される可能性も高まります。

現在、多くのレンタルカートには、「店長ブログ」と呼ばれるブログ構築機能が備わっていますが、上述したような方法で上手に活用できている店長さんはあまり多くないように感じます。そもそも「店長ブログ」の目的を、そのショップがリアルタイムに運営されている事を来店したお客様に認識して頂くためだけのものと考えてしまうと、店長ブログで投稿した各記事が、検索エンジンからの集客に一切役に立たないものになってしまうという場合もありますので、せっかくブログ機能を活用するのでしたら、書いた記事が検索エンジンで少しでも上位表示されるような使い方をされることをおすすめします。

またこのブログ集客のメリットは他にもあります。それは、このブログを活用する事で単にネットショップへ集客するだけでなく、見込み客との信頼関係の構築、そしてネットショップの理念やコンセプト等、更には販売する商品やサービスの良さを周知する事ができるという点です。このような使い方をする事で、見込み客との信頼関係を構築しつつ、ネットショップや商品の良さを伝えながらショップに見込み客を集客していくことが可能となります。単に集客する事を目的としたブログ集客と比べ、このような使い方をすることで、成約率が高く、ファンになってくれる可能性も高い見込み客をたくさん集客していく事ができるわけです。この部分が、PPC広告等と比べて、ブログ集客がとても効率的であると感じる理由です。

そういう意味で、このブログ集客は期待以上の効果をもたらすものであると言えます。いわゆる「コンテンツ・マーケティング」と呼ばれるものですね。ここ数年、このブログ集客の効果を実感している人が少しずつ増え始めているからこそ、「コンテンツ・マーケティング」という言葉も有名になりましたし、それを専門でサポートするような会社もいくつか存在します。しかしネットショップで十分にこのブログ集客方法を生かしている店長さんは、残念ながらまだまだ少ないと感じます。

私のネットショップでもショップへの集客方法として、このブログ集客を早い段階で取り入れたため、PPC広告等の有料の集客を一切使うことなく、それ以上の効果の高い集客を行う事ができております。成約率が高く、リピートしてくれる確率の高い見込み客を選んで集客するためには、ブログに、単にセール情報や商品情報を書いたり、休日の店長の一日を書いたりしていてはいけません(もちろん一切ダメとは言いませんが)。効果的にブログを活用するためには、あなたのネットショップのターゲッ トがどんなことに悩んでいるのか、何を欲しているのか等々を理解し、そのターゲットに役立つよう な、共感してもらえるような記事を書いていかなければなりません。また商品を単に紹介するのでは なく、何故、その商品をおすすめしているのか、どんな悩みを解決できる商品なのか、誰におすすめ したい商品なのか、何故、自分のネットショップでこの商品を紹介しているのか等々を丁寧に説明して、ネットショップの理念やコンセプト等を読む人に暗に伝えていかなければなりません。

 

 

ネットショップで実際に効果の高かった集客方法とは

ここまで、ネットショップの集客方法とその効果について、自分のネットショップ運営の経験からお伝えしてきましたが、ここでは実際に効果の高かった集客方法をお伝えします。念のためお伝えしておきますが、私のネットショップは個人規模(小規模)で人員も資金も十分にないネットショップです。ですので、そのようなショップで効率的に集客をするために効果の高かった方法という事になります。

私のネットショップで実際に効果の高かった集客方法は、次の3つです。

  1. SEO対策(YouTube集客含む)
  2. SNS集客
  3. ブログ集客

その中でも、継続的に安定して質の高い見込み客の集客に最も貢献しているのは、「ブログ集客」という事になります。以下、それぞれ説明します。

1.SEO対策

私のショップでは、必要最低限のSEO対策しか施していません。しかし、大きな効果が出ています。そのため、効果の高かった集客対策としてこのSEO対策もここに位置づけました。その効果とは、特定の商品の商品名やモデル名で検索結果の上位に表示されているという部分です。また、商品ページだけでなく商品の良さをお伝えするためのコンテンツページについても狙ったキーワードで上位表示されています。高いお金を払ってSEO対策会社に依頼しているわけでももちろんありません。

このような効果が出ている理由は、多くの競合店で最低限のSEO対策を施していないからだと考えられます。ネットショップのジャンル等によっても異なりますが、この最低限のSEO対策を施していないネットショップは、かなり多いです。それは、資金力のある法人運営のネットショップでも同様です。何故、最低限のSEO対策を施すことができていないのかというと、恐らく、それらの対策を専門業者やレンタルカートの集客対策等に依存し過ぎており、店長自身の勉強不足、経験不足によるものではないかと考えています。

例えば、SEOの知識が少しでもある店長さんであれば当たり前の事ではありますが、ネットショップに商品を登録する際、その商品名(タイトル)にまでこだわっている店長さんは案外多くないと感じます(その商品を欲しているユーザーがどのようなキーワードで商品を検索するのか等)。また、例えば、カラー、サイズ、モデル違い等々バリエーションのある商品について、カートのバリエーション選択機能を使って1ページにまとめるべきか、あえて、バリエーション機能は使わず、それぞれ別の商品として1ページずつに登録するべきか等まで考えて商品登録をしている店長さんがどれほどいるでしょうか?恐らく、そこまで考えている店長さんは、それほど多くはないと考えられます。

またSEO対策の専門業者に依頼した場合でも、そのような部分にまで対策を施してくれる業者は、残念ながら多くはありません。レンタルカートに付随する集客対策ツール等も、これらの部分にまできめ細かく対応できるツールはありません。

その理由は、このようなSEO対策というのは、そのネットショップのジャンルや業界、ユーザーの心理等にある程度精通している必要があるからです。もちろん、知識のない人でもリサーチをすることである程度の予測もたちますが、残念ながらその部分まで立ち入ってサポートをしてくれるSEO対策業者は多くありませんし、レンタルカートの集客対策(独自モールやアフィリエイト機能等)については、単なるツールでしかありません。

そのため、ショップの店長自らが最低限のSEO対策を施すことで、高い効果を期待できるわけです。これに関しては、SEO対策を自ら施したことのある経験者であれば、本当に基本的な所ですので、知っているかどうか、という部分になります。お金ももちろんかかりませんし、手間もかかりませんので、対策しない手はないですね。多くのネットショップ運営者が施していない最低限のSEO対策ですが、ここで細かく説明するとかなりのボリュームになってしまいますので、具体的な事はここでは割愛します。また別の記事や、個別のサポートでお伝えしたいと思います。

そして、YouTubeを活用したSEO対策ですが、これも今のところ活用しているネットショップはほとんどありませんので、現状、やればやるほど効果が出ます。具体的な対策の施し方に関してはこのページでは割愛しますが、上述したショップページのSEO対策同様に、多くのネットショップでYouTube集客を活用しているネットショップはまだまだ少なく、しかもその対策を施す事に大きな手間ももちろんお金もかかりませんので、是非とも取り入れて頂きたい集客方法という事ができます。

 

2.SNS集客

SNS集客に関しては、実は、私がネットショップをオープンした数年前には、その集客方法についてほとんど知識を持っていませんでした。しかし知識のない当時の私が、見よう見真似でチャレンジした集客であっても、それなりの効果を発揮してくれました。私が当時、活用して効果を実感したのは、上述した通り、アメーバブログとツイッターです。ネットショップ開業当初は、ご存じの通り、検索エンジン経由の集客はほとんど期待できません。もちろん広告を出せばそれなりの集客はできますが、個人運営の私にはそのような資金の余裕もありませんでした。そのため、開業時にネットショップに見込み客を集めるためには、アメブロやツイッター等のSNSを活用するしか方法がありませんでした。見よう見真似でこれらの機能を使って集客したのですが、期待以上の効果がありました。

少しずつですがネットショップへのアクセスを上げていき、実際にお客様とのやり取りを行いながらネットショップ自体を強固なショップに改善していきました。今思えば、ショップ開業時に仮に大きなお金をかけてたくさんのアクセスを流し込んでいたら、逆にネットショップにとってはよくない状態になったのではないかと考えています。その理由は、開業当初のショップの状態というのは、多くの見込み客を満足させることができるような状態にはない事が多いからです。実際に運営を開始し、お客様の反応を見て、場合によってはコンセプトも修正する必要がある場合もありますし、商品ラインナップに関しても若干、変更が必要な場合もあります。つまり開業当初は売れるネットショップにはなっていないわけで、その状態でいきなりたくさんのお客様が来店してくれても、ネットショップに関心を持ってくれずに即座にページを閉じられてしまうばかりではなく、個性や魅力のないネットショップであると認識されてしまうというデメリットさえあると考えています。

とは言いましても、少しずつでも集客をしていかなければお客様の反応もわからないため、ネットショップの改善もできません。そのため、ショップオープン当初でもやはりアクセスアップを図っていく必要があります。その時に、大いに役に立ったのがこのSNS集客でした。お得意様が定着するまでの間、随分と役に立つ集客ツールですので、是非、積極的に活用されることをおすすめ致します。

 

 

3.ブログ集客

ブログ集客は、実際に私のネットショップの集客手段の要となっています。ショップのページ自体の最低限のSEO対策を施す事はもちろんですが、ネットショップのページではどうしても商品情報が主なコンテンツになってしまいますので、成約率やリピート率の高い見込み客の集客を行うという意味では、それでは十分とは言えません。もちろん、買う気満々のお客様に対して、検索エンジンから商品の紹介ページにダイレクトで訪問頂く事は悪い事ではありませんが、私のこれまでの経験上、いきなり商品ページを訪れたお客様よりも、ネットショップのジャンルに関連する、お客様に役立つようなブログ記事を見てからショップを訪問してくれたお客様の方が、成約率・リピート率ともに高い印象を受けます。

そういう意味で、見込み客に対して役に立つような情報を提供していくブログ集客は、見込み客となるお客様との信頼関係の構築ツールとも言えると思います。信頼関係を構築しながら尚かつ集客もできるという大変優れた集客方法であると考えています。

このブログ集客方法を上手に活用する事で、あなたのショップ自体のコンセプトや魅力、そしてあなたのショップで紹介する商品の魅力を自動で継続的に周知し続けてくれる仕組みをインターネット上に構築する事ができます。そのような仕組みを構築するためには、すでに少し触れましたが、ネットショップ自体が現在でも営業している事をアピールしたり、店長の人柄を来店者に示し安心感を与えるといった表面的な目的のみをブログの目的とは理解せず、もっと根本的な部分で見込み客となる人たちに共感をしてもらうためのツールであると認識し、更には、検索エンジンの検索結果でもできるだけ上位に表示させるための対策等も十分に考慮しつつ集客ブログを構築していく必要があります。

特に資金力の乏しい個人運営のネットショップにとって、このブログ集客は、強力かつ最も効果的な集客手段になり得ますので、是非ともフル活用されることをおすすめしたいと思います。ネットショップにおける集客ブログの具体的な作り方は次のページでご説明しています。→ ネットショップのブログ集客

 

 

それでは、どのようにブログを活用すれば、ネットショップに効率的に見込み客を集客できるのかということになるのですが、その部分をご説明するためには、ネットショップの構築方法(ターゲットやコンセプト設定等々から)自体に大きく関わってきますので、「はじめに」から読み進めて頂き、「事前講座」に是非、取り組んで頂ければ幸いです。ネットショップに効率的に集客するためには、ターゲットの設定が必須です。

 

ネットショップに集客するだけでは駄目!その他にやるべき対策

さて、ここまで実際に効果の高かったネットショップの集客方法をご紹介してきたわけですが、そもそもネットショップにとって、集客すること自体が目的ではありません。私たちネットショップの店長の目的は、ショップに集客する事ではなく、商品やサービスを購入してもらう事、さらに言えば、1回だけ購入してもらうのではなく何度もリピートして購入してもらう事であるはずです。継続的に安定して売り続けることができるネットショップにするためには、そこをしっかりと認識しておく必要があります。

確かにアクセスがなければ(集客できなければ)、何も売れることはありません。しかしながら、アクセスがあっても売れないものは売れません。まずはそれ以前に、お客様が来てくれさえすれば購入してもらえるネットショップを構築しておく必要があります。(厳密にいえば、その商品やサービスに関心を持ってくれるお客様を意図的に集客する必要があります。更には、リピートしてくれるようなあなたのショップの理念やコンセプトに共感してくれるお客様を意図的に集客する必要があります。)集客さえあれば何でも売れる、というの大きな誤解であると認識すべきです。

 

ブログで集客する方法

ネットショップへの集客方法は色々とありますが、私のこれまでのショップ運営経験から一番おすすめしたいのはブログ集客です。

ブログ集客と言っても、アメーバブログ、無料ブログ、ワードプレス等々がありますが
その中でもワードプレスを使ったブログ集客をおすすめします。

もちろん、できることでしたら、アメブロ、無料ブログ等々もすべて活用するべきですが、特に個人運営のネットショップの場合、やはりやれることには限界があります。

アメーバブログに関しては、読者登録機能等が付いていますので、特に開業したばかりのネットショップにおいては有効活用すべきですが、投降した各記事が将来にわたって自分のショップの集客システムとなってくれるという意味では、ワードプレスを活用したブログで集客をされることをおすすめします。(関連記事:開業したばかりのネットショップにお客様を集める方法

またワードプレスを利用する事のメリットは、投稿のしやすさ等の使い勝手の良さと、管理のしやすさ、デザインの豊富さ等々、色々とありますので
ご自身のショップへブログを使った集客を行いたいと検討されている方は、是非、ワードプレスで行われることをおすすめしたいと思います。

ブログを使った具体的な集客方法に関しては、「講座」その他でまたお伝えしますので、ここでは簡単にご説明します。

ご自身のショップのジャンル、そしてターゲットとなる見込み客に役立つような情報をたくさん投稿していく事で、あなたのショップへの入り口がそれだけ増える事になります。
基本的にインターネットでお買い物をしたという方は、単に商品だけを探しているわけではなく、参考になる情報をも探しています。

そのため、そのような見込み客に対して役立つような情報を提供し満足してもらう事で、そのブログはもちろん、あなたのショップ自体の信頼性をも高めることが可能です。

また、ブログ自体が巨大な媒体となり強いパワーを持つようになると、そのブログからリンクしたあなたのショップにもSEO用上、有利に働きます。
もし、ショップのドメインのサブディレクトリとして、ブログを運用する場合には、ショップのページ自体がたくさん増えていく事になりますので、ショップドメイン自体強くなり、やはりSEO上、有利に働きます。

そのような意味でも、ブログで記事を更新していく事は、売れるショップづくりにかかせないものであると考えています。

しかしながら、色々なネットショップのブログを見る限り、この大変有効な集客システムとなり得るブログ自体を、上手に活用しているショップはそれほど多くはありません。

私の感触では、例えば、PPC広告等の有料での集客方法よりも、ここでご説明したようなブログを活用した集客方法の方がより良い結果を出しています。

有料広告の場合、商品名等のキーワードで集客するため、その商品自体に関心を持つ人がショップへ訪れるわけですが、ショップに来てくれた時点でよほど強烈なコピーがある場合や、イメージに残るようなインパクトのある画像等がなければ、すぐに立ち去ってしまう事の方が多いように感じます。

一方で、情報を探している人が役立つ記事にたどり着いた場合には、そこに書かれた文章をそれなりに読んでくれる傾向があると感じます。その結果、仮に役立つ情報がそのブログに書かれていた場合、ある意味、少し信頼感を感じて頂いた状態でのショップ訪問となりますので、広告をクリックしていきなりショップに訪れる人と比べ、ショップ自体のコンテンツをより丁寧に見てくれる傾向にあると感じます。

そういう意味でも、ブログ集客はネットショップ集客にとても向いている集客方法だと考えられます。

関連記事もご覧ください。

ネットショップにおけるブログ集客の方法

ネットショップの集客方法

 

売れるネットショップ塾~継続的に安定して稼ぐための無料講座~

このサイトでは、

これからネットショップを開業したい初心者の方、

すでに開業していて、集客できない、売れないとお悩みの店長さん

等に向けて、

継続的に安定して売り続けるためのネットショップ塾(無料講座)を
ご提供しています。

 

今ご覧頂いているサイト内にもそのために役立つコンテンツをたくさん掲載していますが
塾(無料講座)の方では、
継続的に安定して売り続けるためのネットショップ構築のための
考え方、具体的な構築方法、更には運営方法等まで詳しく解説しています。

各章ごとに読み進み、理解・実践して頂く事で
余計な回り道をすることなく最短で継続的に売り続けるネットショップを
構築して頂くことをその目的としています。

 

この塾(無料講座)のその他の特長としては、
継続的に売り続けることができるネットショップの構築だけでなく

お客様に喜んで頂きながら、そして役に立ちながら運営ができる

そんなネットショップの構築方法・運営方法がわかるという点です。

 

現在、売れ筋商品を探して販売したり、
海外から特定の商品を仕入れて価格差で利益を出したり等々の
単発的に稼いでいくような方法は色々とありますが、

単に価格の安さで販売していくような方法では
結局は大手には勝てません。

また売れ筋商品ばかりを探して販売していくためには
そのような商品を継続的に探し出すスキルが必要ですし
そのようなスキルを持っている第三者に頼らざるを得ません。

更には、利益のみ追及するようなネットショップでは
やはり継続的に買ってくれるようなファンやリピーターは付きません。

 

このネットショップ塾(講座)では、
そのようなショップではなく、店長であるあなたが得意な事、好きな事を
有効活用して人(お客様)の役に立つ事で結果的に利益を上げていく

そのようなネットショップの構築方法を知り、学び、
そして実践していくという内容になります。

今現在でも売り続けている現役ネットショップ店長による
生きた情報を得る事ができる塾(無料講座)です。

 

以下、この塾(無料講座)の目次とその内容を少しだけお伝えしたいと思います。

1.事前講座
├ ジャンル決め
└ ターゲット・コンセプト設定

2、理論編
├ 信頼してもらう
├ 魅力を感じてもらう
├ 運営
├ 新規顧客獲得
├ 商品販売
└ リピーター獲得

3、ショップ構築編
├ 商品の決定
├ 仕入先の決定
├ ショップ作成
└ ショップの周知

上記のような項目となっております。

 

各項目に関して少し説明していきます。

1、事前講座
売れるネットショップを構築するためには、
ジャンル決め、ターゲット・コンセプト設定が
とても重要になってきます。

やみくもにそれらの項目を決めても上手くいきませんので、
どのような考え方でジャンルやターゲット・コンセプトを
設定すればよいのか等に関してご説明しています。

更には、事例を通じて、あなたのショップで実際にどのようにして
それらの項目を決めていけばよいのかを、この塾(無料講座)では
具体的にご説明してます。

 

2、理論編
単発ではなく継続的に売り続けるネットショップを構築するためには、
ファンになって何度もリピートして買ってくれるようなお客様(お得意様)を
たくさん増やしていかなければなりません。

そのためには、
お客様に信頼して頂かなければなりませんし、
他店よりもあなたのショップに魅力を感じて頂く必要があります。

そして信頼しファンになってくれたお客様を裏切らないような運営方法も
重要になってきます。

この理論編では、そのために必要となる考え方と
信頼頂くため、魅力を感じて頂くために、
具体的にどのような対策を施せばよいのかに関しても
ご説明しています。

更には、どのような考え方でどのような商品を選んで
販売していくべきなのか、
そして、新規顧客・リピーターを獲得するためには
どのような対策を施していけばよいのか等に関しても
ご説明しています。

理論編の中では、必要となるToDo項目も掲載していますので
具体的な作業内容もわかるようになっています。

 

3、ショップ構築編
「事前講座」と「理論編」ですでに継続的に売り続けるネットショップを構築するための
基本的な考え方や構築方法に関して理解したら、
最後に「ショップ構築編」で実際にネットショップを作っていきます。

単にショップを作るだけでなく
商品や仕入先を決める必要もありますので
この章でそれらに関してもご説明を行っていきます。

ショップ作成にあたっては、
レンタルカートの選び方やデザイン・決済方法等に関しても
ご説明していますので、それらを参考にご自身のショップを構築して頂きます。

 

以上が、このサイトでご提供しているネットショップ塾(無料講座)の
おおまかな内容となります。

まだショップを作っていない初心者の方は、
この塾(無料講座)を活用頂き、売れ続けるネットショップの基礎を
最短で構築して頂きます。

そして、すでにショップを開業していても
集客できない、売れない等々の良い結果を得られないという店長さんは、
この塾(無料講座)で売り続けるショップ構築に必要な考え方と
具体的な方法を知って頂き、
すでにあるご自身のショップを改善して頂きます。

 

このネットショップ塾(無料講座)は、
現役ネットショップ店長である私自身が、集客できず、売る事ができなかったという
経験を基に、以前の私と同じように悩んでいる店長さんに向けて
一日も早くそしてこれ以上余計な回り道をしなくても良いように
作り上げた講座となります。

無料でご提供する講座ではありますが、既存のネットショップの塾や講座では
あまり話されない内容を詳しくお伝えしており、
より役立つ実践的な内容となっているものと自負しております。

 

最近ではネットショップの作成自体は、誰でも簡単にできるようになりました。
しかし、売れるネットショップを構築する事は、やはり簡単ではありません。

そのため、ネットショップを開業した多くの店長さんが
開業後、おもうように売る事ができず、辞めてしまうという残念な状況にあります。

これからネットショップを開業したいという初心者の方には、
そうならないためにこの塾(無料講座)をご活用頂ければと思います。

また、以前の私と同じように
色々と試しても一向に集客できない、売れないと悩んでいる店長さん、、、

何故、売れないのかがわからない、、、
と悩み何をすればわからなくなってしまった店長さんにも

是非、この塾(無料講座)をご活用頂き、
一日も早く現状を打破して頂きたいと思います。

当サイトのネットショップ塾(無料講座)への参加ご希望の場合は、
まずは「はじめに」からご覧ください。

一日も早いあなたの成功を応援しています!

売れてる ショップを参考に自分のショップを改善しよう

 

ご存じの通り、ネットショップを開業しても、簡単には売れるようにはなりません。

 

たまたま作ったネットショップで、いきなりそれなりに集客もでき
売れてしまうという事も全くないとは言えませんが、

それはたまたま売れやすい商品を取り扱った結果であり、
その状態が長続きする事はありません。

 

そのため、長期的に、継続的に安定して売り続ける事ができる
ネットショップにするために、ショップの改善をしていく必要があります。

 

その改善のための考え方や具体的な方法等、色々とありますが
ここでは、自分のネットショップ以外のショップで
売れているショップを参考にしてみる
という方法をお伝えしたいと思います。

 

売れているネットショップと言われても、
どのショップが売れているショップなのかがわからない
という店長さんも多いのではないかと思います。

そこで参考にすべきショップの見つけ方ですが、
一番おすすめしたいのは、あなたが実際にお客の立場で
買い物をした事のあるショップが良いと思います。

 

あなたが実際にどこかのショップを利用した時に
良いと思った点と良くないと思った点がきっとあると思います。

 

多くの方は自分が買い物をする場合は、
頭の中が完全にお客様目線になってしまい、
その時自分自身が何を感じたのかを忘れてしまいがちですが、
買い物をしている時に自分が何を感じたのかを注意深く意識すると
とても役立ちます。

 

例えば、
商品を探してページを見ているときに

「商品説明がいまひとつわかりづらい」とか

「写真がたくさんあって見やすくて良い」とか

「お客様の声がわかりやすいところに掲載されていて見やすく参考になる」
等々、買い物をしながら何かしらの感想を持つはずなんですね。

その時、自分が何を感じたか、どう思ったのかをしっかりと認識します。

 

もし、
「商品説明がいまひとつわかりづらい」と感じたのであれば、
そのショップの商品説明と比べて自分のショップはどうなのか?

これを考えます。

そして、何故、そのショップの商品説明がわかりづらいと感じたのか?

どうすればわかりやすくなるのか?

ここまで考えてみます。

 

そして、そのアイディアは自分のショップにも生かすことができないかどうかを考え
もし生かす事ができるのであれば、早々に改善していきます。

 

また、
「お客様の声がわかりやすいところに掲載されていて見やすく参考になる」
と感じたのであれば、

自分のショップのお客様の声は、このショップ同様に
わかりやすい場所に掲載されているのかどうか、、

これを改めて確認します。

 

もし出来ていないようであれば、早々に改善します。

 

このように、自分がお客の立場で他店で買い物をする時は、
色々な気づきがありますので、
その気づきを生かして、自分のショップを改善するチャンスなんですね。

 

ここでは、ページ上の事について事例を出しましたが、
買い物の際に問い合わせをした時の、そのショップの返答内容、

購入したとのメールの内容、
届けられた商品の梱包方法
等々、

お客の立場で参考にできる項目はたくさんあります。

 

是非とも他店で買い物をする際には、
自分のショップを改善できチャンスと考え、
しっかりと観察してみることをおすすめ致します。

ネットショップ よくある質問(FAQ)ページの活用方法

売れるネットショップを構築する上で
活用したいページの一つに、

『良くある質問(FAQ)』ページがあります。

 

この『良くある質問(FAQ)』ページを上手に作って活用する事で
大きなメリットがあるのですが、

実際に活用しているショップはそれほど多くないと感じます。

 

この『良くある質問(FAQ)』ページを作って活用する事で
期待できる効果は、主に次の2つであると考えます。

(1)お客様の不安や疑問を取り去る事ができる
→ 結果的に問い合わせが減る(時間的コストの削減)

(2)自身のショップのコンセプトや強みを伝える事ができる
→ 結果的に成約率が向上する。そしてファンが付く

 

(1)のお客様の不安や疑問を取り去る事ができる
については、多くの店長さんが認識している事だと思います。

ネットショップで商品を販売するためには、
お客様に安心してもう必要があります。

そのため、『良くある質問(FAQ)』ページを作ってその不安を取り去ってあげることで
成約率が向上するというメリットが期待できます。

 

また疑問点が残ったままでは、やはり買って頂く事ができません。
その商品やショップに大きな魅力を感じてくれれば、

疑問点に関して問い合わせをして解消してくれるお客様もおられますが、
多くのお客様は、わざわざ問い合わせをすることなく
買わずにショップを立ち去ってしまいます。

そのため、そのようなお客様を取り逃がす事なく、
疑問を解消して買ってもらうためには、
この『良くある質問(FAQ)』ページは有効と言えます。

このページで疑問点を解消する事で、
問合せ自体が減るという利点もあります。

 

問いあわせ自体は、できればたくさんしてもらった方が
信頼関係等の構築につなげる事ができますので
問合せが減ること自体を一概にメリットとは言えませんが、

運営の煩雑さを少しでも解消するという点では
メリットという事もできます。

 

そして、(2)の自身のショップのコンセプトや強みを伝える事ができるですが、

これに関しては、残念ながら多くの店長さんが気が付いていません。

 

『良くある質問(FAQ)』ページを、単にお客様の疑問に回答する事を
目的とするページで終わらせては、とてももったいないのです。

せっかく作るのであれば、このページをうまく活用して
自身のショップのこだわり・コンセプト・強み等を積極的に
アピールしていきましょう。

お客様の疑問に回答する形で、上手に自身のショップの特長を
説明していくのです。

 

そうする事で、お客様は、疑問点を解消しつつ、
そのショップのこだわりや良さ、強みを認識し、
あなたのショップに関心を持ってくれるようになります。

この『良くある質問(FAQ)』ページは、
あなたのショップが他店との違いを十分に出す事ができる、最適なページにも
なり得ますので、賢く有効活用しましょう。

ショップの強み、弱みを知るための方法

ネットショップを開業し、
売れるショップになるためには、

自分のショップの強みを把握し、
その強みを伸ばしていくことが必要だと考えます。

その強みに更に磨きをかけていくことで
競合する他店との違いを出していき、
強固な参入障壁を作り上げる事ができます。

そして自分のショップの弱みに関しても
十分に認識しておくことが重要だと考えます。

弱い部分をなくすため、もしくは補うために
対策を施すことができるからです。

そこを十分に認識しない事には
どのような対策を行えばよいのか等が不明瞭になり
間違った方向に進んでしまう危険性もあります。

それでは、自分のショップの強みや弱みを
知るためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは競合する他店と自分のショップを比べて
何が強くて何が弱いのかを調査します。

その上で、徹底的に弱い部分をなくす、もしくは補うための
対策を施します。

そして、他店よりも優れている部分に関して
更に磨きをかけます。

これらはどちらかといえば、
ショップ開業時に行う作業となると思います。

しかし、そこで知り得た自分のショップの強みや弱みが
実はお客様にとってはどうでもよい事である可能性も大いにあります。

いくら自分のショップの強みはこれ!

と主張したところ、その内容がお客様に響かない事には
全く意味がありません。

それでは強みとは言えません。

また、自分のショップはここが弱い、、、

と感じて、その部分を補うために時間をかけて
対策を施したとしても、
お客様にとってみれば、それがどうでもよい事だった場合、
無駄な時間ばかりを費やしてしまう事になります。

つまり、店長であるあなた自身が考える
ショップの強みや弱みというのは、
実は間違っている可能性があるという事です。

そうならないためには、
あなたのショップの強みや弱みを
あなたのショップのお客様に教えてもらう必要があります。

そして本当のあなたのショップの強みや弱みがわかった時点で
強みの部分をさらに磨いて弱みの部分を補っていくことで
より多く売る事ができるネットショップにグレードアップする事ができます。

これは実際に私のショップでもそうでした。

当初、自分の趣味を生かしたネットショップを構築する際、
自身のこれまでの経験から、どんなコンセプトのショップで
そんなターゲット設定をすれば売れるネットショップになるのか、
ある程度予測をつけ、ショップを構築しました。

もちろん、ネット上のリサーチや競合する可能性のある
ライバル店の調査も行いました。

そして開業し、運営を続けていたのですが、
どうしても期待通りの結果が得られなかったのです。

そこで、自分のショップを利用してくれている
大多数のお客様の属性を確認し、

更にはそのお客様方に、
自分のショップの良いところや悪いところを聞いてみたのです。

その結果、
当初設定していたターゲットとは少し違う属性の
お客様が大多数を占めている事に気が付きました。

更には、当初設定していたコンセプトとは異なる所に
多くのお客様方が共感し購入してくれている事も
わかりました。

その結果から、早々にコンセプトとターゲット設定を
修正した結果、そこからはスムーズに集客できるようになり
成約率も大幅にアップさせることができました。

この経験からもわかる通り、
自身のショップの強みや弱みは、
店長であるあなたではなくお客様の方が知っているわけです。

私のショップも、そこに気が付かず、そのまま運営を続けていたら
恐らく、たくさんは売る事の出来ない
ネットショップのままだったと思っています。

ショップを開業してある程度時間が経ち少し落ち着いて来たら
是非ともこの部分を再確認してみることをおすすめします。

では、自分のショップの強みを、
どのようにしてお客様に聞けばよいのか、、、

それは、ショップ運営を継続する中で話をしやすいお客様が
必ず現れますので、そのようなお客様に電話でもメールでも良いので
確認をするという方法が考えられます。

とは言いましても、
そのようなお客様がたくさんいない事には
正しく調査ができません。

そこで是非とも、

ショップでお買い物をしてくれた全てのお客様を対象に
アンケートを実施してみて下さい。

私のショップでも実際にそのようにして
調査を行っています。

具体的なやり方に関しては、
また別途ご説明したいと思いますが
商品を購入頂いた全てのお客様にアンケートを実施する事で
自分のショップに足りないものや何故、お客様は自分のショップでの購入を
決断してくれたのか等がわかります。

つまり、あなたのショップの強みや弱みを知る事で
更に売っていくためには、どのような修正を行えば
良いのかがわかるというわけです。

これを行うのと行わないのとでは、
大きな差が出てしまいますので、
是非ともご自身のショップでも実施をしてみて下さい。

お客様の声が集まらない理由と改善方法

ネットショップを運営するにあたって
「お客様の声」の重要性を十分認識していても
その「お客様の声」がなかなか集まらない、、、

そのようにお悩みの店長さんは多いのではないでしょうか。

ここでは、お客様の声が集まらない理由と
その改善策に関してお伝えしたいと思います。

まず前提として、お客様の声は、
例えその商品やサービスにお客様が満足していたとしても
中々集まるものではありません。

そのため、こちらからお客様の声を頂くための
アクションをする必要があります。

更には、スムーズにお客様の声を頂くためには、
お客様の声を下さいとお願いした時に
快くお客様の声を届けようと思って頂くための
信頼関係を構築しておく必要もあります。

もちろん、初めて来店したお客様が購入してくれた場合
そのような信頼関係を築く時間がない、、
と感じられるかもしれませんが、
そのようなお客様であっても、事前に信頼を得るための
アイディアが色々とありますので、
そのような対策を施しておくことも重要です。

それでは、事前にある程度の信頼を得られており、
お客様の声を下さい、、というお願いをしたにも関わらず
お客様の声が集まらない場合、

その原因は、

  • そもそもその商品の品質が低い
  • ふつうの商品である
  • 類似商品との比較がしづらい

等が考えられます。

 

そもそもその商品の品質が低い

お客様が「その商品の品質が低い」と感じる場合は、
その商品を紹介・販売しているあなたのショップに
落ち度があると考える必要があるかもしれません。

その商品の品質の高さは間違いなく、
明らかにその良さがお客様に伝わっていない事が
原因と考えられる場合には、
その部分を事前にお伝えしておく工夫が必要かもしれません。

 

ふつうの商品である

次に、あなたにすすめられて購入した商品を
使ってみた感想が「ふつうである」とお客様が感じた場合。

ふつうであることは決して悪い事ではありませんが、
やはりお客様は、期待以上の商品だった場合に、
感動してお客様の声を届けたくなるものです。

そのため、ふつうであった場合、
当然のことながら感動する事もなく
お客様の声を送るほどでもないと感じるはずです。

また、事前に信頼関係ができているお客様の場合、
店長に頼まれたから仕方なくお客様の声を
送ってくれるかもしれませんが、
その内容は、当たり障りのない内容のはずです。

そのような内容のお客様の声をいくら掲載しても
それほど成約率アップには貢献しないものです。

つまり良質なお客様の声をたくさんもらうためには、
お客様の期待を超える品質の商品を販売する必要がある
ということがわかると思います。

このように書くと、どこでも手に入るような商品を
販売している以上、期待以上の感想をもらうのは困難である、、、

そのような感じられるかもしれません。

もちろん、既存の商品の問題点を改善した
オリジナルの商品を販売できれば、
それに越したことはありません。

しかし既存の商品であっても、

その商品のいくつかある良さの中で、どの部分にスポットを当てて
そのスポットを当てた良さが、どんな悩みを持っている人に役立つのか、

これを明確にした上で、
適切な方におすすめしていくことで
既存の商品でも期待以上の感動を与えることは十分に可能です。

ですので、誰のためにその商品を紹介してるのかを
明確にしてショップで紹介していくことがとても重要だと考えます。

そうすることで、
その特定の悩みを解消してくれた商品は
その人にとって期待以上の商品となり、
生きたお客様の声を送って頂ける可能性が高まります。

 

類似商品との比較がしづらい

そして次に「類似商品との比較がしづらい」場合ですが、
これは、初めてその商品を使うというお客様に
ありがちな事と言えます。

以前、類似商品を使ったことのある人であれば、
その商品との比較で、あなたがおすすめする商品を
評価する事ができますが、
初めてその商品を使う方には、その良さが認識できない事も
大いにあり得ます。

このようなお客様に、生き生きとしたお客様の声を
頂くようにするためには、
商品に対する感想と、ショップや店長に対する感想との
2種類を頂くようにすることです。

事前に信頼を得られるような仕組みを生かし、
また事前に問い合わせをもらえるような仕組みを作っておくことで
メールや電話で何度か接客を行うチャンスも生まれます。

そのような段階を経て、商品購入に至ったお客様は、
例えその商品への感想がない場合でも
ショップや店長であるあなたへの良い印象を
感想として送って下さる場合も多いです。

このように、期待以上の商品のご提供だけでなく、
期待以上の接客を心がけることで、
商品だけでなく、ショップや店長に対しての
価値の高いお客様の声を集めることもできます。

以上、お客様の声が集まらない理由と
その改善方法について
私の経験からいくつかお伝えしてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

お客様の声の掲載方法に関して気を付けたい事

お客様の声をネットショップに掲載する事は
ショップの信頼度を高める、そして、
成約率を高めるためにとても有効な手段となります。

但し、その掲載方法に関して、
気を付けたいこともあります。

それは、お客様の声の掲載頻度です。

私のショップもそうですが、お客様の声を掲載する事の
有効性を十分に感じているネットショップは、
お客様の声を更新するたびに日付を一緒に掲載します。

その理由は、今現在でもお客様がたくさん集まり、
たくさんのお客様に購入頂いているネットショップである
という部分を来店頂く方に伝えたいからです。

それが伝わるかどうかによって、
そのショップの信頼性が大きく変わってきます。

いつ来店しても、同じお客様の声しか掲載されていない場合、

  • このショップ今でも営業しているのだろうか、、、
  • 数年前のお客様の声では信頼できない、、、

等と、来店頂いたお客様を不安な気持ちにさせてしまいます。

そのため、今現在でもにぎわっているショップであり、
常に新しいお客様の声が届いていますよ、
という部分をしっかりと伝える必要があります。

更新頻度に気を付ける必要があるのはそのためです。

しかし、そんなにたくさんのお客様の声をもらうことは困難である、、
このようにお考えの方も多いと思いますが、
それに関しては、また別途、そのための対策をお伝えいたしますので
ここでは、継続的に新しいお客様が得られている状態にある事を前提に
以下、お読みください。

とは言いましても、
毎日新しいお客様の声を獲得し続けるのは困難です。

そのためどうしてもショップに送られてくるお客様の声の数には
それなりに限界があります。

そこで、気を付けたいのが、
できるだけ継続してお客様の声がショップに
届いているように感じてもらうための対策を施すことです。

対策というと、何かすごいことをしているように思われるかもしれませんが、
それほど大したことではありません。

その方法は、
お送り頂いたお客様の声をストックしておくことです。
そして小出しにしていくことです。

どういうことかというと、
お客様の声が届いたら、すぐにショップに掲載せず、
できるだけフレッシュさを保てるタイミングまで
掲載せずにストックしておくという事です。

例えば、あなたのショップでは、現在、
大体毎月4件のお客様の声をもらえる状態だったとします。

その場合、4件のお客様の声を一度にショップに掲載する事はせずに
1週間ごと位に分けて掲載するようにします。

そうすることで、週に1回は、最新のお客様の声が
ショップには掲載されている事になりますので
来店してくれた方は、
比較的、最新の状態のお客様の声を目にする事になります。

そうすることで、このショップは、

  • 今現在でもちゃんとにぎわっているショップ、、
  • 今現在でもちゃんと良い評価をもらっている商品、、

ということをお客様に伝えることができます。

ちょっとした工夫ではあるのですが、
これをやるのとやらないのとでは、
ショップの信頼感が大きく変わってきます。

ネットショップで一番重要なのは本当に集客?

ネットショップ運営で最も重要なものは何か?

それは集客である、、

とよく言われます。

確かに私も集客は、とても重要だと考えます。
(参考:ネットショップの集客方法

しかし、集客だけに力を入れても
決して売れるようにはなりません。

集客する前に、売れるページ、
売れるショップを作りこんでおく必要があります。

つまり、集客に力を入れるのは
その後の作業であるべきだと、私は考えます。

その理由は、
どんなにたくさんのお客様があなたのショップに来てくれても

  • どこにでもあるような商品が陳列されているだけ、、
  • コンセプトも理念もない(あっても見えない)、、

という状態では、
あなたのショップはどんなショップなのかがわからないため
お客様は興味を持ってくれません。

その結果、すぐに帰ってしまいます。

そのため、どれだけショップに集客しても
問い合わせも、購入もしてくれません。

これでは元も子もありません。

そうならないためには、
せっかく来てくれたお客様に対して

  1. どんなコンセプトでどんな理念を持ったショップなのかを伝え
  2. 興味を持ってもらい
  3. ページ内の色々なコンテンツを見てもらい
  4. 販売する商品自体にも関心を持ってもらう

必要があります。

ですので、とにかく集客が必要、、
売れないのは集客数が足りないから、、

という考え方には
気を付けた方が良いと思っています。

ショップを開業して中々売れないという悩みをお持ちの店長さんの多くは、
何故かショップへの集客数が足りないから売れないんだと考えがちです。

恐らくその理由は、ショップへのアクセス数というのは
目に見える部分だからだと思います。
アクセス解析のページで確認すればすぐにわかります。

しかし、売れるネットショップ構築や運営で重要な部分というのは
実は目に見えない部分だということができます。

そのため、簡単にはその原因を突き止める事ができず
どのような対策を施すべきなのかがわかりにくいものなんです。

その結果、多くの店長さんは、目に見えるアクセス数ばかりに
気を取られてしまう傾向にあります。

また、ネットショップ運営に関する数多くの書籍や
インターネット上にあふれている情報の多くは、
売れるネットショップ構築のためにたくさん集客する事の
重要性ばかりを語っている傾向にもあると感じています。

結局のところ、
売れない原因というのはショップによって様々であり
その原因を特定して伝えることが困難だからだと思います。
一方で集客に関しては、どのショップについても共通する
とてもわかりやすい売れない原因であるという事ができます。

このページを読んで頂いているあなたは、
集客不足が原因と考える前に、
まずは、自分のショップが上述したようなショップになっているかどうか、
それを確認して頂きたいと思います。

お客様に信頼して頂き、関心を持って頂く、
そして商品を購入頂きお客様の役に立つ、

そのようなショップを構築してさえいれば、
少ない数のお客様でも売り上げは上がります。

そのような状態になった後で
集客にも積極的に力を入れることで
良い結果を出すことができるはずです。

(関連コンテンツ:ネットショップに効率的に集客するコツ