質の高い見込み客のリストを自動で集める方法

自分のショップに関心を持つお客様のメールアドレスを
獲得する事の重要性は、多くのネットショップ店長さんが
認識しています。

そこで、多くのショップでは、
来店頂いたお客様に対して
メールマガジン登録を促すことを行っています。

そして登録してもらったメールアドレスに対して
メールマガジンを配信して販売促進をします。

この方法ももちろん悪くはありませんが、
私のショップではあえて行っていません。

その理由は、
あまり効率的なリストの収集方法ではないと
考えているからです。

そもそも来店頂いたお客様の中には
大きく分けて2種類のお客様が存在します。

それは、

買わずに去ってしまうお客様

商品を購入してくれたお客様

です。

買わずに去ってしまうお客様が
そのお店のメールマガジンに登録してくれる可能性は
とても低いと考えています。

そもそもメールマガジン登録のページに
たどり着くこと自体ほとんどないはずです。

そうなると必然的に、商品を購入頂いたお客様が
メールマガジンの配信先になる事が多いと思いますが
商品を購入頂いたお客様のメールアドレスは、
購入頂いた時点ですでにショップに残っていますので
見込み客のリストを新たに収集するという目的としては
メールマガジンは有効とは言えません。

そこで、自分のショップの存在を知らない見込み客を、
積極的に収集するための仕組みが、別途必要になります。

そして収集する見込み客が、あなたのショップのコンセプトや理念に
共感してくれる見込み客リストを収集する事ができれば
尚よいという事になります。

私のショップでは、来店客に対して
いわゆるメールマガジンの配信は行っていませんが、
その代り来店していない将来の見込み客に対して
ショップとは別のブログ等を通じて働きかけを行い、
そのリストを収集しています。

そこで収集したリスト(お客様)は、
私のショップに関心を持つ属性であることはもちろんですが、
その中でそのブログ等を通じて私のショップを来店までして頂けるお客様は、
その時点で、私のショップのコンセプトや理念に共感して頂ける
タイプのお客様ばかりになるように工夫しています。

そのような仕組みを構築しておくことで、
ネット上からいつでも自動で、
自分のショップに関心がありかつ
自分のショップのコンセプトや理念に共感してくれるような
将来的にファンとなってくれる可能性の高いお客様、

つまりは質の高い見込み客だけを
ショップに集客することができます。

その結果、
問い合わせの数も増えます。

そして、ショップに来店頂く前に、お客様の属性を絞り込んだうえで、
特定の商品を紹介しますので成約率も上がります。

更には、属性を絞り込んだお客様が
紹介する商品を使う事で、期待以上の価値を感じてくれることが
事前にわかっていますので、商品購入後のお客様の満足度も高く、
結果的に、購入頂いた多くのお客様がレビューを送ってくれます、

そして、リピート購入をしてくれるという
良い流れにつながっています。

このような良い流れを作る事ができる理由は、
集客段階からお客様の属性を絞り込み、
そして、特定のお客様に対して、価値の高い商品を
紹介することができているからだという事ができます。

このような仕組みを一度でも構築しておく事で
自動で質の高い見込み客リストを収集する事ができます。