商品数が多い方がネットショップは成功しやすいのか?

一般的にネットショップで成功するために
商品数をとにかく増やしましょう、、、

ということが言われたりします。

 

確かにそれは一理あると思いますが、
必ずしもそうすべきではないと思います。

 

そもそも、何故、商品数が多いネットショップが
成功しやすいと言われるのか?

 

それは、ショップ内の回遊率を上げることであったり
安定した売り上げを維持する事だったりすると思いますが、
一番の理由は、
検索エンジン経由での来店数がたくさん期待できるから

そして、商品数が多ければ、

単純に売り上げも上がるから、
であると考えられます。

 

 

ネットショップへ来店するお客様の多くが、
特定の商品名やカテゴリ名等で検索エンジン経由で来店されます。

 

そのため、商品数が多いという事は、
それだけショップへの入り口が増えると言えます。

 

特に大手ショッピングモールの安売り店等に多いと思いますが、
毎日、数百単位の商品をたくさん登録する作業を行っています。

 

たしかにどこよりも安い値段で、商品を提供しているようなショップの場合、
来てもらえさえすれば、購入してもらえる可能性が高いわけですので
その考え方もありだと思いますし、実際にそれで成果をだしていると思います。

 

但し、私たちのような個人規模のネットショップでは、
そのような安売りはできませんし、
そもそも値段の安さのみで購入されるお客様は、歓迎もしていません。

その理由は、別のページでもお伝えしている通り

安売りでは大手ショップに太刀打ちできませんし、

価格の安さを一番に考えるお客様は、

あなたのショップのファンにはなり得ないからです。

 

そのため、何でもかんでも商品数を増やせばよいという対策は、
あまり賢い方法ではないと考えます。

 

しかしながら、商品数が例えば5個~10個程度しかない場合、
商品名等での検索エンジン対策は、不利になる事は否めません。

 

それではどうすれば良いのか?

 

それに関しては、各仕組み構築法で具体的にお伝えしていきますが、
数少ない商品数でも複数の集客手段で対策を施したり、
商品以外のコンテンツを充実させることでショップへの入り口を増やす
等々の方法が考えられます。

 

このように、
少ない商品でも集客する方法はありますし、
売れるネットショップを構築する上で、
商品数のみにこだわる必要は全くありませんので
そこはひとまず気にすることなく、
ショップの構築を進めて頂ければと思います。